FC2ブログ

菊と蝶と新撰組

 生石高原に至る道には、早くもノコンギクの花が咲き始めている。私はこの花が好きだ。野菊を代表するノコンギクの花は楚々としていて、そして何より花の色がいい。紫色でも藍色でもない、空色でもない。妙に心をくすぐる色彩だ。

 この花を「ノコンギク」と書いたが、もしかしたら「ヨメナ」かもしれない。この二つの野菊は、素人が見分けるのが難しいそうだ。私にとってはどちらでもいいが、「野に咲く紺色の菊」、つまり「野紺菊」の方が情緒があっていい。

IMG_0284_201808280943457c8.jpg

 さて今回ブログのタイトルを「菊と蝶と新撰組」としたが、察しのいい人はその心を「浅葱(あさぎ)色」と答えるはずだ。この色を辞書で引くと、「ごく薄い藍色のこと、現代では明るい青緑をこう呼ぶこともある」と書かれていた。ノコンギクの花の色もまた、浅い藍色に近い。

 私の場合、浅葱色と言えば、真っ先に思い浮かべるのは蝶のアサギマダラだ。何度も書いているが、アサギマダラは日本列島から南西諸島、遠くは台湾まで旅する蝶である。1000㌔、2000㌔に及ぶ旅の途中、夏から秋にかけてわが山小屋にも立ち寄り、美しい姿を見せてくれる。

 山小屋の山の斜面に、アサギマダラが好むフジバカマやヒヨドリバナを植え、蝶が舞う楽園のようなものを作ろうと思い立ったのが3年前。これがそこそこ功を奏し、今年も早いうちから一度に10匹近く現れたこともある。秋が深まれば、もっと数が増えるだろう。

 アサギマダラはフジバカマなどの花に止まり、羽を広げたり閉じたりしながら蜜を吸っているが、羽を広げた時のその色は息をのむほど美しい。蝶の名前の通り、これが正真正銘の浅葱色なのだと思う。老いぼれながら、羽の浅葱色を見ると、心がとときめく。

250px-Parantica_sita[1]

 さて、新撰組と浅葱色の関係だが、新撰組が着用したダンダラ模様の羽織の色もまた、浅葱色なのだ。テレビドラマなどで見る羽織は、空色が鮮やか過ぎるきらいがあるが、本当はどのような色だったのだろう。現物が残っていないのが残念だ。

 新撰組ファンのはしくれを自負している私だが、子供の頃はただ「強い」だけで新撰組のとりこになった。成長するに従い、子母沢寛の新撰組三部作をはじめ司馬遼太郎、浅田次郎、女流では木内昇などを読み漁り、戊辰戦争に敗れた隊士面々と辛苦を共にした会津藩に心を寄せるようになった。

asahaori01[1]

 それはともかく、浅葱色は日本の伝統色であり、最も人気高い色の一つとされる。ノコンギクもアサギマダラも、そして新撰組の羽織も、日本人の心に響く色彩だと思う・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR