FC2ブログ

明治村で見た家内の母校

 3月中旬、家内とともに青春18キップを利用し、長野県の浅間山と戸隠へ旅行した。青春キップは1冊5枚綴りになっており、うち4枚は長野旅行で使ったが、1枚残っている。家内が友人と旅行に行ったので、私はこれを使って岐阜へ行った。

 まずは犬山城へ行くことにした。天守が国宝に指定されているのは、松江城、姫路城、彦根城、松本城、そしてこのこの犬山城の五つしかない。犬山城以外はすべて行ったことがあるので、とりあえず私の国宝の天主めぐりはひと区切りとなる。ちなみに、弘前城など現存する天守のある12の城もすべて行った。

 青春キップはもちろん、鈍行列車の旅である。大津駅を午前7時過ぎに出発し、米原、大垣で乗り継ぎ、岐阜で高山線の電車に乗った。沿線では桜が満開になっており、白や黄色の花も咲き乱れ、例年より早い春爛漫である。ひたすら、車窓の風景に見とれた。

 9時半ごろ、犬山城最寄りの鵜沼駅に着いた。駅前から木曽川のほとりに建つ城の姿が見えた。威容を誇るといったものではなく、素朴でこじんまりした城だった。この名城もまた、戦国時代の戦乱に巻き込まれ、多くの血が流れた。

 お城へ行くには、道案内の標識など必要なく、ひたすら天守を眺めながら木曽川沿いの道を歩けばいい。道には満開の桜が覆いかぶさり、右手には木曽川の水が淀んでいた。半時間ほど歩き、石の階段を登ると、わが国最古の天守閣である。

IMG_0273.jpg

IMG_0277.jpg

IMG_0283.jpg

 どの城も同じだが、城内の階段は急である。手すりをしっかりつかみ、慎重に登った。天守に登ると、係員が「はい、右に一周して下さい」とせかした。そう言われても、高所恐怖症の私には難儀なことである。しかも、一周する板の廊下は、微妙に外側に傾斜しており、背後の壁にへばりついて歩いた。城主様に投書したいほどだった。

IMG_0291.jpg

 次は、「博物館明治村」の見学だ。明治時代の建物を移築し、1965年に開園したテーマパークである。実は家内から「見てきてもらいたい建物がある」と頼まれていた。それは家内が通っていた母校小学校の講堂である(下の写真)

IMG_0318.jpg

 名鉄の犬山駅から出ているバスに乗り、半時間ほど揺られて明治村に着いた。思っていたより広大な敷地で、全体を知っておくためチンチン電車に乗り、見て回った。明治時代に京都市内を走っていた本物の電車で、「これぞレトロ」という感じである。チンチンという音がまたいい。

IMG_0305.jpg

 園内は五つのエリアに分けられ、60以上の明治の建築物や灯台などが移築されている。幸田露伴や夏目漱石など文豪の家やホテル、銀行、派出所、はたまた監獄まである。じっくり見学すれば、とても1日で回ることは出来そうにない。

 さて、家内の母校の講堂である。ひと目見るなりその立派さと大きさに驚いた。講堂は目抜き通りの一等地にあり、ここでは年間通じて様々な展示が行われている。今回は、明治の近代化の歩みを錦絵で辿る企画が催されていた。

 予備知識がなければ、瀟洒なこの講堂は都会にある小学校を想像するかもしれないが、そうではない。大阪府で唯一の村である南河内郡千早赤阪村に建っていたのだ。ここは、後醍醐天皇を奉じた南朝の武将・楠正成の本拠であった以外は、これといって特筆するようなものもない村である。

 講堂は明治30年ごろ、大阪府立の尋常中学校の本館として今の堂島に建てられたもので、昭和4年、校舎の改築に伴って解体。千早赤阪村に移築された後は、小学校の講堂として使用されたという。明治期の洋風建築で、1階はアーチ型のデザインで、2階の窓は上下に開閉できる最新式だ。

IMG_0297.jpg

IMG_0300.jpg

IMG_0299.jpg

          ↓ 2階の講堂
im_enjoy_sight_building_2-14_02[1]

 驚いたことに、1階が屋内運動場になっていたことだ。今は床が板張りになっているが、当時は石畳になっていたといい、板張りの下に当時のままの石が残っているという。2階は御真影が掲げられた講堂で、家内が小学生の頃、壇上で日本舞踊を踊ったことが今なお忘れられないと言っている。岐阜への旅で、家内の思い出の建物に出会えて良かった。
スポンサーサイト

コメント

No title

城主に投書したい(笑)
名古屋には小学校から高校の初めまで10年間住んでいたのにあまり記憶がありません。(家と学校の往復だけだったからでしょう)
木曽川沿いに建つ犬山城、こぢんまりとしていて素晴らしい眺めですね。
明治村はそんなに広かったんですね。
その講堂はレトロで素敵ですね。今もそうして残っているなんて、奥様はさぞ懐かしいことでしょう。

No title

    Mayさんへ

 コメント有難うございます。
実は昨年、確かMayさんが日本へ帰られた頃と前後してキャンベラ日記が更新されておらず、心配していました。しかも、体調もすぐれないとのことでしたので、一層心配していました。
 でも、このようにコメントをいただき、ちょっと安心しました。

No title

明治村というと、「花子とアン」のロケ地になったところですね!
レトロな電車をドラマで見たことがあります。
この講堂も登場していたのでしょうか・・・。

No title

    イレグイ号さんへ

 あのチンチン電車、女房からも「花子とアン」のロケで使われたと言いましたが、さっぱり記憶がありません。「あまちゃん」の場合はすべて覚えていますので、こちらは熱が入っていなかったのでしょう。
 家内の講堂は実に立派でした。しかし、なぜ村で保存できなかったのか、今から思えば残念です。
非公開コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR