森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 新しい仲間・・・ブログのご縁で

  つたない当ブログを見てもらっているご夫婦が大阪にいらっしゃる。この夏、ご夫婦が突然私たちの山小屋を訪ねて来られた。ブログを読んで森の暮らしと生石山の自然環境に興味を持たれたのだという。趣味の木工が本職になりつつある「Sさん」である。

 それ以来、しばしば山小屋に来られ、家族同士の交流が深まっている。何回も足を運ぶうちに、「私たちもここに山小屋を持ちたい」という話に発展していった。実はSさん、生石山から数10キロ南の太平洋に面した所に別荘を構えており、ここを売って当地に移って来ようというのだ。
 
 あちこち物件を見て回った。いい場所は値段が高いし、安ければ断崖のような土地だった。最近になってSさんからいい物件が見つかったという連絡があり、一緒に見に行った。

 しばらく生石山を下り、細い脇道に入ると、突如としておしゃれなログハウスが現れた。コナラの大木に囲まれ、前には谷川が流れていた。まるで童話の絵本に出てくるようなたたずまいで、あたりは恐ろしいほど森閑としていた。

 この話はひとまず横に置いておこう。実はSさんから太平洋を望む例の別荘に招待されていたので、昨日、仲間のドイツ人ピーター、ファーマーMと私たち夫婦の4人でお邪魔した。

 別荘は山の頂上にあり、家の中からカントリーウエスタンの曲でも流れてきそうな雰囲気だ。前には青い太平洋が広がり、左手に白浜温泉の街並み、右手に日ノ岬が見える。確かに絶景ではあるが、別荘が密集しており、私には戸惑いを感じた。

 お昼、ローストビーフにフランスパンなど手作り料理をいただいた。運転手役の女房を除き、ビールやワインを飲んで盛り上がったとき、Sさんの携帯電話が鳴った。長い通話が終わるとSさんは満面に笑みを浮かべて言った。「たった今、生石山のログハウスの持ち主と話がまとまりました。来週、売買契約することになりました」。

 「ようこそ、生石山へ」--。私たちは拍手を送り、Sさん夫婦の仲間入りを祝った。

 Sさんがなぜ生石山にこだわるのか、分かるような気がする。なるほど海の見える家はいいけれど、都会の住宅地をそのまま移したような環境に違和感を感じているのだと思う。山は何より静かだし、はっきりした四季の移ろいがあり、どこか神秘的な空気も漂う。

 しばらくするとSさん夫婦がやって来る。デッキの修理や敷地の整備に忙しかろう。何より、寒いのでストーブの薪が必要だ。私たちには丸太のストックがあるので、薪を作ってやろうと思う。この静かな山に、陽気な仲間が加わるのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20091126071203.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20091126071233.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20091126071306.jpg


 
 
スポンサーサイト
   07:55 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 エコオヤジ [URL] #99DFA69w
元気そうでなによりです。
私達も生石山の魅力に誘われ1年になります。
セルフビルドで山小屋を建て現在は畑の製作中てすが時の経つのははやいですね。
生石山の良いところをもっと多くの人に知ってもらいたいですね。
 2009.11.26 (木) 10:10 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 山小屋はほぼ完成し、今度は畑作りですか。楽しみがどんどん広がっていますね。
 山小屋に来ると、結構忙しいと思います。私たちはもう15年になりますが、それでもやることがいっぱいあって、忙しいです。また、おいで下さい。
エコオヤジさんへ 2009.11.26 (木) 18:04 [Edit]
少し前までは生石の森に移り住めるなんて まだまだ先のことと思っていたのに 思わぬ出会いと生石の森のひまじん不動産(株)さんたちのおかげで 森の一員になる夢がかないました
それもまたお仲間のみなさんと一緒の時に連絡がきたことがビックリでした
これからも何かとお世話になりますが宜しくお願いします
昨日はありがとうございました 2009.11.26 (木) 21:30 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
ブログが取り持つ縁、素晴らしいですね。
ひまじんさんとの出会いが森の暮らしを身近に感じさせ、Sさんの背中を押したんでしょうね。
しかし、こんな立派な別荘をお持ちなんて羨ましいですね。
私なんて、マッチ箱の様な小さな家のローンで精一杯です。
ところで次の水曜日、ひまじんさんの都合さえ良ければ是非お付き合い下さい。
今のところ天気は大丈夫そうですが、さぁ、どうでしょう。
なんとか晴れて欲しいです!!
 2009.11.26 (木) 23:07 [Edit]
 ぼっちゃん [URL] #-
ひまじんさん、こんにちは~。

また山暮らしの仲間が増えましたね、広場での宴会が賑やかになる事でしょう。私も淡路島には時々に行くんですが、何時か和歌山県の生石にも行ってみたいです。
アオリイカのサイズが写真を見るたびに大きくなっていますね、見るたびにため息が出ます。皆さんが励ましてくれるのでなんとか続ける事が出来てます。少しプレッシャーもありますが、心は海に向いてます。来週は母の居る田舎に帰る予定です。親孝行をすれば良い事も・・・そういえば初めてアオリを釣った前の週にたしか田舎に帰ったんだ。親孝行して来ます。(*^。^*)
お仲間が・・・! 2009.11.27 (金) 11:20 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 いい物件で良かったですね。おじいちゃん、おばあちゃんが気に入ってくれればいいのですが・・・。冬はともかく、春になれば今とは違った雰囲気になり、素晴らしいと思います。谷川のせせらぎが羨ましい。
 こちらには、私たち管理人のような者がいっぱいいますので、安心して下さい。
フォンちゃんのママへ 2009.11.28 (土) 06:58 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 水曜日、もちろんですですよ。天気がいいといいんですが。ともかく、まずは1杯をものにしましょう。そうすれば、間違いなく熱中してしまうでしょう。
 女房に「下見」と言って、きのう行って来たのです。ボートです。結果は6杯。今日、ブログで書こうと思っています。釣果はともかく、ボートの威力を実感しました。
 コーヒー、うどん、楽しみにしています。
亀丸さんへ 2009.11.28 (土) 07:09 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 そうですよね、親孝行の後に釣れたのですね。今度もしっかり親孝行をしてイカをゲットして下さい。
 機会があれば、紀淡海峡を渡って和歌山に来て下さいよ。ここはアオリイカのメッカです。いつ行っても、ビニール袋をぶら下げたエギンガーがうようよいます。
ぼっちゃん様へ 2009.11.28 (土) 07:16 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/370-ad01fcdf
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR