FC2ブログ

厳寒の生石高原から逃げ出した・・・

 雪が降りしきる中、軽トラの荷台いっぱいに荷物を積み込み、生石高原の山小屋を後にした。これから春4月まで、大津の自宅で過ごすのだ。標高800mの高原は平地より5度以上も低く、老境に入った身にはきつい寒さである。

 会社を辞めて山の暮らしを始め、最初の数年は厳冬期も山小屋で頑張っていた。新雪を踏みしめて散歩し、気が向けば近くの温泉で体を温めるのも楽しかった。しかし冬の山小屋生活は次第に重荷になっていった。

 冬の間を大津の自宅で過ごすようになって4年になるが、そもそもは自然の中に身を置きたいと始めた山の暮らしである。「不便もまた楽しい」と粋がっていたのに、一時的にしろ大津に逃避するというのは余りにも信念がなく、不甲斐ない。

 それはそれとして、これからブログで何を書けばいいか、毎年悩んでしまう。ブログのタイトルは「森に暮らすひまじん」だが、森に住んでいないからほとほと困ってしまうのだ。女房などは「4月まで休めばいいし、誰も困らない」と言うが、そうもいかない。

 ブログを始めた2008年以来もう10年も続いており、ブログを書くのは私の生活のリズムにもなっている。書くのをやめればボケが一層ひどくなる懸念もあるし、中断すれば「さては重病か」「ついに死んだか」などという余計な憶測まで呼びかねない。

 これまで10年間で書いたブログの数は、計1254件にも上る。駄文を重ねただけだから自慢にならないが、自分の中ではよくぞ書き続けたという感慨はある。だから女房に「中断したら」と軽々に言われたくないのだが・・・。

 ともかく、何を書くか悩ましい問題だが、これからも駄文にお付き合いいただければ、幸いである。
スポンサーサイト

コメント

更新がないと寂しいので困ります(涙
ひまじんさんの思う事を、ひまじんさんペースでの更新で
いいと思います^^
10年の継続、とても素晴らしいと思います!
なかなか出来る事ではなく、尊敬します!

    てんママさんへ

 ありがとうございます。
正直、もうやめようかと思うこともありますが、テンママさんのように言われると、気持ちが変わります。
ボチボチ、続けようと思います。
街に住んでいると、余り書くこともありませんが、今後もよろしくお願いします。

新聞に書いてありましたが、男性の平均寿命日本一は滋賀県だそうです。
僕は近江の仏像見物の書き込みに期待しております!!

やはり山を下りましたか、今年は早くから冷えますね。


此方嫁の実家が生石山の東側谷底、早月小学校近くから生石山を毎日見上げています。

早月も冷えます最高気温が2度でしょうか、
和歌山市内に住み慣れた嫁は一晩の通夜も寒さがこたえたよです。
住みたいとは言わず
親の四十九日までお線香を絶やさないよう通います。

実家の構造を変えないと暖房慣れした私達には住めません。

    イレグイ号さんへ

 滋賀県が男性の長寿日本一とは驚きました。
なぜなんでしょうね。
喜ぶと言っても、8ヶ月は和歌山人ですからね。
近江の仏像レポートですが、今は若狭の仏像に関心があります。

     サワッチさんへ

 お久し振りです。コメント有難うございます。
奥さんのご実家が早月小学校の近くとか。
生石高原から大分下りますが、それでも寒いですよね。
ご不幸があって通われるとのこと。
市内からだと遠いですね。
気をつけて下さい。
非公開コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR