FC2ブログ

東舞鶴へ日帰り旅行

 30年前の1991年。湾岸戦争でばらまかれた機雷を除去するため、海上自衛隊の掃海部隊がペルシャ湾に派遣された。戦前から培った日本の掃海技術は優秀で、6月から9月にかけて34個の機雷を爆破処理した。一連の作戦を終え、部隊は9月11日、母港の呉港に帰還した。自衛隊の海外派遣は憲法の制約がある中で行われ、国内では賛否が渦巻いた。

 それだけにメディア各社は現地の状況を詳しく伝え、呉基地への帰還の際も多くの取材記者を派遣した。私もその一員として同僚たちとともに本社から出張した。呉の沖合に隊員500人を乗せた6隻の掃海部隊が姿を見せると、音楽隊が軍艦マーチを演奏した。その時、思わず胸が熱くなったのを覚えている。

 取材を済ませた翌日、私はフリーになったので、江田島の旧海軍の施設を一人で見学した。中でも、レンガ造りの海軍兵学校の建物の美しさに驚き、今なお記憶が蘇るほどだ。レンガは黄色に近い独特の色合いだった。その一つ一つが工芸品のようだった。イギリスからパラフィン紙に包まれて輸入されたと聞いた。当時のエリートが学ぶにふさわしい風格を備えるため、贅を尽くしたのだろう。

image[1]

 以上は前置きである。実は1週間ほど前、家内と電車で京都の舞鶴へ日帰りの旅をした。前々から舞鶴の軍港に建つ赤レンガ造りの倉庫群を見てみたいと思っていた。30年前に江田島で見た海軍兵学校の記憶が強く残っていたからだと思う。

 舞鶴に向かったその頃は、関西で新形コロナウイルスの感染が爆発的に広がりつつあった。不要不急の外出を咎める風潮が日増しに強まり、私たちは大津駅でこそこそと電車に乗った。そして京都駅から一路北上したが、通勤通学の人たちで電車は満員だ。飛沫感染を防ぐため、マスクでがっちり防護した。

 やがて綾部駅に到着した。ここは舞鶴方面と福知山方面への分岐点だ。1時間ほどの待ち時間があったので、駅のアンテナショップをのぞいてみた。地酒のコーナーにメルヘンチックなラベルの吟醸酒があった。「星降る夜の夢」。酒造会社の女性社員が名付けたのだろうか・・・。いいフレーズだと思ったので、少し高かったが買った。

IMG_3874.jpg

 終点の東舞鶴駅は舞鶴湾の奥深くにあり、日露戦争当時、東郷平八郎率いるほとんどの艦船がここから出航し、ロシアのバルチック艦隊を迎え撃った。「岸壁の母」で有名な引き揚げ船の桟橋も近い。駅前の真っすぐな道路を歩くと、ほのかに潮風が匂う。東舞鶴は日本海側の防衛を担う海上自衛隊と海上保安庁の基地の町である。

 まずは、12棟が建ち並ぶ赤レンガ倉庫群を見学した。国の重要文化財にふさわしく、まことに見事なものだった。明治34年に舞鶴に鎮守府が創設され、明治、大正を通じて旧日本海軍によって造られた。倉庫には魚雷などの兵器や軍需品が貯蔵された。建物すべてが真新しく見え、明治の建物とは思えなかった。

IMG_3883.jpg

IMG_3890.jpg

 隣接する「赤れんが博物館」も見学し、世界のレンガ史について学び、少し賢くなった。お腹もすいてきたので、レンガ倉庫の中のレストランで、海軍カレーを食べた。そもそもこのカレーは脚気予防策として明治時代に海軍が給食に取り入れたもので、作家吉村昭や司馬遼太郎の小説にも出て来る。私が食べたカレーは、高速のサービスエリアで食べるものと変わらない味気ない物だった。

IMG_3882.jpg

 レストランの建物で、軍港巡り遊覧船の切符が売られており、乗ってみることにした。船着き場に行くと列が出来ており、満員のようだ。近頃は若い人に人気があるらしい。まずはミサイル艦に接近した。艦は以外に小さいが、ミサイルは舞鶴から名古屋あたりまで飛び、目標を攻撃できるという。

 遊覧船はマニアが泣いて喜ぶほど艦船に接近し、いくらでも写真を撮ることができる。恐らく、海上自衛隊はファンを増やすため、遊覧船とタッグを組んでいるのだろう。その証拠に、遊覧船が艦に近付くと、乗組員が手を振ってくれた。この日は高性能レーダーを備えたイージス艦2隻が停泊していたほか、巨大な輸送艦、ヘリコプター搭載の護衛艦などを間近に見ることが出来た。

IMG_3932.jpg

IMG_3901.jpg

IMG_3904.jpg
IMG_3905.jpg

IMG_3925.jpg

 帰宅の時間を考えると、そろそろ帰途につかなければならない。小浜線で小浜駅を経由して敦賀に向かい、ここから北陸線、東海道線を乗り継ぎ、大津に帰る。日帰りの旅だったが、なかなか面白かった・・・。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR