森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 紀伊山地の小旅行/秘境に落人の足跡が・・・

  ボケ防止のため始めたそのブログで、ひまじん夫婦がすでにボケであることを告白しなければならないのは、まことに皮肉であり、つらい。
 つい4、5日前、山小屋のポストに、キノコ観察会の案内状が入っていた。シイタケやナメコなどを栽培しているし、キノコに興味があるので参加することにした。
 6日(土)の朝、山小屋から45キロほど離れた和歌山県かつらぎ町に向かって出発した。集合場所は、1700年前の創建とされる「丹生都比売(つひめ)神社」の駐車場だ。この神社は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている。

IMG_0778.jpg
IMG_0780.jpg
        ↑ 社殿は北条政子、太鼓橋は淀君がそれぞれ寄進したという

 集合時間の30分前に着いて待っていたが、それらしき人は誰も来ない。社務所で聞くと、「キノコ観察会は明日ですよ」とのこと。不覚にも日を間違えていたのだ。
    「お前が今日や言うたやないか」
    「あんたが案内状を見て6日や言うたわよ」。
 ボケているのはそっちだと、互いにののしり合うひまじん夫婦だが、どちらもボケているのは間違いなさそうだ。
 折角来たのだからお参りした。4棟が建ち並ぶ立派な社殿に向かい、二礼、二拍手、一礼。「もうこれ以上ボケが進みませんように」。女房も神妙に拝んでいる。「・・・」
 ここまで来たのだから、すごすごと帰るのはもったいない。40分ほどで行ける高野山に向かうことにした。車のナビに「奥の院」を設定。ナビ通りに走ると、とんでもない所に行きついた。そこは、奥の院の裏側に広がる深い森の中で、行き止まり。なんでこうなるの?今度はナビがボケている。ナビを過信するなということだ。


IMG_0790.jpg
       ↑ ナビを信用していたら奥の院の森に迷い込んだ


 仕方なく引き返し、歴史上のお歴々の墓が並ぶ参道を御廟まで歩いた。バスガイドの話を盗み聞きして、ひとつ賢くなった。あの巨大な墓石は重くて運べないので、中がくり抜かれているのだそうだ。そして、ピラミッドを積み上げた手法(周囲に砂を盛り上げながら石を積む)が用いられているという。

IMG_0783.jpg


 高野龍神スカイラインを走って帰路についたが、途中の標識に「野迫川」とあった。この地区はまさに秘境で、以前から行ってみたいと思っていたので、寄り道することにした。道は細く、谷はV字型に切れ込んでおり、落ちたら一巻の終わり。
 そろり、そろり走ること約10キロ。平維盛ゆかりの地に着いた。小高い丘の上に塚があり、地区の人たちが下草をきれいに刈り、お守りしている。

IMG_0794.jpg
       ↑ 小高い丘が平維盛の塚


 維盛は光源氏の再来と言われた男前だったらしいが、武人としてはいまいちで、連戦連敗。平家の落人として紀伊国に落ち延びたと伝えられる。維盛の塚は、寂寥感を漂わせ、秘境にたたずんでいた。
 夫婦で手を合せてこの地を去り、さらに走り続ける。川の相が美しい。渓流の女王アマゴがいっぱい泳いでいるのだろう。

IMG_0797.jpg

 やがて1軒のホテルが現れ、「野迫川温泉郷」の看板が掛けられていた。入浴料は1人800円。普通は600円だから高いが、今日はずいぶん冷や汗や脂汗をかいたので、洗い流すことにした。

IMG_0798.jpg
      ↑ 秘境に似合わないおしゃれなホテルに温泉もある


 スカイラインに戻り、標高1000メートルを超える護摩壇山に立ち寄った。この山は、ひまじんの山小屋からも見えるので、なじみ深い。
 女房は「色々あったが、秘境にも行ったので、久しぶりにいい旅だった」と喜び、ボケの反省はすっかり忘却の彼方へ・・・
スポンサーサイト
   18:45 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 お茶目 [URL] #-
これからはこんなことが度々おこりそうですね(ご多分にもれず我が家も)
しかも言い争う精力も落ちて喧嘩にならないのがありがたい!?

 2008.09.07 (日) 23:26 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 利発な少女のようなお茶目さん。まだまだ、ボケるのは早いですよ。頭使ってゴルフしておれば、脳が活性化します。
お茶目さんのボケは想像できません 2008.09.08 (月) 17:06 [Edit]
 まるまる [URL] #-
一緒にぼけるのも一つの手ですね。

我が家は先に呆けた方が勝ちといつも言っています。あとの方にお世話してもらわんといけないからです。

いっそのこと、このホテルで一泊されてきのこの学習会に参加されたらヨカッタのに。v-238
仲良くぼければ怖くない!! 2008.09.09 (火) 21:36 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 昨日の晩御飯のおかずを思い出さないこともありますよ。ゴルフのスコアも間違えると思います。そのうち、ダボがボギーになったりして。
 結局、キノコ観察会には行きませんでした。1日170キロも走りましたからね。
はい、夫婦でボケています 2008.09.10 (水) 09:28 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/168-21ec2c8e
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR