【夫の日記】 天然うなぎ、もらいぞこねた/有田川

  ひまじんが釣ってきたアユを「おいしい、おいしい」と食べてくれる女房。しかし、1匹を釣る苦労は分かっていないと思う。アユ釣りを始めて30年余りになるが、女房に竿を持たせたことは一度もなかった。これではアユ釣りの難しさを理解するのは無理な話で、これは迂闊だった。
 午後の遅い出発となった。女房を指導するので、ひまじんの鼻息は荒い。河原に車を横付けでき、釣りやすい場所を選んだ。仕掛けをセットしてやり、さあ、スタート。と思いきや、女房は「オトリ屋さんでトイレ借りてくる」とすたこら姿を消した。やる気があるのか!
 仕方なく一人で釣りを始めたが、釣れない。女房は帰ってきて、日傘をさしてどっかり腰を下ろして見物を決め込んでいる。1時間ほどしてやっと1匹を取り込んだが、女房は見ていない。天然のオトリに替わったので、2匹目がすぐ掛った。対岸に向かって走るわ、走るわ。女房に竿を持たせてその強い引きを体験させてやろう。「オーイ、はよ来い!」と叫んで振り返ったとたん、バレてしまった。
 その後、女房に少しだけ竿を持たせ、オトリアユの泳がせ方を教えた。糸を張らず、緩めずがキーポイントで、この感じはつかめたようだ。釣れはしなかったが、今日のところはこれでよかろう。
 そこへ、川でよく出会うウナギ釣りの名人がやって来た。ひまじんは、前々からウナギ釣りをしたかった。何といっても、川で捕れるウナギは格段においしいのだ。1キロ1万5000円の値が付くという。
 名人は81歳。ここ有田川のほとりで生まれ、3歳の時からウナギ釣りをしていたと言う。その後、大阪で働き、退職金で近くに別荘を建て、ご夫婦で釣り三昧の生活を送っておられる。
 この前会った時、「弟子入りさせてほしい」と頼んでおいた。
    ひまじん 「弟子入りの件、どうですか。教えてくれますか」
    名人   「うーん、見たところ根性のある顔つきやないなあ」
    ひまじん 「恐れ入りました。はい、根性はおまへん」
    名人   「何日も釣れんことがある。まあ、3日でケツ割るわな」
    ひまじん 「まあ、そう言わずに・・・」
 と言うような会話があり、仕掛けや釣り方をざっと教えてもらう。竿を作ったりしていると、来シーズンの挑戦になりそうだが、ぜひ名人に弟子入りしたいと思っている。そして・・・
    名人   「家に中型のウナギを生かしているけど、持って帰るか?」
    ひまじん 「いえ、そんな高価なものを」
    名人   「そうか」
 なぜ、「遠慮なくいただきます」と言わなかったのか。女房は後ろから背中をつついたが、物欲しげな態度は出せなかった。家に帰っても、後悔ばかりしていた。寝付きも悪かった。

    ウナギの寝床を探すため水中メガネで岩の近くを潜る名人

009.jpg

010.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

惜しかったですね(・・,)グスン

小生の自宅は東京と神奈川の境で、多摩川のすぐそばです。
子どもの頃にはメダカやクチボソなどが泳いでいたし、台風一過のときなど、土手にはそんな小魚に混ざって胴回り20センチはあろうかという天然鰻が水溜りで暴れまわっていました。
それを2,3日間泥を吐かせして食べたものですが、卵でさえ貴重品だった時代、動物たんぱく質など滅多にとってない私達にとっては、美味しいというより、腹を満たすだけの食材でした。
その天然物は鰻屋に行けば三千円ほどしますが、養殖物に馴れてしまった今では天然物は蒸し方によっては身が硬いだけとなった小生の味覚です。
それでも、天然物を食べてみたいと思っています。

アユ釣りは道楽?

最高級の竿は30万円くらいします。そのほかにもいろいろと・・・最低でも20万円くらいの初期投資が必要です。
やはりアユ釣りは道楽に近いようですね。
私は子供の頃、四国の田舎の川でウナギを取って食べていました。そのせいか、大阪で食べるウナギの味に違和感があります。この違和感を確かめる為に、和歌山の天然ウナギを食したいと思っております。

うなぎの寝床??

本当にそんなのが見つかるのですか??

面白そうですね。

1日は昼頃到着予定で参ります。午後から鮎。翌日海釣りをして帰るつもりです。ゴルフは今回はなしにしました。v-238

ウナギの匂い

買ったウナギはかび臭いと思い、おととし和歌山で釣った天然ウナギは文句無しの◎
今回大阪で釣ったウナギはかび臭かった・・・・

コレは何でしょうね?
1 泥臭さ
2 調理の拙さ
3 水質の違い

養殖ウナギは管理が行き届いているので3は無いと思うのですがねぇ
現在、水槽で2週間飼ってます。これで近々、1については証明が出来そうです(笑)

ロマンチスト!
ひまじんさんはロマンチストね
無事に弟子入りできると良いですね
金メダルをとる根性でがんばればうなぎはゲットできますよ

やんじいさんから飛んできました。みかんです。
偶然ですが滋賀に住んでます。
うなぎ?四国?私、四国で生まれ育ちました。
初めてですが、よろしくお願いします。

女の人はトイレ問題があるから、アウトドアに尻込みしてしまうんですよね。。
私も釣りの日はなるべく水分を控えるようにしています。
奥様のアユ釣りの感想はどうだったのでしょうか?
うなぎ、残念!!
私も先日浜松の祖母から鰻が届き、ひつまぶしにして食べましたよ~^^

小学校時代、クラスメートのお父さんが、ウナギ取りに行った川で溺れて亡くなったことがありました。
気をつけてくださいね!!

素直が一番ですね(笑)寝つきも悪くなりますよ(笑)

dejavuewordsさん、天然はいいですね

 多摩川にも主のようウナギが潜んでいたんですね。ひもじかった少年時代は、ひまじんも同じです。川でとった訳のわからない貝も空腹しのぎに食べました。お互い、逞しかったですね。

ハカマさん、四国出身ですか

 四国はいい川が多いですね。アマゴやアユ釣りに何回か行ったことがあります。ちょこっと、遍路道も歩きました。
 アユ釣りはかなりの道楽ですが、面白さは格別のものがあります。特にゲーム性が強い釣りで、一度はまると、ド壺です。

まるまるさん、ゴルフしないの?

 ゴルフなしとは、驚きですねえ。アユも海の魚もあまり期待できませんよ。ご接待に困っています。
 詳しくはメールでご連絡します。

ウナギの観察、読みましたよ

タマモクロスさん、こんばんは。ウナギの記事を読んで驚いていました。なんと、釣れるんですね。弟子入り、81歳のじいちゃんから、タマモクロスさんに乗り換えましょうかねえ。娘さんの宿題が成功するよう期待しています。

お茶目さん、待っています

 天然のウナギを食べさせたいけれど、まだ弟子入り前ですから・・・来年なら、お口に入るかも。うまいですよ~~。ご期待を!

みかんさん、ありがとうございます

 コメントありがとうございます。同じ滋賀なんですね。琵琶湖を望む自宅は、人に言わせると別荘みたいなんて言います。それなのに、和歌山の森の中に住んでいるんです。変わり者かもしれません。
 URLにご自身のブログをお願いしますね。拝見したいのです。あ、それから、みかんさんと名乗られているからには、愛媛ですか?

ノルさん、気を付けます

 そう、川は怖いです。これまでに何回か深みにずるずるっと入り込んだことがあります。今では、そんな危ないことはしません。
 トイレ問題ですが、確かに女性は大変ですね。女房を海に連れていく時は、必ずトイレが近くにあるところ選んでいます。

カメ吉さん、こんにちは

 コメントありがとうございます。天然ウナギを断って、今日、今も後悔しています。素直になればよかった・・・
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR