森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

夢・・・森の五右衛門風呂

  4日ぶりに山小屋に帰って来た。大阪でも凍りつくような寒さだったが、今日は一転して暖かい。標高の高い山小屋でも外気は10度近くあった。三寒四温と言うには少し早いが、やがて、こうして春が近づいてくる。寒さもあと二か月の辛抱だろう。

 しばらく留守にしていたので家の中の温度計は5度と低く、寒い。さっそくストーブに火を入れ、体を温めるために風呂を沸かした。湯に浸かると、足の先がジンジンと痺れた。風呂場の空気は冷え冷えとしているので、顎まで浸かった。

 居候していた娘のマンションの風呂に入ったが、山小屋の風呂と違って湯船は倍ほどあるし、天井からは熱い空気が送り込まれて来る。ボタン一つでサウナにもなる。感心したり、驚いたりだった。風呂好き日本人に喜ばれる最新の風呂かもしれないが、古い人間の私にとっては、どうも落ち着かない。

 震えながら下着を脱ぎ、湯船にどっぷりと沈み込む。湯と空気の温度差が大きいので、もうもうと湯気が立ち上る。湯船が小さくても、この湯気がいいのだ。温風が降り注ぐ最新の風呂は湯気など立たないので、風呂の風情は今一つである。

 何年も前から山小屋の裏に露天風呂を作ろうと思い続けている。女房や子どもたちからも「早く作ってよ」と尻を叩かれているが、なかなか踏み切れない。風呂を作るようなノウハウを持ち合わせてないし、かなりの作業になるので億劫だ。

 温泉地のような石組みの露天風呂は大仕事だが、五右衛門風呂なら作れそうだ。ネットで調べてみると、様々な釜が売られている。五右衛門ファンが結構いるみたいだ。ただ、値段が高いので、知人に頼んで中古の釜を探している。

 釜を置く基礎を作り、その周りに耐熱煉瓦積み上げれば出来上がりだ。燃料の薪ならいくらでもあるし、水もタダ同然である。梢で遊ぶ野鳥や森の緑を眺めながらゆっくりと五右衛門風呂に浸かるのは、さぞ楽しいだろう。

 田舎の生家の風呂は、長い間、五右衛門だった。風呂を沸かすのは子どもの仕事で、薪をくべるのは面白かった。沸かしたての風呂は、湯船の鉄が熱く、体に触れないようにしなければならない。その上、体のバランスを崩すと底板が浮き上がってきて、おでこを打つようなこともあった。

 ああ、懐かしい。このように書いていると、五右衛門作りに走り出したい気分だ。しかし冷静に考えてみると、脱衣場は必要だし、女房のヌードを遮る囲いも作ってやらねばならぬだろう。そう思うとまた億劫になってくる。さて、今年中に五右衛門を楽しむことが出来るだろうか・・・。
スポンサーサイト
   08:50 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 エコ夫 [URL] #99DFA69w
 私の子供も頃も五右衛門風呂でした。各家の煙突から出る煙が懐かしいですね。
私のログの近くで最近露天風呂を自分で造った方がいます。
毎週1段、くる度に石を積んでいました。機会があれば見に行きますか?
お久しぶりです。 2010.02.09 (火) 10:18 [Edit]
 タマモクロス [URL] #-
>震えながら下着を脱ぎ、湯船にどっぷりと沈み込む

急激な温度変化によるヒートショックなどが心配ですが、
寒い→湯船へGOが至福の喜びでもあります
 2010.02.09 (火) 21:39 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
森の五右衛門風呂、いいですね~。
私はのぼせるので長風呂が苦手なんですが、冷たい空気を吸いながら入る露天風呂ならいつまでも入っていられます。
梢で遊ぶ野鳥や森の緑を眺めながらゆっくりと五右衛門風呂に浸かるなんて、考えただけで楽しくなります。
きっと、森の仲間やブログ友達が入りに来て、森の名所になりますね。
是非、頑張ってくださ~い!!


 2010.02.09 (火) 21:51 [Edit]
 お茶目 [URL] #-
五右衛門風呂懐かしいわぁ
煙の香りがなんともね
完成の暁には是非入らせてね

軽かったし底板が沈められず父と一緒に入っていましたが、今はひまじんさんの力をお借りしなくても大丈夫ですから
 2010.02.10 (水) 01:14 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 そうですか。五右衛門風呂を作っている人がいるのですね。ぜひ、見学して参考にしたいものです。
 どうななるか分かりませんが、もし完成したら、湯を使いに来て下さい。奥さん、覗いたりしませんから。
エコのご夫婦さんへ 2010.02.11 (木) 09:29 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 いやいや、ヒートショックで昇天するのは本望です。ポックリというのが苦しまなくていいですね。一番怖いのは、テトラの間に落ちて苦しむことです。お互い、気をつけましょうね。
タマモクロスさんへ 2010.02.11 (木) 09:35 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 完成したら入りに来て下さい。フリチンでも、見ているのはタヌキかリスくらいなものです。大声で歌っても、誰も聞いていません。
 月や星を眺めながら、湯船で一杯も乙なものですよ。
亀丸さんへ 2010.02.11 (木) 09:41 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ぜひ、ぜひ、来て下さい。お茶目さんはスマートなので、底板を抑え込むためには私も一緒に・・・。
 ゴルフ、やっていますか?寒いでしょうね。うまくなったでしょうね。私など、もう足元にも及びません。
お茶目さんへ 2010.02.11 (木) 09:47 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/403-389667ea
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR