森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 アユの燻製を作る

  「お前はアユのことしか書かないのか」と言われそうだが、はい、今回も・・・。実は、わが山小屋に東京から遊びに来る友人に、冷凍のアユを塩焼きにして食べてもらうおうと思っていた。しかし、よく考えてみると、これは少し気の毒であるし、失礼ではないか。

 そこで、冷凍アユでもほとんど味が変わらない燻製を作ることにした。自慢ではないが、これ絶品、逸品、極上の珍味である。決して眉唾ではない。

 燻製器を使うほどでもないので、ダッチオーブンで燻すことにした。ストッカーから取りだしたアユ16匹を解凍し、塩を塗りこんで陰干しにすること2時間余り。その間に豆炭をいこしておく。

 オーブンの下は中火、蓋の上は強火にし、チップはまろやかな味がするブナを使うことにした。25分ほど燻す。1度に5、6匹しかスモーク出来ないので、3回これを繰り返す。

 出来上がったアユの燻製は、黄金色に輝いている。「ちょいと味見しよう」と言って、女房と1匹ずつ食べた。身には脂がしっとり張り付いていて、クリーミーだ。女房からは「今回の出来はいいねえ」と珍しくおほめいただいた。

 このブログに毎回コメントをいただいている亀丸さんと明日ボート釣りに行くので、ぜひ味わってもらいたいと思う。2、3匹という訳にもいかないので、5匹持って行こう。すでに味見しているので、残りは9匹である。

 すると、私たちと同じ生石山に暮らしているご夫婦がやって来た。ご主人は野鳥や山野草に詳しく、いろいろと教えてもらっている。奥さんは当ブログの常連さんだ。自慢の燻製を味見してもらういい機会である。1匹ずつというケチなことになったが、お二人とも頭からかぶりつき、好評をいただいた。

 燻製の残りは7匹となった。私たちも食べたいので、友人へは3匹くらいしか出せない。「なーんや、たったの3匹か」。気の置けない友人だから、皮肉の一つも飛び出すかもしれない。ならば彼が滞在中、アユ釣りに行かねばならんなあ・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090704193430.jpg


スポンサーサイト
   19:35 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 あんこ [URL] #YY3ad/52
燻製とは、最高のもてなしですね。
また、ご友人と一緒にアユ釣りで、釣りたてを塩焼きといってください。
プレッシャーは、かかりますが。
くれぐれも「胡瓜の浅漬けは、食べないでくださいね」
燻製 2009.07.04 (土) 22:19 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
このブログにいつも訪問される皆様、スミマセン、頂いてしまいました。食してしまいました。憧れのひまじんさん謹製の鮎の燻製!!
いつもこのブログで黄金色に輝く鮎の燻製の写真を見るたび、「食ってみたい・・・。」と密かに憧れていました。
今日5日にひまじさんと釣り場で落ち合い、鮎の燻製を差し出された時、「こんなに頂いて宜しいんですか、お客様が・・・。」と言いながら、手はしっかり「頂戴」のポーズを取っていました。(笑)
味ですが、燻製という調理法に天然鮎という食材が如何に最適か思い知らされます。頭から尻尾まで、骨まで美味しく頂けますし、燻製にしても身が縮まず皮がパンパンに張っています。
頭から食べ進むと、頭、ほろ苦いはらわた、脂のよく馴染んだ身とその部位ごとの美味しさに燻製の芳しい香りが相まって・・・。
いや、私の拙い文章では伝えられません、一尾の鮎の燻製でビールを1リットル飲んでしまいました。これでお分かりでしょう。e-446
それと奥様、女房にまで草木染の素敵なスカーフを有り難うございました。美しい色合い、上品な光沢が有り、これは匠の技ですよ。
女房は大変喜んで、身の付けて見ながら、「これ付けて出掛ける様な場所へも、たまには連れて行って。」と言っていました。v-12
本当に有り難うございました。
憧れの鮎の燻製 2009.07.05 (日) 21:51 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 釣りたてのアユと思っていましたが、このところの大雨で、有田川はもちろん、和歌山県内の川はいずれも大増水して釣りになりません。冷蔵庫にイワシの一夜干しがありますので、これでも食べさせようと思っています。この程度でいいんです。
あんこ さんへ 2009.07.08 (水) 18:38 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 アユの燻製を褒めて頂き、感謝、感謝!です。今月半ばになれば、アユがたくさん釣れるはずです。こちらに来られる機会があれば、塩焼き用と燻製を持って帰ってもらいますよ。楽しみにしていて下さい。
 またまた、おいしい特選米をいただき、恐縮しています。このお米、本当においしいですね。ありがとうございました。
 マゴチは逃げらて残念だったでしょうが、魚影は濃いと思いますので、ぜひ足を延ばして下さい。次はきっと、きっとですよ。
亀丸さんへ 2009.07.08 (水) 18:45 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/310-b3b5674a
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR