森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 わが山小屋の花鳥風月

  NHKの大河ドラマ「天地人」を見ていたら、千利休のお点前で徳川家康と直江兼継がお茶をいただく場面が流れていた。家康は秀吉の天下をめぐる生臭い話を兼継に語りかけていた。

 茶道に無知な私は以前、お茶事に招かれておどおどしたものである。茶室に入る前に、ある茶道研究家から「お茶室では政治やお金のことなどはお話にならぬよう。花鳥風月を話題にされたらよろしい」とアドバイスを受けた。

 うーん、花鳥風月か。とすると、侘び茶の完成者でもある利休の茶室で、家康の生臭話はその精神に反することになるが・・・。はて、どうなんだろう。

 それはともかく、こうしてブログを書くにあたって花鳥風月はまことに都合が良い。当たり障りがないし、風流である。それで今回は、わが山小屋の花々を少し紹介してみようと思う。ただ如何せん、写真がまずい。1万円くらいの安物デジカメのせいか、撮り方が稚拙なだけか・・・。

 まずは笹ユリである。若い株はすでに花が散っている。古い株は今が盛りである。当たり前の話だが、花にも個性があって面白い。ベランダの下にあるこの笹ユリは、異様にピンク色が濃いし、香り高い。白っぽいユリは楚々とした風情があるが、これは妖艶の趣がある。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090707095653.jpg


 いつも道行く人が見上げてくれるお化けのような笹ユリもある。6本の茎が密集していて、全部で30個もの花を咲かせるのだ。地中に余程大きな球根が鎮座しているのだろう。

 余談だが、この笹ユリは「アラフィ」か「アラカン」か。朝のNHKテレビで初めて知った新語でる。「アラフィ」は美しくなろうとする50代女性で、「アラカン」は還暦を迎えた女性だそうだ。厚化粧を見ていて少し気持ち悪かった・・・。

vcm_s_kf_repr_351x468_20090707095745.jpg


 次は山紫陽花だ。品種改良された大きな紫陽花とは違って、山紫陽花には野趣があふれている。この淡いピンクの花びらは、ぽっと頬を赤らめる乙女ののようで、世の狼から守ってあげたい気持になる。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090707095825.jpg


 この他にも、山小屋の周辺には様々な花が咲いているが、その多くは名前を知らない。花を愛でる感性に乏しく、花鳥風月を解するほどの風流人でもないので、気取るのはこれくらいにしておこう。

 またまた横道に逸れるが、ここ生石高原の「山の家」に婦人雑誌から抜け出て来たような美しい女性が働いている。ちょうど50歳と聞くが、わが山小屋の妖艶な笹ユリのような「アラフィ様」である。先日から滞在している友人がぜひお目にかかりたいと言うので、これからお茶を飲みに行こうと思う。偉そうに花鳥風月なんて言っているが、まだまだ世俗から抜け出せない・・・。
スポンサーサイト
   10:02 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 釣りじいさん [URL] #-
ははは、大分幹事長殿の影響を受け始めているような下りでやんすね。
所詮、ひまじんさんも男ってことでやんしょうよ。
ヤマユリ、百合と言えば・・・吉永小百合・・・最近めっぽう色っぽくなりやした、にゃは!
 2009.07.07 (火) 11:44 [Edit]
 アガタ・リョウ [URL] #-
へへへ で有りまする。生きとし生けるもの全てに、美が宿ります。花・華を愛でるのは、人類共通の<愉しみ>であります。人畜無害の愉しみに、楽しみを昇華させるのが、茶の嗜みなんでしょうね。流石に兄貴で有りまする。真に結構なお手前でゴザンした。ウッシッシ。
 2009.07.07 (火) 14:17 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
ご友人と山の家に美しい「アラフィ様」をわざわざ拝みに行くなんて、高校時代の悪友そのものですね。(笑)
お二人を見送る奥様の複雑な表情が目に浮かびます。
先日釣ったシオですが、サイズこそ40cmそこそこの幼魚でも、そこは流石にカンパチの子。脂がたっぷり乗って美味でした。カンパチはハマチと違い、幼魚でも脂が乗るそうです。
由良湾の魚の豊富さを実感しました。また、お付き合い下さいね。
次こそ・・・。
 2009.07.08 (水) 20:53 [Edit]
 ハカマ [URL] #-
「天地人」は私も欠かさず見ています。戦国武士は自然の営みや茶の侘び寂の世界で、死を恐れない心を養っていたのでしょう。
それにしても30個の花を付けるササユリはすごいですね(少し風情には欠けますが・・・・)
老後は花鳥風月を慈しみ、自然界へ帰る準備をしたいものです。
 2009.07.09 (木) 06:09 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 アガタ幹事長の影響を受けていますかねえ。オブラートに包んでいるつもりなんですが・・・。
 小百合ちゃんが色っぽい。そうですか。昔はファンでしたが、最近は若いのがええのお。にゃは。
釣りじいさん さんへ 2009.07.12 (日) 18:19 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 白人女性に注ぐ幹事長の目つきは危険な臭いがしませんか?ちょっと危なっかしいと思うのですが・・・。私はまさに人畜無害の優しい視線です。はい。
アガタ・リョウ さんへ 2009.07.12 (日) 18:23 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 シオはカンパチの子なのですか。そりゃー、脂が乗っておいしいでしょうね。さぞ、奥さんやお子さんが刺身に舌鼓を打たれたでしょう。今度はマゴチ。ぜひ、大物をゲットして下さい。餌のキス場を探しておきます。


亀丸さんへ 2009.07.12 (日) 18:27 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 確かに30個も花を咲かせると、やや風情に欠けますね。なーんか、年増の厚化粧のようでして・・・。
 お互い、自然との生活を楽しみたいものですね。
 
ハカマさんへ 2009.07.14 (火) 18:39 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/311-37d51468
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR