森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

氷点下9度、水道が凍った

  先日、女房を娘のマンションに残し、私一人で山小屋に向かった。猛烈な寒気が日本列島をすっぽり覆っており、ここ和歌山も冷え込みが厳しい。まるでスケートリンクのようにツルツルの山道をゆっくりと上り、何とか標高800メートル余りの山小屋に辿りついた。玄関の寒暖計を見るとマイナス9度だ。

 室内は冷凍庫のようである。デッキの下から薪を運び、薪ストーブに放り込んで火を付ける。重さ100キロ近いこの鉄の塊が熱を放つまでに1時間も2時間もかかる。猛烈な寒さだが、それでも、都会で退屈な時間を過ごすより、山小屋の暮らしの方がいい。 

 少し体が温まったので、水道の元栓を開かなければならない。山小屋を離れる時は、水道管の破裂を避けるため水抜きをしておくのだ。元栓を開けると水は出たものの、どうも水圧が低い。嫌な予感がした。しばらくすると出なくなってしまった。最初はタンクからの配管にたまっていた水が出たのだろうが、おそらくタンクは空っぽのはずだ。さあ、大変だ。

 翌日、山の仲間に応援を頼み、湧水を汲み上げるポンプやタンクを調べた。案の定、タンクに水はない。ポンプは動いているので、どこかで配管が凍結していて詰まっているのだろうか。ここにはいくつもタンクがあり、最も高い所にあるこのタンクは、今のところわが家だけが使っている。気温がマイナス10度近くになると、時々こんなトラブルが起きるので困ったものだ。

 管理会社が水道屋さんやポンプの業者を呼んでくれることになったが、日中も氷点下なのでそう簡単には復旧しないだろう。しばらく水のない生活を強いられる。

 ご飯が炊けないので、もっぱら冷凍食品だ。朝は餅を焼き、昼はグラタンやピラフを電子レンジでチン。夜も電子レンジのお世話になる。缶詰や佃煮があるので、これで焼酎をチビリチビリ。流しには皿、箸、鍋、フライパンがどんどんたまるばかりである。

 一昨夜テレビを見ていると、大阪の高級料亭「吉兆」の店先に群がる報道陣が映し出されていた。間もなく、民主党幹事長の小沢さんが車で乗り付け、料亭の中に入った。2万円も3万円もする懐石料理を食べている小沢さんを思い浮かべてみる。

 床柱を背に坐る小沢さんの前に、八寸、刺身、椀物、焼き魚など吟味された料理が運ばれてくる。さて、そのお味はいかがだろうか。身辺に検察の捜査が迫り、風雲急を告げている。政治生命にかかわるかもしれない。おそらく、砂を噛むような思いで料理を口に運んだに違いない。

 こちらは同じころ、鯖の缶詰と塩昆布を肴に安物の焼酎を楽しんでいた。検察やお巡りさんの影に怯えることもないし、しばらく風呂に入っていないけれど、小沢さんより身辺はきれいだから、食べても飲んでもみな美味しい。

 その翌日には、元秘書の現職議員ら側近が逮捕され、小沢さんは追い詰められている。剛腕、恫喝が裏目に出たようだ。議員辞職を迫られる前に、ここは男らしく政界を引退してはどうか。希有の政治家として箔がつくし、日本のためにもなると思う。気楽に暮らせば、粗食でも、三度のご飯はおいしいですよ・・・。
スポンサーサイト
   09:17 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
水道、早く復旧するといいですね。
道の凍結にも気を付けて下さい。
私は悪い事はしていませんが、最近食事が喉を通りません。
会社で新たに辞令が下り、その役職へのプレッシャーや不安で精神的にまいっています。
酒を飲んでも全く酔いません。
でも、私は辞職を迫られない様に頑張ります。子供もまだ小さいので・・・。
 2010.01.16 (土) 16:39 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 なんとか、水は復旧しました。お湯も出るようになりましたが、風呂への配管が凍結しているのか、風呂に入れません。昨日は近くの温泉に行きました。
 文面からすると、昇進ですね。おめでとうございます。確かに責任は大きくなりますが、給料も上がるはずです。ご家族は大歓迎でしょう。サラリーマンである限り、階段を上り続けるのが理想でしょう。誰もが昇進できる訳ではありませんから・・・。
 プレッシャー、ストレスは釣りで解消して下さい。イカ1杯で明日からの活力が湧きますよ。
亀丸さんへ 2010.01.17 (日) 07:23 [Edit]
 アガタ・リョウ [URL] #-
 -9℃ですか。此方は、街場で-九度九分とありましたから、この辺りは、完全に-11~12℃だった筈です。散歩をしていても、本当に軟肌の顔が痛かったですよ。

 近日中に、焼酎の友・沢庵プレゼントします。兄貴、文句を言っちゃ駄目ですよ。男は、バリバリと黙って、沢庵を噛むでアリンスよ。
 2010.01.17 (日) 21:54 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 やはり信州は寒さが違いますね。寒風に顔が痛かった?それは嘘でしょう。あれほど豪快なブログを書き、怪しげな絵を描くアガタさんは、かなり面の皮が厚いと思っていたのですが・・・。当方は皮が薄いので痛い。
 沢庵、楽しみにしています。うん、男は黙ってサントリーですね。
アガタ・リョウさんへ 2010.01.18 (月) 09:03 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/392-e09d55ae
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR