FC2ブログ

やはり白内障・・・

 昨年夏、メガネ店へレンズ交換に行った。夜に車を運転していると、前を走る車の赤いテールランプがにじんで見えるし、昼でも道路標示がよく見えない。近視が進んでいると思った。

 新しいメガネに作り替えると、両目とも0・7程度は見えるようになった。この視力は、運転免許を取得できるギリギリのライン らしいが、これ以上レンズの度数を上げると、却って気分が悪くなるなど弊害もあるという。

 3か月ほどすると、またぼやけて見えるようになった。そこで、かかりつけの和歌山の医療センターで診察を受けた。検査の結果、医師は「白内障です」と言い、「日常生活に支障をきたすようなら、手術した方が良い」と話した。

 4月の初旬までは例年通り大津の自宅で過ごしたが、その間にも視力は悪化するばかりだ。近所の人と出会っても、それが誰か判別できず、失礼があってはいけないので、とりあえず頭を下げ、愛想笑いをしておくことにした。

 車の運転も危ないので、家内に任せるようになった。山小屋から眺める紀淡海峡は春霞がかかったようにぼやけている。天気のいい日はまぶしくて仕方ないし、テレビの画面はやや黄色味を帯びて見えるようになった。白内障の典型的な症状だそうだ。

 このように、まさしく日常生活に支障をきたし、医療センタの医師に手術お願いした。しかし白内障の患者は多く、夏まで手術の空きがないという。「そこを何とか」と拝み倒し、5月下旬に左目、6月中旬に右目の手術を受けられるようにしてくれた。

 すでに手術をした人の話を聞くと、一様に「大したことない。15分ほどで終わる」と言っていた。麻酔は目薬を使い、痛くないとも聞いた。日帰り、入院の両方あるらしいが、心配するような手術ではないとのことだ。

 先日、手術前の検査をした。その際、担当医師はパネルのようなもの示しながら手術の概要を説明してくれた。麻酔は、まぶたの下から針を刺し、眼球の裏側へと挿入するとのことだ。目薬による麻酔と聞いていたので、これでは話が違う。私は5歳児並みの注射恐怖症であり、その場から逃げ出したくなった。

 手術時間も40分、早くて30分くらいかかるというから、ネットで調べた内容とはかなり違っていた。手術をしてくれる医師にこんなことを言って申し訳ないが、ひょっとしたら経験が浅いのではないかと疑ってしまった。

 医師による手術のリスクについての説明はその後も続いた。いわゆるインフォームドコンセントで、医師は患者に十分な情報を伝えなければならない。それはよく分かるが、小心な私には不安がつのるばかりだ。もはや引き返すことは出来ないので、覚悟を決めて手術に臨みたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

No title

手術と聞いただけでやっぱり不安になってしまいますよね。
無事に終わることをお祈りしています。

No title

    イレグイ号さんへ

 心配していただき、有難うございます。
怖がっていてもキリがありませんから、覚悟して臨みます。
非公開コメント

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR