FC2ブログ

韓国の開き直り

 ♪ 指きりげんまん  嘘ついたら 針千本飲ます・・・。昔、女の子たちがそのように歌っていた。嘘は悪いことだとわらべ歌が教えたものだ。そして、私が大人になると、「嘘も方便」という奥ゆかしい言葉を知った。嘘をつくのは悪いことだが、時と場合によって嘘が必要なこともあるということである。
 
 例えばの話、妻に浮気がバレそうになった時、あくまでもシラを切る方が、それからの長い夫婦生活を考えると、まだしも傷は浅いとうことだ。ただし、見え透いた嘘は、夫婦の信頼関係を決定的に崩壊させることを思い知るべきだろう。

 なぜこんなことを言い出しかと言えば、韓国艦艇による日本の哨戒機に対して行ったとされる火器管制レーダー照射をめぐり、その真偽が問題になっているからだ。

 自衛隊は、戦争の引き金にもなりかねない危険な行為であるとして、韓国側に抗議した。すると韓国側は、遭難した北朝鮮の船を探すためレーダーを照射したと弁明した。しかし当時の海上は穏やかで、見通しも良かったのでレーダーを照射する必要がなかったと反論した。

 すると今度は一転して、レーダーは一切照射していないと否定した。そして、自衛隊機が低空飛行による威嚇を行ったから謝罪せよと迫った。問題をすり替え、開き直った感じだが、併せて韓国側が映像を公開したものの、独自の映像は10秒ほどで、他は日本の哨戒機が撮影した映像だった。低空飛行の証拠らしいものはなかった。

 新聞の情報だけだから何とも言えないが、日韓の応酬を見ていると、日本側に分があると思う。レーダー照射の際の映像があるのに対し、なぜか韓国艦艇が撮影しているはずの低空飛行の映像がない。危険を感じた自衛隊機からの呼びかけに、韓国側は「よく聞こえなかった」と、信じられないような答もした。

 ともかく、日本人の目からすると韓国の発言は嘘っぽく映る。一つ嘘をつくと、もう一つ嘘を言わなければならない。韓国側はそのような「嘘の連鎖」に陥っているように見える。

 それにしても、韓国の新聞報道はすごい。日本の動画公開に対し韓国側も動画を公表したが、韓国各紙は一斉に「日本に応戦」「挑発に反撃」などと勇ましく報じた。日本には保守系と左派系の立場の異なる全国紙があり、しばしば韓国の肩を持つ新聞もあるが、韓国には「反日」という一点で足並みをそろえる翼賛型新聞がほとんどである。

 韓国の事情を考えると、このような強硬な意見が出るのは予想できる。韓国は情緒優先の国であり、情緒という国民感情は司法や行政を凌ぐポピュリズムそのものである。韓国側がここでレーダー照射を認めれば、国民感情が許さない。まさに、韓国特有の「嘘も方便」であり、振り上げたこぶしは下せないのだ。

 レーダー照射の有無をはっきりさせるのは当然だが、韓国艦船が一体、日本の排他的経済水域で何をしていたのかも問題だ。遭難した北朝鮮の船を救助しようとしていたのか。それとも、何か大事な物を北の船に移し替えようしていたのか。あるいは、北に頼まれて脱北者を取り締まっていたのか・・・。

 昨年は、慰安婦財団の解散や徴用工に対する損害賠償の最高裁判決など、この厄介な隣人に振り回され続けた。そして今年もまた同じ道を歩み出した・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR