FC2ブログ

紀淡海峡にアジとサバが回遊

 「やっと、アジとサバが回遊してきました」。そんなメールがブログ仲間のイレグイ号さんから届いた。善は急げである。6月2日の土曜日、イレグイさんが船を係留している和歌山市の小さな港に向かった。

 イレグイさんはれっきとしたサラリーマンだが、暇さえあれば紀淡海峡で釣りをしており、「半分、漁師」みたいな人である。船は漁師だった祖父から譲り受けたもので、エンジン音は漁船特有の低音を響かせる。

 東の空が明るくなり始めた午前4時10分ごろ、出航した。やがて真っ赤な太陽が顔を出し、空も海も熟柿のような色に染まった。大釣りへの期待で胸が膨らむが、今年の海は少し変である。水温が低く、余りいい釣果を聞かないのだ。

IMG_0005_20180603052337530.jpg

IMG_0008_20180603052338399.jpg

 船は一路南下した。初島沖の地ノ島を過ぎ、さらに南下を続けた。50分ほどかかって着いたポイントは、紀淡海峡のど真ん中だ。水深は50mほど。イレグイさんは「水面から20mほどの棚に魚探の反応があります」と言うやいなや、30㎝を超すような立派なアジを釣り上げた。

 私も水深20mのあたりでスプールを止め、竿を大きく上下させながら誘いをかけた。竿先が海中に没したとき、グイ、グイという明確な当たりがあり、慎重にリールを巻いた。アジは口が弱く、強引に巻くと唇がちぎれるのだ。上がってきたアジは同じサイズだった。

IMG_0012_20180603052339a01.jpg

 このあたりで船を流していたが、今一つ釣果が上がらない。イレグイさんは友人の船に携帯で電話して様子を聞いたところ、生け簀がいっぱいになったので帰ろうと思うとのことだ。さぁ、急げ。友人がいると思われるポイントに急行した。

 「強い反応がありますよ。30mほど糸を出して下さい」とイレグイさん。すると、彼の動きが急に激しくなった。竿は大きく曲がり、引きの強さが見て取れる。やがて糸を手に取り、次々とアジやサバを針から外し、生け簀へ放り込む。「10本の針全部に掛かりましたよ」と、うれしそうだ。

 次は私にも当たりがあり、ゴンゴンと竿をたたくような引きが伝わってきた。ゆっくりリール巻いて道糸を手繰ったが、次から次へと白い魚体が海中から姿を現し、7匹も釣れた。その後も当たりが続き、午前8時には竿を納めた。

IMG_0013_20180603052340aa4.jpg

IMG_0016_201806030523428a5.jpg

 何匹釣れたか分からなかったが、イレグイさんが私のクーラーに入れてくれたアジとサバは30匹以上だ。この中には、イレグイさんが釣った45㎝のサバが含まれており、これを三枚に下してきずしを作った。

 この夜は、たまたま生石高原の仲間と飲む約束をしていたので、アジの刺身とフライを振る舞った。さすが30㎝を超すアジにはしっかり脂が乗っており、大いに喜ばれ、ちょっと鼻が高かった。

IMG_0018_20180603062115cac.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title

先日はお疲れ様でございました。

フキの葉の下敷きといい、木の芽といい、海の幸が山の食材で引き立ててもらっていますね!!

あの日、水深50メートル付近で釣りを続けていた人には1匹だけで帰ったひともいたそうです。
僕も欲がない方なので、ひとりでの釣行ならずっとあの場所で粘っていたと思います。
そういう意味では僕もひまじんさんに釣らせていただいたということになるのだと思います。

綱渡りのような釣りになりましたが、何はともあれ、釣れてよかったです・・・。

No title

   イレグイ号さんへ

 本当にお世話になりました。
一緒に刺身を囲んだ仲間は、美味しいを連発していました。
やはり魚は、何より新鮮さですね。
アジ、サバと毎日食べています。
腹には子が入っていて、これを煮てもらって酒の肴にしています。
なかなかいけますね。
非公開コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR