森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 台風直撃、生きています

  みなさん、台風18号の被害はございませんか。まずは、お見舞いを申し上げます。
 さて、私たちが暮らすこちら紀伊半島の生石山。台風はほぼ直撃のコースでしたが、幸い夫婦ともども生存しております。怪我もしておりません。

 昨日はパソコンの前に座り、気象庁のホームページで台風情報を見続けた。進路の中心線は紀伊半島のど真ん中に引かれていて、こちらへ真っ直ぐ向かって来る。風速50メートルに加え、大雨が降る。台風に備えて対策を急がなければならない。

 あちこちに置いている植木鉢をコンテナに収め、濡れては困る物にはブルーシートをかぶせて縛る。薪の小屋は倒れないようつっかえ棒をする。すべての準備を終えた頃、女房が旅行から帰ってきた。こういう場合、女房はそれほど頼りにならないが、それでも一緒にいれば心強い。

 夕方から風雨が激しくなってきた。山小屋は大きな木々に囲まれており、葉がこすれ合う音が大きくなるばかりだ。裏の杉林からは、ギシ、ギシという不気味なが音が聞こえる。

 台風は未明に接近しそうだから、焼酎を多めに飲んで午後9時過ぎに床に就いた。しかし、次第に大きくなる風の音と、屋根にたたきつけられる雨音でなかなか寝付かれない。何度も起き出して外の様子を見る。

 午前2時ごろになると、頭上に台風が来たかのように山小屋が揺れるのだ。倒壊しないだろうか、大木が倒れてこないだろうか。そんな心配が尽きず、眠れたものでない。薪ストーブの前に身をかがめながら、ひたすら時間が過ぎるのを待った。

 女房は嵐の轟音渦巻くなか、高いびきである。寝顔を見つめながら、なんと幸せな人間か、きっと100まで生きるだろうなあと思った。泰然自若のかけらもないわが身が情けない。

 午前4時15分、電気が消えた。電線に木が倒れたのだろう。町中と違って、こんな山奥では修繕も後回しだろう。案の定、復旧したのは8時間も経ってからだった。

 明るくなって外を見回ると、前の道路はちぎれた葉っぱで絨毯のようになっている。積んでいた薪も崩れ、あちこちで木の枝が折れている。ポリタンクも吹き飛ばされて路上に転がっていた。

 どれも、被害というほどのものではなく、幸いだった。停電が続いてテレビが見られず、後で分かったことだが、台風の進路は夜半に少し右に振れ、潮の岬をかすめて知多半島あたりへ上陸したという。その周辺の人たちには気の毒だが、わが山小屋は予想進路通りだったらこの程度では済まなかっただろう。

 明日は晴天らしい。山小屋周辺の後片付けが忙しくなる。

vcm_s_kf_repr_468x351_20091008151809.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20091008151842.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20091008151953.jpg




スポンサーサイト
   15:23 | Comment:12 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 アガタ・リョウ [URL] #-
へへへ、姉貴は、いざとなったら兄貴に頼りきりなんでしょうね。日頃の頼るに足る信頼感が、根っこにあるんですよ。夫婦と云うのは、可笑しなもので、お互いが頼る・信頼する部分を分かち合って分担している関係だと思いますよ。兎も角、大事に至らなくて、良かったですね。
 2009.10.08 (木) 19:08 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
大きな被害も無く良かったですね。
私も激しい雨風の音で目が覚めて朝まで寝付けませんでした。
大阪でも木の枝が折れて散乱したり、自転車がひっくり返っていましたよ。
そういえば私が幼い頃、台風被害のニュースで洪水に流された家の映像を見て恐ろしく思い、それ以来台風が来ると聞くと何時もゴムボート(海水浴用の)を膨らませてその中で必ず寝ていました。
流石に竿までは積みませんでしたが・・・。
良かった良かった!! 2009.10.08 (木) 22:37 [Edit]
 まるまる [URL] #-
和歌山のニュースを聞いて心配していました。山小屋は揺れたでしょう。台風怖いv-12

こちらもなんとか無事でした。いつお帰りですか??
ご無事でなによりです。 2009.10.08 (木) 22:42 [Edit]
 ハカマ [URL] #-
6日に煙樹ヶ浜に来られたそうですね。今度来る時はお知らせください。
台風の大きな被害がなく良かったですね。
私の畑は壊滅状態ですが、何とか無事に生きています。
生石高原のススキを見に行こうと思っていましたが、この台風で行きそびれています。まだ見れるでしょうか?

生きています 2009.10.09 (金) 06:00 [Edit]
 釣りじいさん [URL] #-
ご無事で何より、終の棲家も被害が少なかったようで何より、奥様の高いびきも何より、にゃは!
えかった! 2009.10.09 (金) 08:46 [Edit]
 ぼっちゃん [URL] #-
ひまじんさん、大変な夜でしたね。
夜に来る台風は怖いですが、停電になるとテレビ、ラジオからの情報がなくなって不安倍増!でも何事もなくて良かったです。今朝はちょっとひんやりとした良い朝を迎えられたのではないでしょうか。
 2009.10.09 (金) 13:16 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 台風の時こそ、夫の存在感を見せるべきところですが、台風の直撃を免れ、見せ場がありませんでした。まあ、それで良かったですね。
 松本あたりはどうだったでしょうか。テレビでは飯田市の被害を伝えていましたが・・・。
アガタ・リョウさんへ 2009.10.09 (金) 18:01 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 大阪もかなり吹いたようですね。まさか、回転椅子付きのボートを膨らますことはなかったでしょうね。まあ、お互い、被害がなくてよかった。
 来週は所用で滋賀に帰るので、連休はボート釣りに行こうと思っています。ただ、少し波が高いのが心配です。
亀丸さんへ 2009.10.09 (金) 18:06 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 いやー、山小屋が揺れました。本当なんです。つぶれるかと思いましたよ。滋賀はどうだったのでしょう。甲賀の松が何本か倒れていたりして・・・。
 来週、用事で帰ります。また、電話しますね。
まるまるさんへ 2009.10.09 (金) 18:09 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 畑の大打撃を読みました。大変ですね。まあ、これも貴重な教訓ですね。
 生石高原のススキは、これから11月にかけて一層美しくなります。銀色の輝く草原をぜひ見に来て下さい。
ハカマさんへ 2009.10.09 (金) 18:12 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ご心配ありがとうございます。お母様は一進一退とか、大変ですね。
 女房の高いびきにはたまげました。きっと、旅の疲れでしょう。
釣りじいさん へ 2009.10.09 (金) 18:15 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 確かに、夜の台風は怖いですね。その上、停電ですからテレビの情報が入りません。ラジオをつけてみたら、壊れているし・・・。
 台風の間、蜜蜂はどうしているのでしょう。箱の中にじっとしているのでしょうね。
ぼっちゃん様へ 2009.10.09 (金) 18:20 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/349-37605a4b
 
 
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR