FC2ブログ

おめでとう・・・羽生、宇野が金と銀

 1週間ほど前、歯の治療から自宅に帰ってテレビをつけると、平昌五輪の女子アイスホッケーを放送していた。日本の対戦相手は、韓国と北朝鮮の合同チームである。合同チームがパックを奪う度に、会場を揺るがすような歓声が上がり、異様な雰囲気に包まれていた。

 まるで韓国が勝っているかのようだったが、第1ピリオドのこの時点で日本は2対0で勝っていた。第2ピリオドで合同チームが1点を返すと、北朝鮮の美女応援団が踊り出し、ボルテージは上がる一方だ。しかし結局、日本が4対1で五輪初勝利を飾った。

 開催国だから声援が2倍、3倍になるのは当然だが、いくら何でもやり過ぎだと思った。しかも反日ムードを煽る両国の歓声に苛立った。いずれブログで、この厄介な隣国に苦言を呈したいと思っていた。

 しかし、それは間違いだった。16日から始まった男子フィギュアスケートで羽生結弦、宇野昌磨の2選手がスケートリンクに姿を現すと、おばさん連中から恥ずかしいほどの黄色い声が飛び交い、観客席は日の丸の旗が百花繚乱である。

 観客席は女性が圧倒的に多いし、その三分の二は日本人と見受けられた。手製の横断幕やプラカードを打ち振る姿は、コンサート会場に現れた追っ掛けファンの様相である。

 しかし、これからが大変である。17日に行われたフリーの演技で、羽生と宇野が高得点をたたき出し、アリーナはどよめきに包まれた。そして羽生の金メダル、宇野の銀メダルが確定すると、半狂乱とも思える悲鳴が上がった。お漏らししたご婦人もいたに違いない。

 わが家でも、テレビにかじりついた。女房は昔からスペインのフェルナンデスのファンで、彼がジャンプを飛ぶと拍手を送るのだ。これはもう国賊だが、まずはともあれ日本人選手が金銀の偉業である。愉快な一日だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR