FC2ブログ

わが分身よ、さようなら

 山小屋を数日、留守にしていた。大津の自宅近くの歯医者で歯を抜いてもらうためだ。ちょっと前までは、歯医者に行けば普通に抜いてくれたと思うが、近年は日赤とか市民病院など大きな病院に行かないと、抜いてくれなくなったらしい。

 なぜだろう。万が一の医療事故に備え、大病院であればあらゆる手当てが出来るということかもしれない。病院に行くと、まず地域連携室で手続きをし、それから歯のレントゲン写真を撮る。本当に抜いていいかどうか判定するためだろうが、医院でも撮影しているから二度手間であり、元の写真で判断すればいいと思うのだが・・・。

 無駄とも思えるこのようなことはいくらでもありそうで、国の医療費が際限なく増え続ける要因の一つだろう。

 待合室で目を閉じていると名前が呼ばれ、治療室に入った。医師が3、4人いて、忙しそうにしていた。ドリルやヤスリが置かれた治療用の椅子が4台置かれており、その一つに座らされた。恐怖心はますます高まり、逃げ出したくなった。まな板の鯉は肝が座っていて決してじたばたせず、偉いと思う。

 担当医師は「それでは抜きます」と事務的に言った。「少し、チクッとします」と言って歯の周りに麻酔の注射を打った。「チクッ」どころではなく、物凄く痛い。注射の痛みを和らげる麻酔を打ってほしいくらいだ。それほど痛いのだ。

 麻酔が効くまでしばらく待たされた。やがて椅子の傍らに医師が立ち、「口を開けて。はい、あーん」と言った。いきなり、何かで歯をはさんだような感じがした。麻酔が効いていて痛みは感じないが、歯を引っ張っているようだ。

 どうやら、なかなか抜けないのだろう。そのうち、医師は「うっ」という気合のような声を発した。それでも抜けない。痛くはないが、地獄で閻魔さんに舌を抜かれるような気分だ。やがて、「コツッ」という金属音がした。抜いた歯をステンレスの皿の上に置いたのだろう。

 医師は抜いた歯を私に見せ、「持って帰りますか?」と尋ねたが、私は即座に「いえ、結構です」と答えた。歯には長さ5ミリほどの赤い根っこが付いており、これでは抜くのに難儀したはずだ。

 帰途、抜いた歯のあたりを舌でなめてみた。ヌルッとしていた。いつもそこにあるはずのものがないのは、不思議な感じだ。わが分身よ、さようなら・・・。
スポンサーサイト

コメント

No title

歯医者はできれば行きたくない所ですね!!
麻酔はものすごく痛いですが、最近は麻酔の前に歯茎に塗る麻酔薬があって、それを塗ってくれる歯医者だと注射の痛みがマシです。
私は50代で連続した奥歯を2本抜くハメになり、ついに部分入れ歯になってしまいました。すごくショックでした。それに何かと不便です。

今は町医者では抜いてもらえないのですね~
ひまじんさんの文章、ゾクゾクするような臨場感でした!

No title

いや~、その気持ちわかります。
僕も数年前に親知らずを抜きましたが、戦々恐々でした。
幸いにも腕のいい歯医者さんだったのであまり痛い思いをしませんでしたが・・・。

https://blog.goo.ne.jp/matufusa/e/3632426c859865098e8de44771b084a3

麻酔はそこまで痛いと感じた事はないですけど、歯を抜かれる前に逃げ出したくなる気持ち、分かります。
私もこの夏、歯医者に通っていて、抜くのが難しい歯だから大きな病院で抜くようにと、紹介状を書いてもらいました。
抜く前に「難しそうな歯たから、もしかしたら抜くのに1時間位にきるかも。」と言われて、本当に逃げ出したくなりました。
結果は驚く程あっさりと抜けたんですが・・・。
でも、あれ以来歯磨きを丁寧にするようになりました。(笑)

No title

     May さんへ

 歯茎に塗る麻酔薬・・・そんなものがあるのですか。やはり、私のような痛がりがいてこその薬なんですね。
 どうも私は痛みと血に弱いのです。口では勇ましいことを言いますが、弱虫です。

No title

   イレグイ号さんへ

  親知らずを抜くのは大変だそうですね。入院する人もいると聞きました。
医者もピンキリですね。胃カメラを飲んだ時、名医を紹介してもらいましたが、痛くも苦しくもありませんでした。

No title

亀丸さんへ

 コメント有難うございます。
それにしても、すぐに抜けて良かったですね。抜くのに1時間もかかるなら、私は気を失います。腕利きの歯医者さんですね。
私の場合、歯医者との付き合いはこれからも続きそうです。
非公開コメント

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR