森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 愛犬ピー助の盗み食い

  母親の25回忌のため、和歌山の山小屋から滋賀の自宅に帰り、一時滞在している。昨日の昼ご飯の時、女房が私の好物のニシンと茄子の煮付けを作ってくれた。これは女房が母親から教えてもらった料理の一つである。母親を偲ぶにふさわしい懐かしい味がした。

 お鉢に一杯作ってくれたので、まだたくさん残っていた。晩酌の肴にもなるので、楽しみだ。食卓の上にのせ、女房ととともに買い物に出かけた。

 2時間ほどして帰宅してソファで寝そべっていると、台所から女房が呼んでいる。「あのニシン、全部食べたの?」と聞く。「冗談じゃないよ」と答えると、「娘が食べたのかなあ」と首をかしげている。

 鉢に半分以上残っていたはずなのに、ひとかけらのニシンも茄子もない。おまけに、お汁もきれいになくなっているではないか。

 「こいつやー、間違いない!」。私が叫ぶと、それまでムートンの上で寝ていた愛犬「ピー助」(シーズ、雄の1歳)がこそこそと柱の陰に隠れた。お尻だけをこちらに向け、尻尾を盛んに振っている。「あんたかー、コラ!」と女房が眉を吊り上げている。

 追いかけると、居間の机の下をクルクル逃げ回り、やっと二人がかりで玄関に追い詰めて捕まえた。抱きかかえてピー助の頭を鉢に突っ込み、「こら、正直に言え!お前が食べたやろ」と問い詰めたが、答えるはずはない。

 今後のこともあるので、教育的体罰を加えねばならない。頭をポカポカと4、5回たたいてやった。すると、悪さを反省したのかカーテンの向こう側に身を潜め、こちらの様子を覗っている。

 「ピー助」と呼んでも出てこない。いつものように「ピーちゃん」と優しく呼ぶと、少しうなだれてトボトボとやって来て膝の上に乗る。もう一度、「ピー助!」と叱ると、脱兎のごとくカーテンの陰に隠れ、まことに卑屈な目つきでこちらを見ているのだ。

 この繰り返しを夫婦で笑い転げて楽しんだが、ピー助はなかなか演技がうまい。大笑いすることしか能のない近頃の漫才師やタレントより、よっぽど芸達者なのだ。この日のピー助の演技力は座布団3枚に値する。

 実は同じような前歴があるのだが、すっかり忘れていた。やはりピー助を置いて外出したとき、山小屋のテーブルに置いていたてんこ盛りの白菜の漬物を全部食べられた。単に食い意地が張っているのか、置いてけぼりの復讐をしているのか。多分、その両方だと思う。

 それにしても、あの小さな体のどこに、お鉢半分の食べ物が入るのだろう。吐きもせず平然としているし、時折舌なめずりさえしている。憎めない奴なのだ。

 明日はピー助に留守番をさせて母親の法事に行かねばならない。今度は何をしでかすか、戦々恐々である・・・。

  使い慣れない娘のパソコンを使っているので、ピー助の画像を取り込めない!!!


スポンサーサイト
   19:31 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 まるまる [URL] #-
ウフフ、目に浮かぶようです。

いつかも障子を破ってのぞいていたもの。

そら、お膳に置いていく方が悪い

我が家もしょっちゅうやられています。なんせ、4つもいるから、油断も隙もありません。


楽しみに残しておいた(電話がかかってきた・・・)、鮭の腹身と皮を綺麗に食べられたときには、涙が出そうになりました。v-12
可愛いピーちゃん 2009.05.02 (土) 00:19 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
こそこそと柱の陰に隠れて、いけない事だと解っている所が笑えますねぇ。お母様直伝の料理の香りにピー助君も堪らんかったんでしょうね。
健気に留守番のピー助君ですから、多少のいたずらは大目に見てやって下さいね。
座布団3枚!! 2009.05.02 (土) 09:34 [Edit]
 つとりん [URL] #-
ニシンと茄子の煮付け、美味しそう!!私もがまんできないかも。。。
ピー助君、法事で大変そうなひまじんさんを和ましてくれているのでしょうねー。
ピー助君の演技! 2009.05.02 (土) 11:21 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 そうですね、置いておく方が悪い。でも、食べられると、つい腹が立ちます。
 大津でデート出来ず、残念でした。また、次に・・・。
まるまるさんへ 2009.05.05 (火) 06:25 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 おっしゃる通り、大目に見てやりましょう。
 ところで小杭の沖ではぼちぼちイサギが釣れるそうですよ。あの漁師がポイントまでボート曳航してやると言っていました。一緒にいかがですか?また、連絡しますね。
亀丸さんへ 2009.05.05 (火) 06:28 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ピー助は何でも口にしてしまうのです。山小屋に椿を生けていたら、花を全部食いちぎりました。まだ子供ですから、幼稚なんです。
 それにしても、イチゴの栽培は見事ですね。きっと、甘いでしょう。
つとりんさんへ 2009.05.05 (火) 06:38 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/282-e43e5513
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR