森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 女房の草木染めが売れた!

  「あのこと、自分でブログに書いたらどう?」と女房に催促すると、「いややわー、恥ずかしい」。何を今更、年頃の娘のようなことを言う。「私が書いたら何時間もかかるわよ。代りに書いて。お願い!」と珍しく頭を下げるので、仕方なく・・・。

 瓢箪から駒という言葉があるが、今日の話題はまさにそれ。冗談半分の話がころころと意外な方向に転がり、ついには女房が「工芸作家」になるという話だ。

 女房は、ここ生石高原の森に山小屋を建てた15年前、草木染めと織りを始めた。周辺には様々な種類の木や草がいくらでもある。お湯を沸かす薪にも不自由しない。布を洗う水は美しい湧水だ。それ以来、アカメガシワ、山桜、ネムノキ、ススキ、ヨモギなどの草木を採り、染めを続けている。

 昨日、女房が親しくしてもらっているT子さんが、おやつを持って私たちの山小屋へ遊びに来てくれた。T子さんは私たちと同じ生石山で20年以上も暮らしている大先輩だ。

 女房は先日滋賀の自宅に帰った際、自分で染めた草木染のショールやランチョンマット、毛糸などをごっそり持ち帰っていた。これらをT子さんに見せながら、染めの話で盛り上がっていた。

 「これ、売ってみたら?」。T子さんから思いがけない言葉が飛び出した。実は彼女、生石高原にあるレストラン「山の家おいし」でアルバイトしている。ここでは、土産物や地元の果物も売っている。その一角に草木染めを置いてみたらという提案だった。

 女房は「そんな、未熟な染めを・・・」としきりに断っていたが、T子さんは「値段は私に任しておいて」と言い、染めとともに、先日女房がアケビの蔓で編んだ籠も持ち帰った。

 ところが何と、店頭に置いたとたん、男性客が「マフラーとして使えるなあ。気に入った」とショールを買ってくれたのだ。毛糸を何種類かの草木で染め、自分で織ったもので、それなりの値段が付いていた。

 その話を聞いて、女房は恐縮しきりだった。染めのほとんどを友人や身内にやってしまうので、残っているのは気に入らないものばかり。それが多少なりともお金になるのだから、うれしさ半分、恥ずかしさ半分といった心境なのだ。

 ランチョンマットやショールが数点置いてあるが、この先、買ってくれる人がいるかどうかは分からない。けれど、染めをする喜びが一つ加わったのは確かだろう。亭主としては女房に「染めの道」を深めてもらいたいと願っている。ついでに、売れたら私にも少し小遣いを・・・。

 ※ 「山の家おいし」はNPO法人「生石高原の大草原保存会」が運営している。高原はススキの名所で、年間5万人近い観光客が訪れ、2万5000人ほどが「山の家」を利用している。ぜひ、お立ち寄り下さい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090210094052.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090210094122.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090210094148.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090210094213.jpg
スポンサーサイト
   09:45 | Comment:18 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 じゃずべり [URL] #-
はじめましてです
良かったですね
写真では全然未熟に見えませんが
きっと心篭って作ったから
伝わったんですよv-10
良いなぁ~、いつか自分の作った
何かが誰かが買ってくれたりしたら
幸せですね・・・って何も作ってませんがw
 2009.02.10 (火) 10:12 [Edit]
 釣りじいさん [URL] #-
Wonderful!!
凄い、凄い、農芸品に加えて工芸品まで!!
こりゃ、本物の大金持ちになるかもですね~(笑)。冗談はともかく、奥様の草木染めは素晴らしいですよ。自信を持って、こつこつと趣味の世界を広げてくださいね♪
 2009.02.10 (火) 13:04 [Edit]
 ロンゲのオヤジ [URL] #jsYRjXfs
自分が作ったモノが売れると。
どんどん作りましょう!!
嬉しいですよね。 2009.02.10 (火) 16:08 [Edit]
 マダム半世紀 [URL] #-
売れたって事はプロですね♪

とっても優しい色の染色ですね。
素敵です。
本当に奥様は万能です~。尊敬ですね!
こんばんわ~ 2009.02.11 (水) 01:09 [Edit]
 kumoki [URL] #-
カゴも売るしかないですね!
これはもう 2009.02.11 (水) 03:41 [Edit]
 エコ夫婦の妻 [URL] #-
こんにちわ。素敵な色合いですね。
実物見たいのですが、三月いっぱいまで生石高原に行けないので、残念です。ちなみに「山の家生石」の肉うどん主人のお気に入りです。
 2009.02.11 (水) 14:50 [Edit]
 アガタ・リョウ [URL] #-
姉貴・兄貴、オメデトウ御座います。良かったですね。
草木染め・アケビ蔓細工・鮎の燻製に栽培キノコも、きっとグーですよ。
コーナーの一角に、夫婦作品を並べて下さいよ。様に為りますよ。
 2009.02.11 (水) 19:42 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
はじめまして。。
コメント残して下さってありがとうございます。
よろしくです。。
自分の作った作品?を買って下さるなんて・・・
うれしくって うれしくって・・・。
なんか、お礼したい感じです。。
じゃずべりさんへ 2009.02.11 (水) 21:09 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
ありがとうございます。
本当に瓢箪から駒です。
お金をいただくと云う事は、いいかげんな作品を出せませんものね。
気を引き締めて、頑張りま~す。
釣りじいさんへ 2009.02.11 (水) 21:19 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
本当にうれしいです。
ちょっと、有頂天です。。
ロンゲのオヤジさんの気持ちが少し分かりましたかしら・・・
ロンゲのオヤジさんへ 2009.02.11 (水) 21:28 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
プロ?・・・とんでもない。。
すご~い責任を感じているのですよ。いい加減なことはできないぞーって・・・

万能だなんて、ドジで融通のきかないおばさんです。。


マダム半世紀さんへ 2009.02.11 (水) 21:45 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
あの籠は、我ながらいい出来だ!と結構気に入っているのです。

売れるでしょうかね??
kumokiさんへ 2009.02.11 (水) 21:51 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
お恥ずかしいです。
これから欲張って、いろんな作品を並べたいと思っています。
どうぞ、ご贔屓に。。
「肉うどん」おいしいのですね。食べてみましょう。。
エコ夫婦の奥様へ 2009.02.11 (水) 21:58 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
ありがとうございます。
祝杯挙げて、私もお昼から酔っ払いたい気分ですよ。。 
鮎の燻製に栽培キノコ・・・売れるんですよね。。
うふふ・・・・・・
アガタ・リョウさんへ 2009.02.11 (水) 22:10 [Edit]
 つとりん [URL] #-
かわいいですね。
趣味のものがお金になるなんて最高ですよね。そのうちひまじんさんのライフスタイルが売れますよ!v-22
たぬきの看板が 2009.02.11 (水) 23:25 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 私のライフスタイルを自費出版しましょうかねえ・・・買ってくれるでしょうか。まあ、そんな奇特な人はいないでしょう。自然の中で、暮らせるだけで幸せです。
つとりんさんへ 2009.02.15 (日) 17:53 [Edit]
 ちゃみ [URL] #-
ステキな物は売れるに決まってます!
個人的にはカゴが魅力的♪

「山の家おいし」いつかは行ってみたいですね~。
行ってみたい。 2009.02.15 (日) 17:56 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 コメントありがとうございます。返信が遅れてすみません。
 籠をちゃみさんにプレゼントしたいですね。もらっていただければ、うれしいのです。「山の家」にぜひお越し下さい。良いところですよ。
ちゃみさんへ 2009.02.17 (火) 19:09 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/253-183c8913
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR