FC2ブログ

盗まれたイチゴ

 平昌五輪のカーリング女子で、銅メダルに輝いた日本チームの記事をブログに書いた。すると、ブログの友人イレグイ号さんから、「彼女たちがモグモグタイムで食べていたイチゴは日本で開発された品種が韓国に流出したものらしい」というコメントが寄せられた。

 韓国ならさもありなんと思ったが、それから数日後、斎藤健・農林水産大臣が会見で、カーリング女子が食べていたイチゴについて、「日本から流出した品種を韓国で交配されたものだ」と発言したから驚いた。 所管大臣が流出を明言したからには、ちゃんとした証拠があるのだろう。

7d5474ceefae1c26f1922369f739e067[1]

 そこでネットで調べてみると、次のような記事が出ていた。要約すると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基にしたものといわれ、日本を代表するブランドが無断で持ち出され、韓国で勝手に交配されていた上、韓国の独自ブランドとして販売されているという。

 そして5年前、その流出経緯が明らかになった。愛媛県の農家がレッドパールという品種を6年間かけて開発したが、その農家に韓国人の農業研究者が訪れ、「苗をほしい」と懇願された。何度も断ったが断りきれず、様々な条件を記した契約書を交わし、苗を与えた。しかし契約は破られ、そのレッドパールは韓国で一気に広がった。

 イチゴの遺伝子を解析すれば、日本で開発されたものかどうかは分かるはずだ。だから農水大臣も断定的に発言したのだろう。知的財産を盗まれたのだから、国としても法的措置を取るべきだったはずだが、どうも日本は韓国に甘いところがある。これではすでに亡くなっている開発者は浮かばれないだろう。

 こんなことは言いたくないが、あえて言ってしまおう。自然科学系のノーベル賞受賞者は日本人22人に対し、韓国人は0である。ノーベル賞シーズンになると、韓国民はその現実を前に嫉妬し、悲嘆に暮れるのだ。ノーベル賞の多くは優れた基礎研究に対して贈られるもので、それは長い歳月の成果である。

 愛媛県の農家の人も、開発に6年かかった。それを韓国は盗み取り、しかも韓国独自のブランドとして世界市場に輸出し、莫大な利益を得ている。韓国は目先の利益を優先し、地道な基礎研究をおろそかにする国である。それでは、ノーベル賞級の研究者は育たないだろう。

 カーリング女子の一人は「韓国のイチゴはすごく美味しい」と言ったそうだが、それもそうだろう。日本の農家が心血を注いで開発したイチゴなのだ。車座になってイチゴをほうばる光景はほほ笑ましかったが、ひと皮剥けば韓国の嫌な一面が見えてくる・・・。

スポンサーサイト

コメント

No title

1000年以上前に大陸からの最新の文化を伝えやったのはわが国だから日本は常に我々より下にいなければならないという思いがあるのか、かつて統治されていた恨みがそうさせるのか、百歩譲って様々な技術を盗むのは許すとしても、それがあたかも自分たちが創り出したという主張をするのはいかがなものかと思います。彼らから言わせると、忍者もかの国から日本に伝わったものだそうです。

しかしまあ、かの国の人々の食生活に欠かせないトウガラシはわが国から伝えられたものなのだと偉そうに主張するわが国の人々はまずはいないのだということをかの国の人々はよく認識すべきなのではないかと思います。
(これも諸説あるそうですが・・・)

やはり、人というのは韜晦という心をもっていなければならいなのだとかの国をみて再確認をしたしだいです・・・。

No title

 韓国は付き合いにくい隣国です。
自らを造船大国、デジタル大国などと言って大きく見せようとします。
裏を返せば、自信がないのかもしれません。
 しかし、若者たちの意識は違います。
もっと現実的で、日本に友好的に見えます。
前大統領は「恨みは千年経っても消えない」と言いましたが、そんな意識は若者には通じません。
 歴史的に見れば、韓国の歴史は気の毒です。唐に朝貢し、百済は日本に援助を求め、チンギスハーンに無理難題を吹っかけられ、
日本に統治されました。
 これからは、韓国の若者に期待したいですね。
非公開コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR