森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 イタリアンでランチ/和歌山の名店

  天気予報通り、今日は朝から激しい雨が降っている。夕方まで降り続くというので、久しぶりに女房をランチに連れて行こう。私は、こういう細やかな気配りの出来る男なのだ。

 先日、女房が文芸春秋の3月号を読んでいて、「これ、おしゃれなお店やねえ」と言っている。「地方発 イタリアンの名店」というグラビアの特集記事で、この店は山小屋から車で40分ほどの所にある。

 イタリアンの名店に行くというので、女房は化粧をして、ジャケットを着込んで張り切っている。私も一応ちゃんとした服装に着替え、いざ出発だ。林道を走り回り、泥だらけになっている軽トラに、ジャケット姿は似合わないし、滑稽かもしれないが、森で暮らす私たちは夫婦は、それなりに度胸が据わっているのだ。

 店は田んぼの中にあるが、いかにもイタリア風といったしゃれた建物で、庭も西洋風だ。シェフはトスカーナなどで4年間修業したらしい。料理は自分で栽培する野菜やハーブをふんだんに使う。文芸春秋には「彼の手によって強烈な個性を放っている」と紹介されていた。

 予約しておいたので、店に入るとうやうやしく席に案内された。女房はメニューを見ながら迷っている。ランチは2650円、3600円、5600円の3種類。私のおごりだから、つい「あほ、一番安いのでええんや」と、はしたないことを口走ってしまった。

 待つこと15分、野菜スープが運ばれてきた。ビーツとかいうカブラのようなものが入っており、ピンク色の毒々しい色合いだ。名店だから、正しい作法でいただかなければならない。

 緊張と意識過剰のため、手元が狂ってカブラが皿から飛び出し、真っ白のテーブルクロスにポトン。大きなピンクの跡が付いてしまった。水を注ぎに来た女性が、不始末の跡にチラッと視線を走らせていた。

 次は菜の花のパスタだ。女房に「これマカロニか?」と聞いたら、「ペンネや!」と睨まれた。ま、どっちでもいいが、量が少なすぎる。数えてみたら、22本しかなかった。しかも、キュウリの半分くらいのパンが1本だけだから、これでは腹もちが悪い。蛮勇を奮って「すんません、パンちょうだい」と頼んだ。10分くらいして、やっと一つだけ運ばれてきた。

 いよいよメーンの料理だ。キャベツに豚肉が巻かれている。一見、ロールキャベツのように見えるが、ハーブの風味がきいていてまあ、いい味だ。女房はうっとりとした表情を浮かべ、時間をかけて味わっている。私は無粋な人間なので、あっという間にペロリである。

 それにしても、名店とはこういうものなのか。料理が出てくるインタバルが10分以上と長い。女房は「女性はおしゃべりしながら食べるので、これでいいの」と言う。しかし、いらち(せっかち)の私は、イライラして食べた気がしない。

 しかも、女性従業員が壁に張り付くように威儀を正しており、なーんか、見られているようでソワソワしてしまう。女房は「おいしかった」と満足していたが、私はラーメン、ライスの方が性に合っているようである。名店は窮屈だ・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090306191351.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090306191427.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20090306191502.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090306191535.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090306191600.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090306191628.jpg


 
 
 
スポンサーサイト
   19:17 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 dejavuewords [URL] #hdScUxTA
この記事を読んで、横浜の格式高いホテルニューグランドで食事した昔のことを思い出します。
ボーイが絶えず後ろに張り付いてるんで、食事した気になれないんですよね。
コーヒーまではタバコも吸えないし、ヘビースモーカーには辛かった記憶しかありません。

それにしても、堅苦しい雰囲気のレストランでこれだけの写真を撮られるのは、相当な度胸ですね・・・
窮屈な思いは・・・ 2009.03.07 (土) 22:36 [Edit]
 つとりん [URL] #-
じっと見られていたら食べた気がしないですよね。でも「細やかな気配り」に奥様も満足されたのではないでしょうか。
そうですよね 2009.03.08 (日) 00:34 [Edit]
 ちゃみ [URL] #-
また笑わかせてもらいました!
ビーツの落下痕に、
よくぞ数えた”マカロニ22本”

でも、うらやましいです!
夫婦二人でコース料理なんて、
わたしにとってはまだまだ先の話なんですもん。
あはは 2009.03.08 (日) 22:17 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ホント、レストランで煙草が吸えないのはつらいですね。受動喫煙の害がどれほどあるのか知りませんが、いずれこの生き過ぎが是正され、レストランでも分煙になるのではないでしょうか。
dejavuewordsさんへ 2009.03.11 (水) 06:12 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 コメントありがとうございます。海外のレストランのことはよく知りませんが、同じように堅苦しい雰囲気なのでしょうか。今度気配りする時は、大衆食堂にします。
つとりんさんへ 2009.03.11 (水) 06:22 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ちょっと気取って、食べようとしたのが大間違いでした。ホント、カブラノのようなものが20センチほど飛び出してしまったのです。慣れないことはしない方がいいですね。
ちゃみさんへ 2009.03.11 (水) 06:25 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/264-8e3cf76e
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR