森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 ニホンカモシカが現れた

  見た!本当に見たのだ!私たちが暮らす森で、ニホンカモシカを。今年二度目の目撃である。

 軽トラを走らせ、女房と日帰り温泉に行く途中だった。生石山を1キロほど下った所で、女房が「車を止めて!」と叫ぶのだ。「いる、いる、ニホンカモシカがこっち見ている」と声を上ずらせている。

 車は急に止まらない。20メートルほど行き過ぎた。女房は「ほれ、あそこにいる」と言うが、すぐには分からない。やっと気づいた時には、立ち去る後ろ姿をチラッと見ただけだった。

 しかし女房は数十秒間にわたり、しっかり見たのだ。山の崖のような所にたたずみ、じっと女房の目を見ていたと言う。その距離は約30メートルだから、見間違えることはない。

 体長は80センチくらい、頭に小さな角がある。黒みがかった灰色の毛がふさふさしていた。つぶらな瞳に敵意はなく、むしろ友好的だったらしい。去り際も逃げるというのではなく、悠然と木立の中に姿を消した。

 実はその1か月ほど前、女房が借りている畑から車で帰る途中、高原の急斜面から道路を横切り、谷の方に向かう「動物」を目の前で見た。急ブレーキをかけるほどの至近距離だった。

 私は「ニホンカモシカの子供や」と言ったが、女房は「イノシシと違うの?」と言って信用しない。イノシシなら六甲山で何回も見ているので、そうではない。その姿かたち、毛の色から見て、ニホンカモシカ以外には考えられなかった。

 二度も目撃したのだから、やはり、このあたりにニホンカモシカが生息しているのは間違いない。国の特別天然記念物に指定されている野生動物が身近に徘徊していると思うと、妙にうれしくなる。ニホンカモシカが「ここは暮らしやすい」と、生石山の森に太鼓判を押してくれているようだ。

 カモシカの毛皮は水を通さず、保温性にも優れる貴重品だったので、昔から盛んに狩猟が行われていたらしい。明治の中頃、命中率の高い鉄砲が作られるようになると乱獲が進み、次第に個体数が減り続け、一時は全国に3000頭ほどしかいなかった、と物の本に書いてある。

 このため1955年、国が特別天然記念物に指定して保護に乗り出し、今では7万から10万頭いると言われる。一部の地域では農作物を食い荒らす被害が出ているようだ。

 ところで、戦後しばらくしてニホンカモシカの切手が発行されたのをご存じだろうか。私は少年のころ、切手を収集する真面目な良い子だった。実は、私のみすぼらしいコレクションの中にこの8円切手が1枚加わっていたことを思い出したのだ。

 当時よく使われていた切手で、それほどの価値はなかった。雪原にたたずみ、遠くを見つめているような図柄だったように思う。私たちの前に姿を現したニホンカモシカは、切手に夢中になっていた遠い昔を思い出させてくれた。  (写真は借り物です)

vcm_s_kf_repr_240x360.jpg
スポンサーサイト
   07:50 | Comment:10 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ヤンジジ [URL] #R4NmWodE
お元気そうで何よりです。
カモシカの字が見えたのでやって来ました。
最近は海へは出掛けませんが、山などに出掛ける時は いつも早朝や深夜に車を走らせます。するとカモシカには良く出会います。
一度ニホンジカにぶつかりそうになりました。ライトに目が眩んだのか、国道の真ん中に立ち竦んでいました。直前で危うくストップ出来ましたが、こちらも冷や汗いっぱいでしたね。
山猿を撥ねてしまった事もあります。
野生動物との共存は中々難しいものと実感しています。
お久しぶりです 2009.07.30 (木) 18:08 [Edit]
 アガタ・リョウ [URL] #-
カモシカですか。私は三回目撃していますよ。三回とも白骨温泉とその途中でした。一度は、遠く笹の中で、夏に近い国道の斜面で見た物は、年老いてじっとして居ました。
圧巻は、雪の深い頃、凍結の長い下り坂を、肝を冷やしながら運転していた時に、私の車に驚いて積雪の中を雪を巻き上げて、逃げる大カモシカに出会いました。その迫力に圧倒されると同時に感動ものでした。猿の群れは、何度も目撃していますが、カモシカの様な大型の野生動物は、神々しいと云うか、一種異様な尊厳すら感じますね。
きっと、これからも何度か出会う筈ですよ。野生の貫録は、人間の比ではありませんよ。羨ましい限りですね。
 2009.07.30 (木) 22:20 [Edit]
 ぼっちゃん [URL] #-
こんにちは~。

日本カモシカ!凄い動物に出会ったですね。羨ましいやら、おっかないやら自然を肌で感じ取って居られる。
鮎釣りは如何ですか、私もそろそろ行きたいんですが今年は雨が多くて、それも大雨!川が落ち着いてきた頃に又、大雨、なかなか思いどうりには行きません。その点海は良いですね、奥様と2人ボートで釣り競争しながらリール巻く姿が浮かんできます。大漁を遠い松山から願ってま~す。(^。^)y-.。o○
鮎釣りは?! 2009.07.31 (金) 10:13 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
特別天然記念物に指定されているような動物が住んでいるなんて、本当に自然に恵まれた所なんですね。
ニホンカモシカは可愛いけど、熊なんかも出るんじゃないですか?
猪も大きくなると相当怖いみたいですし・・・。
日本海へ釣りに行く時はよく野生動物に出会いますが、車の前に突然出て来てヒャッとする事があります。
 2009.07.31 (金) 16:47 [Edit]
 まるまる [URL] #-
真面目なよい子のまるまるの兄も切手を収集していました。

銭の切手をシートで持っていましたけど、どうなったかしらv-236
 2009.08.01 (土) 01:11 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 お久しぶりです。コメントありがとうございます。海外旅行など活発に行動されているのが羨ましいです。
 こちらにもニホンジカがたくさんいます。確かに車にぶつかりそうになることもありますね。ただ、幸いなことに、猿はいません。イノシシはいっぱいいて、困ったものです。
ヤンジジさんへ 2009.08.01 (土) 05:54 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 白骨温泉への道は確かにカモシカがいそうですね。結構険しい山が迫っていて、いい所だと思います。ただ温泉の素を入れていたのは、興醒めでした。
 神々しいと私も思います。これからも出会えたらいいのですが、さて現れてくれるでしょうか。
アガタ・リョウさんへ 2009.08.01 (土) 06:33 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 鮎釣りもされるのですね。ホームグラウンドの有田川は連日の雨で増水しています。水位は約80センチほど高いのですが、流れのゆるい所で釣りをしています。昨日も胸の下まで水につかり、釣りました。掛っても下流に引っ張られ、取り込むのに難儀しています。20匹ほど釣りましたが、5、6匹は糸切れでパーです。
 そろそろ釣りに行かれてはどうですか。大釣りを期待しています。レポートも楽しみにしています。
ぼっちゃん様へ 2009.08.01 (土) 06:52 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ここはイノシシがたくさんいますが、熊、猿はいません。以前は熊がいたらしいのですが、今は遠くブナ林に移動したのではないでしょうか。
 さて、報告があります。ついに高圧ポンプとバッテリーを買いました。亀丸さんのを見ていて羨ましかったのです。これで、出港がスピードアップです。家に帰って水洗いする時も便利になります。次の釣りが楽しみです。
亀丸さんへ 2009.08.01 (土) 06:58 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 お兄さんのコレクションはひと財産あるのではないでしょうか。一度押し入れなどを捜索してはどうでしょう。
 私の切手は、いとこがパリへ彫刻の修行に行ったとき、向こうの仲間のお土産にすべてあげてしまいました。たいしたコレクションではありませんでしたから・・・。
まるまるさんへ 2009.08.01 (土) 07:02 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/321-1efddb46
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR