FC2ブログ

決死のスズメバチ退治

IMG_0293_20180901100016d47.jpg
     ↑ 叩き落した巣に執着するスズメバチ

 先日、家内が朝食に添えるミョウガを採りに行った。ミョウガは山小屋のすぐそばで栽培しているが、しばらくすると、血相を変えて帰って来た。ミョウガを引き抜こうとした時、二の腕をハチに刺されたというのだ。刺したハチは、服にしがみついたまま離れなかったという。

 ハチは結構大きく、黄色だったそうだ。恐らく、スズメバチだろう。昨年7月、大津の家に帰った時、不用意に傘立てに手を入れ、そこにハチの巣があったため腕に6か所も刺された。幸いスズメバチではなかったが、それにしても、家内はハチとの相性がいいみたいだ。

 その時に病院で処方され抗生物質の軟膏を塗りまくった。頻繁に塗ると治療効果が上がるという。やがて腕が腫れ上がり、翌日にはかゆみがひどくなった。腫れは手首の近くまで下がってきた。スズメバチの毒は、アレルギー反応がひどい場合、ショック死するケースもあるらしい。

 家内は割と執念深い性格で、仇をとろうとしたのか軒下をくまなく見て回った。すると、ウッドデッキの軒下にスズメバチ特有の丸い巣があるのを見つけた。直径はまだ15センチほどと小さく、スズメバチが頻繁に出入りしていた。

 デッキはわが家の生活空間の一部であり、すぐそこに物騒な代物がぶら下がっているのだから危険極まりない。ホームセンターへスズメバチ専用のスプレーを買いに走った。これは3、4m先の巣を攻撃し、スズメバチを皆殺しにするほどの威力があるそうだ。

IMG_0315_20180901100315a90.jpg

 家内とは長く連れ添ってきた仲だから、仇を打ってやらねばならない。しかし私は、ハチやヘビ、カエル、ヤモリなどの生き物に臆病で、本音を言えばやりたくないが、やるからには身を守るため完全防備で臨むことにした。

 横道にそれるが、当ブログの2013年8月17日付け「暁の奇襲作戦」を読んでいただきたい。わが山小屋の大きなスズメバチの巣を駆除する記事である。暁の午前4時過ぎ、山で暮らす仲間のPが勇敢にもスプレーと棒で駆除してくれた。私はと言うと、なすすべもなく家の中で怯えていたのだが・・・。

 それでもまぁ、一応経験があるので対処方法は分かっている。まずは服装だ。ボート釣りで着用するウェーダーをはき、厚手の防寒着を羽織る。手袋はハチの針が刺さらないようゴム手袋をはめた。そして、帽子の上から鮎釣りに使う玉網をかぶるのが究極の防御策だ。家内はこの堂々たる姿を見て噴き出した。

IMG_0297_20180901100015e79.jpg

 午前6時ごろ、勇気を出してウッドデッキに出た。そして巣めがけてスプレーを噴射した。巣までの距離が遠かったし、スプレーもすぐなくなったので、効果はそれほどでもなく、死んだのは1匹だけだった。巣を叩き落すため竹の棒を振り回したら、古かったため三つに折れた。これで嫌気がさし、これ以上続ける気力をなくした。

IMG_0286_20180901100315fa4.jpg

 デッキの上には巣の破片が散乱し、巣に対する未練なのか、何匹かが破片の周りを飛び交ったいた。デッキと居間を仕切るガラス戸にも、ハチが中を窺うように飛び交った。網戸越しとはいえ、不気味である。

 家内が畑に行ったので、ハチの様子を見るため網戸を開けてみた。すると、スズメバチ2匹が家の中に入ってしまった。吹き抜けの天井あたりを飛び交っている。外に出さないと、刺されかねない。そばにあった私のシャツを放り投げて追い出そうしたが、効果はない。落ちてきたシャツが囲炉裏の中に落ち、灰が舞い上がって情けなくなった。

 座して刺される訳にはいかない。ウェーダー、ゴム手袋、玉網の防具を身に着け、箒と蠅たたきを手にロフトに上がり、ハチを追い回した。するとハチは2匹とも出窓に追い込まれたので、蠅たたきで叩き落とした。半殺し状態になったので、息の根を止めるため蠅たたきのグリップでハチをグリグリとつぶした。

 これで一件落着だ。ハチを追い回して汗だくになり、玉網をかぶったまま居間に座り込んでいると、ちょうどそこへ家内が帰って来た。肩で息をする私を見て、「何、してんの」と笑った。こちらの苦労も知らず・・・。

スポンサーサイト

コメント

No title

奥様、大事に至らずご無事で良かったです!
実は去年帰国時、うちにも大きな蜂の巣があり、どうしたものかとネットで検索して除去に成功しました。
アルミサッシの棧にぶら下がっていたので、鍋に洗剤を満たして下から、巣をどっぷり浸しました。
そのまま棧からチョキンと切り離し、しばらく洗剤の中に漬けたままにしておきました。
後で見たら蜂は入っていませんでした。
巣を撤去されたことに怒り、数日蜂が戻ってきていましたが。

そうする前に隣人がスプレーを持ってきて振りかけてくれましたが怒った蜂が飛び回り非常に危険でした。
なので、蜂が寝静まっている時か留守にしている時に分厚いビニール袋で包み込んでから、その中で処理するのがよいのでは、と思いました。
幸い鍋作戦が成功しましたが、後日同じく蜂が室内にも入り怖い思いをしました。

虫取り網はどうでしょう?蝿たたきよりは危険が少なそうに思います。
スズメバチは怖い!

奥様災難でしたね。でも大事なさそうでよかった。
愛する奥様を守るため、勇敢に立ち向かったひまじんさんを、奥様、笑わずに讃えてあげて下さい。
私も笑ってしまいましたが・・・。(笑)

No title

    Mayさんへ

 鍋作戦の成功良かったですが、でも一歩間違えば刺されたかもしれませんね。
 それにしても、ハチはしつこいですね。
今日も2匹が窓にぶつかるように飛んでいました。
 巣への未練なのか、それとも私たちへの恨みなのか。
未練だとすれば、少し悲しくなります。
 蠅たたきは思慮がなかったですね。
パニック状態でした。

No title

    亀丸さんへ

 勇敢に見えるかもしれませんが、もうやけくそ状態です。
冷静に考えると、やはりハチが寝ている明け方に敢行すべきでした。
今日も未練がましく、スズメバチが窓際を飛んでいました。
非公開コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR