【夫の日記】 擦り寄るアユ釣り師/有田川

  「擦り寄る」という言葉は、余りいい意味では使われない。政治家に擦り寄る、大金持ちに擦り寄る、美人に擦り寄る・・・。どれも、その行為にいかがわしい思惑が隠されている。これに比べて、「寄り添う」は微笑ましい。私と女房が寄り添う。恋人同士が寄り添う・・・とか。

 回りくどい言い方だが、アユ釣りの話である。きのう今季2回目のアユ釣りに出かけた。もちろん、ホームグラウンドの有田川だ。水温が低い午前中は追いが悪いので、ゆっくり出かけた。

 ブドウ園下と呼ばれる長い瀬には一人だけしかいなかったので、ここに入った。覚悟していたことだが、なかなか掛らない。1時間ほどしてやっと天然遡上のアユが掛った。胸の追い星が黄色く、背びれも長い。元気なオトリに替わると、案の定、ボチボチと掛るようになった。

 すでに6匹を掛けていた。50メートルほど下流で竿を出していた人が、次々釣り上げる私の姿をチラチラ見ていた。しばらくすると、じわりじわり、こちらの方に近寄って来る。やがて、5メートルほど下流まで接近した。

 7匹目のアユを釣り上げた時、糸が絡んだのでほぐしている間に、何と私が釣っていた場所に立っているではないか。まさに、「擦り寄る」とはこのことだ。

 これでは、元の場所で竿を振ることは出来ない。何でもそうだが、遊びにもルールがある。ルールはお互いが不愉快な思いをしたくないから、自然に成り立ったのだと思う。それは常識を物差しにしたもので、少しの気配りで守れるものだ。

 この人は、私のポイントが釣れると思い、擦り寄って来たのだろう。相手への気配りに欠けるルール違反だ。その厚かましさが釣りだけならまだ救いはあろうが、おそらく社会生活の場でも同じような振る舞いをしているに違いない。

 このポイントで釣りをする気にはなれないので、岩に腰掛けてパンをかじりながらこの人の釣りを見学していた。もう釣れそうなアユが残っていないのか、釣れない。しばらくして、平然と姿を消した。釣れても、釣れなくても、こんな行為だけはしたくない。

 不愉快な思いをしたが、次は愉快な釣りが待っていた。あの釣り人が最初に立っていた50メートルほど下流に、波立つ瀬があった。わずか長さ10メートルほどの短いポイントだが、オトリを誘導すると、一発で掛った。

 このアユは大きい。グイーンと竿をしならせ、対岸に向かって走る。竿を倒して浅瀬に誘導して引き抜いた。20センチはあろう。次も大きい。その次も。夢中になって釣り続けた。ここだけで8匹。このポイントには誰も竿を入れていなかったのだろう。幸運だった。

 当たりが遠のいたので、腰まで水につかりながら川を渡り、200メートル下流のポイントに移動したが、ここでは1匹だけ。そうはうまくいかなかった。

 結局この日は計16匹の釣果だった。不愉快なこともあったが、有頂天になるような釣りも出来た。終わり良ければ、すべて良し・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090603144143.jpg
スポンサーサイト

コメント

釣り方の上手、下手、年季、感性などがありますが、キスの投げ釣りでも1m横、5m先でも大きな釣果の差がでることが多いですね。ま、終わりよければでしょうがね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

全く、酷いマナーの釣り人ですね。
この手の人は、自分の行為が他人を不快にしている事すら分かってないんでしょう。
私がボートで釣りをするようになったのも、波止の釣り場での割り込みで、嫌な思いを何度もしたからでした。
渓流のアマゴ釣りも好きでしたが、対岸からルアーが自分目がけて飛んできたり・・・。
心の洗濯に出掛けてストレスを溜めたくないですよね。
釣果は別として、今のところ自由で快適な釣りは満喫出来るようになりました。
ただ、ボート釣りでも一部のマナーの悪い人が居て、釣り場がどんどん閉鎖される問題が起こっています。
ゴミを持ち帰らない、定置網に平気で近づく、漁師が注意すると「おまえの海か!!」と逆ギレする。
かつて大好きだった釣り場が何箇所も閉鎖され、今ではボートを出す事が出来ません。
釣果も大事ですが、そこに楽しく遊んだ記憶の方が遥かに大切ですよね。

お見事ですね。

なんで去年はちっとも釣れなかったのかしらv-236

別荘をとられたらいやだから、釣れないところに連れて行ったんじゃないのか・・・・・v-9

釣りじいさん へ

 何十年も宝くじを買い続けたのに、300円以上当たった試しがありません。それなのに、初めて買った人に1億円。バカにするなー!と言いたくなりますが、釣りも同じようなものですね。

亀丸さんへ

 まったく同感、同感。私も若い頃から磯釣りをしていましたが、ポイントに向かって脱兎のごとく駆け出すのが嫌になり、筏釣りに専念していました。ボートを買ったのも、気楽に釣りをしたかったからです。
 ボートが出せる港が少なくなっているようですね。ボートの人にも行儀の悪い人がいるのですね。困ったことです。
 最近はアユに出かけていますが、ボートを出したくて、出したくてたまりません。しかし、このところ天候が不安でなかなか機会に恵まれません。日曜日には天気も良さそうなので、女房を口説いていますが・・・。

まるまるさんへ

 あの時は水位が高く、厳しかったですね。意地悪している訳ではありませんよ。梅雨が明けると、アユはもっと釣れます。また、食べに来て下さいね。

こんにちは。

何処にでも居ますよね、そういう人。

でも、立派な鮎が沢山で気分も収まりましたね!?

ロンゲのオヤジさんへ

 オートバイのお客さんたちで、お店も繁盛の様子。人とのつながりが楽しそうですね。
 釣り人のほとんどはルールを守りますが、たまにこんな人がいるので、困ります。注意するのは勇気がいりますね。変なトラブルになれば1日が不愉快になりますから・・・

エロ

┏━━━┓┏━━━┓
┃ □━┓┃┃□━┓┃
┃┃エ┃┃┃┃ロ┃┃
┃ ┗━■┃┃┗━■┃
┗━━━┛┗━━━┛

http://xn--ickthu55gup4a.animeitigo100.com/
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR