【夫の日記】 春本番、ゴムボートは気持ちいいなあ

  ここ紀伊山地にも、やっと春が来た。木々の芽ぶきはしばらく先で、山桜の蕾もまだ固いが、日中はセーターがいらないくらいの暖かさだ。

 紀伊水道の海も穏やかそうなので、買ったばかりのゴムボートを出すことにした。まだ2回目だから不安はあるが、うきうきする気分がそれを吹き飛ばしてくれる。

 女房を誘ったが、草木染めが忙しいと断られた。どうやら本心は、私の操船が危ういので、怖いらしい。まあ、一人でボートに揺られながらのんびりするのもいいだろう。

 そろそろアオリイカが接岸し、藻場に産卵する季節だ。味は落ちるが、キロ級の大きなイカが姿を見せる。まだ水温が低く、釣れる釣れないは運次第である。もちろんボートからイカを狙うのは初めてで、本格シーズンに備えて試してみようと思う。

 8時半ごろ、ホームグラウンドの由良湾小杭漁港に着くと、波止にはアオリイカ狙いの5人が陣取っていた。まったく当たりがないという。顔見知りがボートを見に来て、「ほ、ほー、これなら釣れるかもしれんなあ」とうれしいことを言ってくれる。

 ボートに空気を入れたり、エンジンをセットしたりと出港の準備に45分かかった。懇意にしている漁師から生きたアジを買い、いざ出港。「何かあったら電話してよ。すぐ迎えに行くから」と呼びかける漁師に見送られ、教えてもらったポイントに向かった。

 そこは岩場が連続し、いかにも釣れそうな場所だ。魚探で見ると深さは10メートル前後。さっそくアンカーを放り込み、竿を出した。ボートが揺れるので、竿先の変化を読み取ることは出来ない。イカが乗ればリールから糸が出るので、これを待つしかない。時々、竿で聞いてみることも怠ってはいけないだろう。

 予想通りというか、当りはない。2時間、3時間が過ぎていく。山には山桜が咲いている。木々の新芽が日差しを浴びて輝いている。前夜、自分で作った弁当を広げた。釣れないけれど、何と気持ちいいのだろう。ささやかな幸福を感じる。

 そうだ、岩場だからガシラでも釣ってみよう。さっそく胴付き2本針の仕掛けを作った。餌はイカ釣りに使っているアジの切り身だ。10メートルほど先の磯際に投げ、少しずつ引いて来るとグッ、グッと当たり、合わせると結構引くではないか。20センチほどの大きなガシラがぶら下がっている。

 退屈しない程度にガシラが釣れ、針がなくなったので1時間ほどでやめたが、それでも大小8匹がクーラーに納まった。

 釣れないイカを諦め、魚探の勉強をするためあちこちを走り回った。岩場の変化のあるような場所では画面にフィッシュマークが次々と出てくる。魚種まで分からないが、わくわくする。ただ、そのような場所にボートを止めるのは難しそうだ。

 初心者らしく早目に港に帰った。波止の釣り人が釣れたかどうかを聞いている。苦笑いしながら頭をさすった。「ボウズ」の合図である。

 夜はガシラの唐揚げを堪能した。残りは味噌汁に。女房の好物でもある。「な、釣れるやろ。下手でも釣れるから、次は一緒に行こう」と、ほろ酔いでしつこく口説くのであった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090408074913.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090408074946.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090408075016.jpg


 

 
スポンサーサイト

コメント

男のロマンを満喫されやしたね~。
実は草木染めでお忙しい奥様が来られなかったことがえかったのでは?にゃは!

好いですね~。エンジンふかして好し。海を巡って好し。海に揺られて好し。釣って好し。獲物に舌鼓好し。好い好い尽くしじぁ有りませんか。

おネェちゃんの小遣いに消えたら、それこそ、<へそくり>水泡に帰すですよ。へへへ。  

楽しそうですね。

ええおもちゃを買ってもらった子供のようですね。

遭難しないように気をつけて下さい。

高かったんでしょうv-236

ひまじんさん、スゲェ!!

釣れないターゲットを早々に見切り返す刀でガシラ狩り。お見事です。
私はと言うと、本日大川で鯛カブラ片手にいざ一本勝負!!
NEW亀丸号進水式は尻に帆掛けての退散で丸坊主です。
明石で鰈、アイナメに二度も振られ、大川でも鯛に嫌われこの春三連敗。。自己嫌悪デス。。。
次の日曜日は三尾でアオリイカでリベンジと思っていたのですがそうですか、未だ釣れていませんか。。。
時期が来たらアオリイカのヤエン釣り、ご教授くださいね!
「な、釣れるやろ。下手でも釣れるから次は一緒に行こう」とほろ酔いでしくこく口説くのであった。のくだりは奥様に構って欲しいひまじんさんの本音が見えてとても微笑ましい!!
森の暮らしのバックナンバーを読ませて頂いて羨ましく思う反面、その暮らしの厳しさも知り、とても私には真似出来そうもありません。不精なもんで。。。
ただ、奥様への愛情、いつまでも初々しい恋人の様な関係に憧れすら覚えます。
私も妻の事をとても大切に思っていますので。。。
今は放ったらかしですがね(笑)




こんばんわ~

やっぱりボートを手に入れましたね!
おめでとうございます。^^
どうぞ操縦には気をつけて!

海はやはり怖いですから^^;
一面の海、一面の空を眺めるのは気持ちが良いけれど、私は海に浮かんだボートより、堤防の上が好きな小心者です。^^;

釣りじいさんへ

 まだ、ロマンと言えるほどの余裕はありません。しかも、魚種ごとのポイントも分かりません。これからはキスポイントの勉強です。

アガタ・リョウさんへ

 ヘソクリをはたいた甲斐がありました。まるで子供に帰ったような気分です。アガタさんも諏訪湖にボートを浮かべてみたら?

まるまるさんへ

 そうです、私にとっては高かったです。でも、おもちゃとしてはいいですよ。魚も釣れるし・・・

亀丸さんへ

 まだまだ水温が低く、苦戦されているようですね。また、いい日もあると思います。
 ヤエンの教授とはおこがましいですが、メールで送っておきました。ご一緒できたら、ボートの勉強になるなあと思っています。

マダム半世紀さんへ

 房総のご出身なのに、海が怖いとはねえ・・・。私も海の怖さは分かっていますから、波の静かな日しかボートを出しません。好天を選べるのが、無職のいいところです。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR