FC2ブログ

蚊帳の外・・・どこが悪いのか

 ある民放の報道番組で、核やミサイルの廃棄をめぐる北朝鮮問題を特集していた。番組のキャスターは厳しい表情を作って見せ、その冒頭で「日本は蚊帳の外です」と話した。口ぶりはどこかうれしそうに思えたが、私の偏見だろうか。

 「蚊帳の外」とは、要するにお呼びじゃない。政府の無策を当てこするような意味が込められている。野党の人たちも、蚊帳の外になっている事態を憂慮しているように見えるが、その先に政府批判が見え隠れする。

 しかし、「蚊帳の外」のどこが悪いのだろう。6月12日、シンガポールで史上初の米朝会談が行われる予定だが、まさかこの場所に日本がコミットせよというのだろうか。そんなものはどだい無理な話だし、アメリカの交渉を静かに見守るのが節度ある姿勢だろう。

 南北統一が悲願の韓国の文在寅大統領が、前のめりで関与しているのは左派政権として当然だろう。長く北朝鮮の後ろ盾になってきた中国にとって、アメリカ主導で事が進むのに危機感を抱いている。北への経済支援をエサに金正恩を2度も中国に呼び付けて懐柔している。無理やり蚊帳の中に入り込もうという魂胆だろう。

 日本は拉致問題を抱えており、北朝鮮には厳しく対処しなければならず、「仲間に入れてほしい」などと足元を見られるような外交はすべきでない。日本からの巨額の戦後補償なくして北朝鮮の発展はなく、日本としてはあえて蚊帳の中に入らず、外から鷹揚に構えていた方が得策だ。

 「蚊帳の外」などとケチを付けている人たちは、一体どうせよというのだろう。北への圧力をやめ、対話に転じなさいとでもいうのだろうか。忘れてはならないのは、北朝鮮が多くの日本人を拉致し、金正恩の叔父を粛正し、兄を殺してしまう独裁国家なのだ。へらへら笑って交渉するような相手ではない。

 北朝鮮の突然の対話攻勢は、日米主導の経済制裁に音を上げたと受け止められている。「蚊帳の外」の逆の意味で、日本は間違いなく当事者だろう。北朝鮮は今になって、アメリカに難癖をつけている。いつもの揺さぶりのつもりだろうが、そんな国との対話の輪に加わるのはまだ早い。日本外交の稚拙をあげつらう人の意図は丸見えである・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR