森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 女房の友達が来た

  女房の友達2人がやって来た。彼女らは滋賀の自宅のご近所さんである。一人は控え目なAさん、もう一人はケラケラとよく笑うにぎやかなKさんで、まことに対照的なお人柄だ。

 このお二人、私たちがどんな所で暮らしているのか、興味があったらしい。自宅は新興住宅地の一角にあり、24年間も暮らしたのだから、私も女房も友人、知人は多い。彼女らにしてみれば、そんな滋賀を飛び出してしまったのだから不思議で仕方なかったのだろう。

 狭い山道を車で走ること30分。生石山頂上付近の高原に着くと、一気に視界が広がる。私たちの山小屋はその近くの森の中にあるのだが、Kさんの第一声は「ヒエーッ、えらい所やねえ」。予想を超える山奥にびっくりしたのだろう。

 女房は二人を連れてススキの穂が美しい高原を散策し、近くの清水温泉にも足を伸ばしツルツル、ヌルヌルの湯を楽しんでもらった。

 私は山小屋に残り、歓迎準備だ。夜はバーベキューなので、炭を熾す。寒くないよう焚き火もした。準備が整ったころ、湯で顔を赤らめた3人のご帰還である。

 まずは焚き火で串刺しのアユを焼く。強火の遠火でこんがりと。焼き上がるまでに時間がかかるので、先付けとしてアオリイカの刺身を食べてもらう。アユもイカも私が釣ったものだから、安上がりである。赤ワインも頂きもの。

 イカは甘く、好評だった。アユは22、3センチもある大きさだが、Kさんは「食べていいの?いいの?」と恐縮しながら5匹も平らげた。「おいしい」と言ってもらえば、釣り師としては本望なのだ。

 オンナ3人姦しい。私は控えめにその会話に耳を傾ける。家庭での主人の振る舞いが話題の中心だ。Aさんのご主人は大手電機メーカーを定年退職、今は読書三昧の日々らしいが、「家のことは何もしないのよ」という。

 Kさんのご主人は現役の大学教授だから、家事を手伝うことは無理だろうが、奥さんにしてみれば「何もしない」という考え方自体が我慢ならないらしい。

 さてわが家。女房は山小屋暮らしは「夫婦対等」を譲らない。だから私は朝ご飯を自分で作り、食器は台所に運ぶなど、こまごまと健気に手伝っているのだ。お二人にそんなことは言わなかったが、山奥での夫婦の暮らし方がそれとなく伝わっただろう。

 翌日、紀伊水道の美しい海、湯が塩っ辛い温泉などに案内した。お二人は「いい暮らしよねえ。滋賀のご近所に報告しておくわ」と言って帰っていった。「あの亭主関白のご主人、奥さんの尻に敷かれているわよ」などというヘンな噂が広がらねばいいのだが・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20090911082429.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090911082457.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20090911082541.jpg
スポンサーサイト
   08:31 | Comment:12 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 アガタ・リョウ [URL] #-
 へへへ。ですね。男と女は、兎角、話題の中身が違いますからね。役割分担をこなしても、口数と直情性に関しては、男族は、女族の足元にも及びません。それでも、お天道様は不憫に思し召して、男族に枯れの諦観をお与えに為ったのでしょうね。
 兄貴の理性が伝わらず、もうお一方には、苦言が呈されているんでしょうね。目に浮かびます。御同情申し上げまする。これも専守防衛の御代なんでしょうか・・・能ある鷹は、爪を隠すしか有りません。エッヘンと誇りにして下さい。
 2009.09.11 (金) 14:00 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
あ、鮎に串を打って焚き火で・・・。
一回やってみたいと思っていました。うまいんだろうなぁ、ゴクリ・・・。
家庭用コンロに付いてるグリルじゃ気分出ませんもんねぇ。
「夫婦対等」に同調してこまごまと健気に家事を手伝うひまじんさん、奥様は誇らしかったんじゃないですかね。
尻に敷かれてたっていいじゃないですか、夫婦円満が一番です。
 2009.09.11 (金) 17:07 [Edit]
 ぼっちゃん [URL] #-
ひまじんさん、こんにちは~。

お接待お疲れ様でした。
大役無事にこなされて、奥様から感謝の言葉があったと思います。
焚き火でアユの串刺しを焼くなど羨ましい限りです。
おそらく2人のご婦人さんも、ひまじんさん達の生活ぶりを見て羨ましく思っているのではないでしょうか。私もブログを見るたびに、そう思っています。

お疲れ様でした~(^。^)y-.。o○
お疲れ様でした~(^。^)y-.。o○ 2009.09.12 (土) 11:09 [Edit]
 マダム半世紀 [URL] #-
今の時代は・・・
尻に敷かれてる=優しい旦那さん=羨ましい
という、図式になります!
どうぞ、思う存分羨ましがらせてあげて下さいませ♪

美味しいイカと鮎も加わって、かなり羨ましかったでしょうね~ご友人お二人は。^^
こんばんわ~ 2009.09.13 (日) 01:34 [Edit]
先日は大勢でおじゃましてすいませんでした
私達のかわいい妹と姪っ子ちゃんです
う~ん素晴らしい場面ですね
生石に憧れる私達にとってはヨダレ ヨダレですよ
ところで颯爽とハンドルを握って生石にたどり着く日はまだ遠い話です
今朝も早起きして夫に横に乗ってもらい練習したのですが スネちゃうぐらいワ~ワ~言うのです・・・夫が・・・・・
ひまじんさんとニホンカモシカとが交わした視線は もう私達にはありえない位スネている私なのです
こんにちわ~ 2009.09.13 (日) 13:35 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 女性たちの会話はどうして家庭内問題が多いのでしょうか。しかも過去の事が多い。済んでしまったことを言っても、始まりません。その点、男の会話は前を向いています。えっへん。
アガタさんへ 2009.09.13 (日) 18:22 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 はい、尻に敷かれた振りして、好きな事をする。これが最善の道ですね。
 アユの串焼きは雰囲気がありますね。お客さんが来ると、こうして食べてもらいます。でも、自分たちが食べる時はガスコンロです。それほど味は変わりませんので・・・。
 この間、ボートを出したとき、エギで簡単にアオリイカの小さいのが数釣れました。いよいよ本番ですね。
亀丸さんへ 2009.09.13 (日) 18:28 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 確かに「いい暮らし」と言っていましたが、2、3日過ごすのと、ここで暮らすのは違いますね。多分、この奥さんたちは、すぐに都会が恋しくなるでしょう。山の暮らしは色々と忙しいのです・・・。
ぼっちゃん様へ 2009.09.13 (日) 18:31 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 尻に敷かれる・・・これは男の知恵なんです。なるべく争いを避けるために。
 うれしいことに、また来たいと言っていましたが、本心かどうかは分かりません。来てくれれば、いつでもウエルカムですが・・・。
マダム半世紀さんへ 2009.09.13 (日) 18:38 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 運転免許がとれて良かったですね。次第に運転に慣れてきますから、心配は無用です。
 ただし、旦那さんを横に乗せるのはいけません。ああしろ、こおしろとやかましく、正常な感覚が失われますからね。練習はお一人で・・・。
フォンのお母さんへ 2009.09.13 (日) 18:41 [Edit]
 まるまる [URL] #-
また、行きたくなってきた・・・・v-10
 2009.09.13 (日) 20:56 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 そうですか。行きたくなりましたか。ぜひ、どうぞ。ただ鮎はもう間もなく終わります。
まるまるさんへ 2009.09.15 (火) 18:34 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/336-4e266578
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR