【夫の日記】 帰ってきました/再び森の暮らし

  母親の法事などを済ませ、9日ぶりに和歌山の山小屋に帰った。法事には子供3人、長男の嫁さんと孫の家族全員が集まり、にぎやかだった。このようなことがないと、家族がそろうことはない。「次はお父さんの葬式かなあ」と、長女が減らず口をたたいていた。

 留守にしている間に、山暮らしの私たちにとって「事件」とも言える出来事が起きていた。それは、うれしい反面、気の重い事態でもある。

 森の空き地に、薪用の丸太がうずたかく積まれていたのだ。仲間のドイツ人Pの山小屋を訪ねて事情を聞くと、道路拡幅工事で伐採した雑木で、工事業者がダンプ3台で運んでくれたらしい。連休明けにも次々と運び込まれるという。

 Pによると、これを5人で山分けすることにし、私が山に帰って来るまでは薪作りを自粛していたというのだ。律儀な男である。その心遣いがうれしいではないか。

 この冬、雪の日も作業を続け、来年使う薪はたっぷり作った。だから、この丸太の山は、再来年の分になる。それはそれでありがたいことで、またまた薪の富豪になるのだから気持ちが豊かになる。

 しかし本心を言えば、薪作りはもうこらえて欲しい。連休が明ければ、釣りに通いたいのだ。しかもゴムボートを買ったばかりだし、水温も次第に上がってきたので魚の活性が高まり、色んな魚がたくさん釣れるはず。

 そんな絶好のシーズンを迎えながら、毎日、毎日、チェンソーを回し続け、斧を振り回さなければならないのは辛い。だったら、釣りに行けばいいじゃないかと言われそうだが、そうはいかないのだ。

 留守にしている間に、仲間がどんどん丸太を切ってしまうと思うと耐えられない。釣りをしながら、丸太はまだ残っているだろうかなどと心配していては、魚信にも集中できない。このように、私は肝っ玉が小さい男なのだ。

 これだけの木を薪の長さに切り、割って山小屋まで運び上げるのに、10日以上はかかるだろう。釣りに心を奪われながらチェンソーを回していては大怪我をしかねない。私の帰りを待っていてくれた仲間の気遣いを思うと、真面目に取り組まねばならないのだ。

 畑も気になるので、女房と見に行った。エンドウがずいぶん大きくなり、ネットに蔓を絡ませていた。ジャガイモや玉ネギなどもすくすく成長している。晩のおかずにするため、ブロッコリー、白菜の菜の花、ホウレンソウ、大根葉を収穫して帰った。山小屋の敷地では山ウドが大きくなっていた。大好物の山菜だ。

 こんな山奥まで新型インフルエンザはやって来ないだろう。新鮮な空気を吸いながら、再び森の暮らしを楽しもう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090504194039.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090504194115.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20090504194149.jpg

  
スポンサーサイト

コメント

山ウド


立派な山ウドですね。
山菜の中で一番好きな春の香りです。
これを食べると、薪割り頑張れると思います。

お野菜

新鮮でおいしそうですね。

自給自足がいよいよ実現しそうです。

昨日はあじ釣りに行ったのに、はまちが釣れました。v-8ウフフv-266

              兄貴・姉貴・ピー助、お帰りなさい。
本当に、そうですよね。本拠地を留守にすると、思わぬ貯金仕事が貯まるものですね。ウンザリでサボタージュを決め込むと、催促の利息が加算されます。人間の心を捨てて、人間ロボットに徹するしかありませんねぇ。ウッシッシ。
如何、対処しますかね。千里の道も、一歩から・・・ 
絡んだ糸を戻すには、根気が第一でしょうかね。  さてさて??

お帰りなさい

帰って早々、嬉しい悩みで結構じゃないですか。毎日のように釣らなくても、薪仕事の合間にならPさんの納得も得られるでしょう。
私はこの連休、小杭で烏賊釣りをと目論んでいたんですが、波が高い状態が続く予報に断念し、日本海へ転進して根魚を狙って来ました。
大型のガシラにメバルが混じり、大漁でこのところの不調の溜飲を下げました。これで腰を落ち着けて烏賊を狙えると思ってたんですが、イサギですか・・・。へっへっへ・・・!またスケベ根性に火が点きますねぇ。是非お願いします。

充実した毎日

やりたいことも、やらなくてはいけないことも沢山ある充実した毎日ですね。
自作の野菜は格別に美味しいように感じます。

森社会を垣間見ました…

四人の中に二人くらい、釣り仲間がいたらよかったですねー。それにしてもお野菜がものすごくおいしそうです! 香ってきそう…。

あんこさんへ

 連休は楽しく過ごせましたか?
そうですね、山ウドが一番春を感じさせる山菜ですね。昨夜はいっぱい食べましたよ。今日は雨ですから、明日から薪作りを頑張ります。

まるまるさんへ

 アジがハマチに?それは良かったですね。よく引いたでしょう。すごい馬力ですからね。
 自給自足とまではいきませんが、少しずつ近づいてきました。
 ボートを出したいとうずうずしていますが、波が高いので・・・・

アガタ・リョウさんへ

 アガタさんはお母様の介護で連休も楽しめなかったようですね。でも奥様、息子さんの来訪を受け、ニヤニヤしている緩んだ表情がブログを通じて伝わってきますよ。
 こちらは毎日雨です。今日は薪作りの予定で、9時に集合することになっていましたが、お流れです。

亀丸さんへ

 日本海への転戦でガシラ、メバルの大漁。うっぷんを晴らしましたね。
こちらは雨、雨。しかも台風の影響なのか風が強く、ボートは出せません。今度の日曜日にイカかキスを狙うべく、こまごまと準備に取り掛かっています。まあ、これも楽しいのですが・・・
 結果はまた報告します。イサギの時は来て下さいね。私のボートで行きましょう。
 あ、そうそう、いただいたお米は抜群においしいですね。感激しました。ありがとうございました。

ハカマさんへ

 美浜での新生活は楽しそうですね。燻製も読ませていただきました。太刀魚の燻製もおいしかったとのこと。一度、挑戦してみます。

kumoki さんへ

 おっしゃる通りで、釣り好きが多ければよかったのですが・・・。最近は仲間に釣りをしつこく誘っているのですよ。道具や仕掛けもこちらで準備するから--が殺し文句です。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR