【夫の日記】 トホホ、キュウリの収穫2本だけ

  やっと、紀伊山地の山小屋に帰る日が来た。滋賀で過ごしたのは11日間。夫婦の実家へ墓参りし、4回ゴルフに行き、それ以外はテレビで北京五輪をぼーっと見ていた。
 山小屋に向かう途中、和歌山のスーパーで当分の食料品を買ったが、駐車場は今にも火を噴きそうに暑かった。車の温度計は35度になっている。でも、この暑さとはもうしばらくでおさらばだ。
 午後3時半、山小屋に着いた。標高800メートルとあって、気温は27度。夕方には23度に下がり、肌をなでる風が寒いくらいだった。
 ひまじん夫婦はある期待を抱いて山小屋に帰ってきた。敷地のちっちゃな畑に植えたトマトとキュウリが10日余り留守にしている間、大きく育っているだろうと。
 期待は裏切られた。キュウリは苗2本で、収穫できたのはたったの2本。プチトマトは真っ赤に熟したのが10数個。ただ、キュウリはまだたくさん黄色い花が咲いているので、もうしばらくすれば少しは収穫できるだろう。トマトはプチ、中玉など10本ほど植えてあり、青々した実がいっぱいついている。
 女房は「10月ごろのトマトが甘くておいしいのよ」というが、唇の端が少し歪んでいた・・・
 標高の高い土地では気温が低いうえ、木立の中なので日照時間が短い。加えて、女房は肥料をやらずに自然の力で中身の濃い野菜を作ろうとしている。立派な考え方だが、なかなかうまく行かないようだ。来年は、いろいろと工夫が必要だろう。
 同じように山暮らしをしている仲間が、大きな畑でいろんな野菜を作っている。いつもいっぱい届けてくれるので、新鮮な野菜に不自由することはない。が、タダでもらうのも気が引けるので、アユや海の魚を釣って、せっせっと献上しなければならない。
 女房は「釣りのええ口実やねえ」と言うけれど、物々交換、ギブアンドテイクは古来から人間社会のルールなのだ。

072.jpg

073.jpg

IMG_0292.jpg

スポンサーサイト

コメント

胡瓜の収穫ニッ本アチャチャですか
高原野菜美味しそう
ひまじんさんちの胡瓜もトマトも私達に食べられないよう赤くならずにがんばってるのかしら。主人孝行でいじらしい。
でもその考えは甘い!?私達にかかったら青くても食べちゃいますよ。

森に戻って

ようやく、水をえた魚の心境でしょうか(特にご主人?)。
生石高原は、伊勢の森に近い場所なのですね。
あらためて地図で和歌山県を見てみたのですが、
気持ちのよさそうなところですね。

お茶目さん、トマトたっぷりありますよ

 おいでになる頃、食べごろですよ。どうぞ、全部食べて帰って下さい。
 ニンジンも食べごろです。甘くてとてもおいしいです。果物のようです。
 

kumoki さん、こんばんわ

 水を得た魚、はい、そうです。今日はさっそくアユ釣りに行きました。2日分の食糧確保です。
 生石高原は紀伊山地の真ん中に近い所で、とても不便なんですよ。周りは森、また森です。山頂に近く、寒くて今夜はセーターを着込んでいます。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR