FC2ブログ

ほろ苦かった鮎の初釣り

 うんざりするほどの暑さである。標高800mの山の上で暮らしているとはいえ、風がないので体感温度はとっくに30度を超えているはずだ。下界では、熱中症で死亡したり病院に運ばれたりしており、まして豪雨災害の後片付けは大変だろうなあと思う。

 ここ和歌山でもよく雨が降ったが、広島や岡山、愛媛などに比べれば大したことはなかった。私が鮎釣りに通う有田川も増水はしたものの、その後雨が降らなかったので水は引きつつある。

 今年はまだ一度も鮎釣りに行っていない。異例のことだ。もちろん川の増水が第一の理由だが、もう一つは熱中症が怖いのだ。川の中でわが一人がくたばっても仕方ないが、色んな人に迷惑をかける。

IMG_0065_20180721070021ab6.jpg

 しかし、もうそろそろ我慢も限界、意を決して有田川に向かった。家を出るとき、梅干を一つ口に含んだ。熱中症対策だ。中流域にあるオトリ屋で年券(1万800円)を買い、オヤジから近況を聞いた。鮎の餌となる石ゴケが十分付いておらず、不調らしい。

 水深1メートル余りの緩い流れのポイントに入った。先客が一人おり、声をかけて上流で竿を出した。少し濁りがあり、腰まで水に浸かっているいるので暑さは感じない。しかしいつもより水量が多いので押しが強く、よろけることもある。

 シーズン初の釣りだから、期待で胸が高鳴った。狙いを定めた大きな石を攻めるが、オトリが気持ち良さそうに泳いでいるだけで、鮎が掛かる気配はない。

 1時間ほど経った時、オトリが石と石の間に入った瞬間、目印が揺れ、竿先がひったくられた。やっと掛かったのだ。目印は水没しており、竿を倒して鮎を浮かせ、引き抜いた。飛んできた鮎は20センチ近くあり、よく肥えていた。

 オトリが替わり、ポツリポツリと釣れるようになった。午前11時半には釣りを終えることにしていたので、残り時間は後わずか。すると、強烈な当たりがあり、掛かり鮎が上流に疾走した。あわてて竿を立てたが、川底の石に糸が巻き付いたのか、外すことが出来ない。しばらく引いたり緩めたりしたが、無念、糸が切れた。2匹の損失である。

 糸を張り替え、オトリを泳がすと、対岸近くの岩に針が食い込み、またも外せない。水深が深くてそこまでは行けず、結局糸を切った。またも1匹の損失である。残ったのは5匹だけだった。

 その夜は、5匹を家内と分け合い、遅まきながらの初物を塩焼きにして食べた。味が濃い。内臓の苦みが何とも言えない。悔しいことがあっただけに、ほろ苦さが身に染みた・・・。

IMG_0061_20180721070020f20.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

No title

下界はものすごい暑さです!
川の中はきっと涼しかったのではないでしょうか。でも水量は気になりますね。

ご無理をなさらずにアユ釣りをお楽しみください!

No title

    イレグイ号さんへ

 猛暑、お見舞い申し上げます。
確かに、川はそれほど暑くはありません。
風が通るからでしょうか。
それでも、この時期は午前中に竿をたたむことにしています。
他の人より釣果は少ないのは仕方ありませんね。
非公開コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR