森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 のりピーと原爆に思う

  墓参りや法事などで滋賀に戻り、5日ぶりに山小屋に帰ってきた。あと2日ほど滞在する予定だったが、余りの暑さにたまらず、逃げるように帰ってきたのだ。山小屋には夕方着いたが、気温は22度。やはり過ごしやすい。

 滋賀の家では、バカバカしいと思いながらも、民放テレビをよく見た。どのチャンネルを回しても、朝から晩まで芸能界の麻薬汚染のニュースばかりを流し続けていた。

 六本木のマンションで若い女が死亡していて、同じ部屋にいた押尾とかいうタレントが麻薬の錠剤を食べた疑いで逮捕されたとか。死亡現場にいては自分が捕まると思い、部屋から立ち去ったと言われる。

 何と幼稚で、小賢しい行為だろう。野球のボールで民家の窓ガラスを割ってしまい、こそこそと逃げ帰る子供のようである。その程度の男にキャー、キャーと騒いでいたファンにはいい薬になっただろう。

 清純派の仮面をはがされた酒井法子の覚せい剤事件も面白い。夫が逮捕された時点では、テレビはのりピーに同情し、芸能コメンテーターらが「早く元気な姿を見せて下さい」なんてバカなことを言っていた。

 やましいことがなければ行方をくらます必要などないではないか。そんなことは初めから分かっていたこと。バカ丸出しを演じたのは、千葉の森田知事だ。「のりピー、苦しいと思うけど出てきて下さい」と訴え、逮捕状が出たと分かると、「お騒がせしてお詫びします」と訳の分からないことを言っていた。

 お前はのりピーの親戚か。どうして彼女に代って謝るのか。そもそも、知事という公人が芸能人についてコメントするなんて、どうかしている。この男、疲弊する地方に目が向いているのだろうか。まあ、彼を選んだのは県民であるのだが・・・。

 ここからは、真面目に書きたい。8月6日は、米国が広島に原爆を落とした日である。今日9日は長崎だ。テレビで祈念式典を見ていて、改めて怒りが沸々と湧いてきた。日本人は何年経とうが、米国への怒りと恨みを忘れてはいけないと思う。

 しかし、広島市長が式典で述べたメッセージは理解に苦しむ。核廃絶を世界に訴えたオバマ大統領を高く評価したのだ。確かにオバマの演説は核廃絶への力強い言葉に聞こえるが、彼は紛れもなく原爆を投下した米国の大統領なのだ。

 これまで、一度として米国が謝罪や反省の言葉を口にしただろうか。オバマが核廃絶を言う前に、自らの国の原爆使用について一言あるべきだろう。11月に来日するらしいが、広島、長崎に足を運び頭を下げるのが先ではないのか。

 いやいや、そんな事を言うはずがない。核は依然として米国の軍事プレゼンスに変わりなく、「核の傘」を同盟国に恩着せがましく保障してみせるのだ。そして、核が拡散した場合、核のテロリズムが向かう先は米国であり、自国防衛のため危機感を抱いているだけである。

 核軍縮のポーズは怪しげである。核に代わる強力な爆弾が開発されつつあるとも言われる。とすれば、核軍縮が進めば進むほど米国の軍事的優位は高くなり、オバマ演説を裏読みすれば、米国の自信の表れとも受け取れる。

 日本人はどうして64年前の屈辱を忘れてしまったのだろう。米国の顔色ばかり見て、勝手に始めたイラクの戦争に軍を出し、洋上給油を続けて秋波を送っている。米国の会計基準に従うなど、米国スタンダードに金縛りになっている。

 日米同盟から離脱するという非現実的なことを言っているのではない。日本は独立国としての矜持を持たなければならないのだ。

 大昔のことを言って恐縮だが、聖徳太子の時代、当時の超大国であった中国に対し、「日出ずる処の天子」から「日没する処の天子」に書状を送り、中国の怒りを買った。しかも中国によって名付けられた「倭」から「日本」を名乗り、小さな島国がまぎれもなく独立国であることを内外に知らしめたのだ。

 遣隋使、遣唐使を送り、中国の文化や律令を学んだが、あくまでも日本の国のあり方にこだわり、国家を形成していった。日本には古来からの価値観や矜持、文化を持っているのだ。日本はいつから「キンタマ」をなくしたのか。女性には元からないので、蔑視ではない!

 米国が中国との関係を「G2」と言えば、それにあたふたする日本。クリントンの訪朝に「頭越し」と危機感を募らせる日本。アホかと言いたい。原爆を落とした米国は、自分勝手なそういう国なのだ。わが国は「惻隠の情」という人情豊かな思想を持ち続けてきたのだ。私は誇りに思う・・・。
スポンサーサイト
   12:05 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 アガタ・リョウ [URL] #-
 兄貴、感服致しました。日頃から、中学生にでもはっきり理解出来る文章を実践される貴ブログ・・・大切なものとは、譲っては為らない事の常識を、平易な文章で綴って下さる。感謝と尊敬の極みであります。自然体の知識人の典型的お人であります。
 愚弟は、日本人に生まれて来て良かったと、つくづく感じられた記事でありましたよ。
                兄貴・姉貴は、GOOよ~。
 2009.08.09 (日) 15:45 [Edit]
 タマモクロス [URL] #-
20年ほど前、198X年というアニメがありました。冷戦バリバリの時代に出来た映画ですが、その中にこんな言葉がありました。

「アメリカ人はリベラルで親切な人種だ。しかし相手に常に1歩引くことを要求する民族だ」と正にその通り!

つまりアメリカの正義とは、自分に都合の良い正義であり、客観的な正義ではないということですな・・・

そうすると、アメリカの正義とは、正義の無い力=暴力になりますね
まぁ、いつの時代も勝てば官軍ですので、正義とは勝者の詭弁かもしれませんね・・・

太平洋戦争を正当化するつもりは無いですが、東京裁判で東条英機が述べたことも一理有りますなぁ

そういう正義であれば、
己の国の利益という哲学しかありませんので、「同盟」も朝顔の花のごとく変わりますね・・・

より良い国をを造るのには何が必要なんでしょう?
ひまじん殿!衆議院立候補したら投票しますよ(笑
 2009.08.09 (日) 22:29 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
この暑い盛りに気温22℃ですか・・・。やはり森の夏は過ごしやすいんですね。
オバマの核廃絶、言う事はたいそう立派ですが、自らが2発もの原子爆弾を落とした日本に対して謝罪もしないうちに「おまえが言うな!!」と言いたい。
未だに「原爆のおかげで戦争が早く終わった」と言い張ってその意見を決して曲げない、偽善と詭弁の国アメリカは信用出来ないです。
もし、北が日本に襲いかかって来たとしてもアメリカは決して守ってはくれないでしょうね。
日本を守る国はやはり日本しかいない。独立国らしく備えをしておくべきだと私は思うんですが・・・。

お帰りなさい 2009.08.10 (月) 10:22 [Edit]
 まるまる [URL] #-
早いお帰りでしたね。
お目にかかれず残念でした。

面白い辛口ブログ。その通りですね。

今度はいつお帰りですか?
マゴマゴは可愛かったでしょ 2009.08.10 (月) 12:52 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ありがとうございます。でも、こういう文章はアガタさんの影響を受けているのですよ。ただ、永遠に白人女性は登場しませんが・・・。
アガタ・リョウさんへ 2009.08.11 (火) 19:01 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 清き1票、ありがとうございます。どこか欺瞞の有力政治家の選挙区に刺客として立候補しましょうか。
 ま、アメリカの正義はもうこれから通用しませんよね。大切な同盟国と言いながら、常任理事国入りを邪魔したのはまぎれもなくアメリカです。政治家よ、しっかりせよ言いたいです。
タマモクロスさんへ 2009.08.11 (火) 19:06 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 まさしく、おっしゃる通り、北からミサイルが飛んできてもなーんもしないでしょうね。核武装せよなんて言いませんが、政治家が毅然としなければ、なめられるだけですね。
 それに、次期戦闘機は国産にしなければならないと思いますよ。アメリカなんて、性能の悪い、しかもブラックボックスを付けたまま、高値で売り付ける。自国開発は色んな分野に技術を移転することも出来ますから。F22なんか、いらんわい!
亀丸さんへ 2009.08.11 (火) 19:14 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 見目麗しきご婦人にお会いできず、残念でした。やはり、下界は暑いですね。こちらは涼しいです。夜は寒いですね。次は、開場記念の時に帰ろうかなあと、迷っています。その時は、一緒に回りましょう。ただ、その頃は来客が多くて・・・。
まるまるさんへ 2009.08.11 (火) 19:19 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/324-1cdae00b
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR