一生安泰だ・・・薪の山

  私は今まで、何てアホな苦労をしてきたのかと思う。散歩の途中、薪になる丸太がないかキョロキョロする。関西電力の下請け業者が電線の邪魔になる木を伐りに来ると、その尻を追いかける。どこかで間伐作業をしていると聞けば駆け付ける。

 暖房用のストーブに使う薪は年間2000本以上も必要だ。女房も草木染めの煮出し用に多くの薪を使う。年中、丸太を集め、割って薪を作る。今年も4、5回は薪集めに行った。1年分の薪を確保するためには、体力はもちろんだが、女を口説くようなマメさ、情報を得た時の瞬発力と機敏さが必要なのだ。

 しかしこれからは、そんな苦労をすることもないだろう。とてつもない量の丸太が手に入ることになったのだ。薪不足の恐怖感から解放されることになるので、今は大店の旦那になった気分である。

 実は先日、私の山小屋に知り合いの農機具店の“おいやん”(和歌山弁でおじさんのこと)が遊びに来た。仲間のピーターたちにも声をかけ、コーヒーを飲みながら世間話をしていた。いつものことだが、薪集めの苦労が話題になった。

 すると“おいやん”は、「丸太?そんなもん、親戚の土木会社の空き地にいっぱいあるで~」と話し、後日、土木会社の社長を紹介してくれるというのだ。おー、宝の山ではないか。私たちは思わず目を合わせ、笑いを噛み殺した。

 3日後、途中で“おいやん”と合流し、仲間と一緒に丸太が山積みされているという場所に向かった。私たちが暮らす生石山から20分ほど走った所だ。脇道にはいってすぐの所に、山を削った大きな空き地があった。

 大袈裟ではなく、壮観だった。丸太が山と積まれている。カシ、シイ、クヌギ、スギ、ヒノキといった薪に最適な木ばかり。これらは、宅地造成や道路の拡幅工事のため伐られた木がここに集められているのだ。工事の度に運ばれて来るので、丸太の山が絶えることはない。

 土木会社の社長は、重機を使って丸太を積み上げていた。“おいやん”によると、腰が低く、太っ腹の人柄という。さっそく挨拶すると、「全部もらってもらえば有難い。こちらも処分に困っている。自由に出入りし、1本でも多く持ち帰ってほしい」というではないか。

 もう、死ぬまで薪の心配をする必要はなかろう。雑木林に転がっているチャチな丸太などフン!である。もう関西電力の下請け業者の後を追い、女の尻を追いかけるような真似をしなくてよい。この場所で、好きな時に、好きなだけ丸太を持ち帰ればいいのだ。

 降って湧いた夢のような話だ。このブログでは、これまで散々薪の話を取り上げてきたが、もうこれからは書くことはないと思う。われわれは富豪になったのだ。フッ、フッ、フッ・・・。ハッ、ハッ、ハッ・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100309073242.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100309073329.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100309073402.jpg


スポンサーサイト

コメント

すすすごい

すごい、大金持ちになりましたね。
羨ましいですね。
とうとう宝くじ当てましたね。

 いや~、これぞ壮観と云わずして、何と言いましょうぞ。しかも、20分の好条件。薪製造場所ですよ。声を掛け合ってバーベキューをしながら、お仲間との薪作り。これは、楽しくも、はかの行くお宝の山じぁありませんか!! 目出度し目出度しであります。遣ったね、兄貴!!

ひまじんさんの最後の高笑いで、「子供のヒーロー番組の敵方怪人」を思い出したのは・・・私だけでは無いはず。^^
思わず一緒に笑ってしまいましたがな~(爆

ロールプレイングゲーム風に言うと・・「ひまじんは宝の山を手に入れた」
って事ですね。^^
おめでとうございます!

捨てる神あれば拾う神あり。
なんという幸運!
これまでの苦労とのあまりの落差に、
そしてひまじんさんの悪役笑いに、
わたしが笑ってしまいました。

それにしても、年間2000本もの薪がいるだなんて。
薪ストーブに憧れるけど、
大変なご苦労もあるんですねー。

思わぬ僥倖に恵まれましたね。おめでとうございます。
ただ、これからは薪用の丸太に目の色を変えて探し回るひまじんさんの記事が読めないと思うと少し寂しいですが・・・。
私も思わぬ僥倖に恵まれました。
実は、私が勤める会社の社長が所有する33フィートの大型プレジャーボートを日曜日であれば自由に使っても良いと言われまして・・・。
早速2級船舶免許の申し込みをしました。
神戸のマリーナですので少し遠いですが、操船に慣れたらご夫婦でご招待しますね。
300馬力ですので、淡路島へもほんの15分ほどで着くそうですよ。

エコさんへ

 そうなんです、まさに宝くじに当たった気分です。豊かになりました。まだ持ち帰ってはいませんが。
エコさんも、来年の冬に備えて頑張って下さい。不足したら、取りに来て下さい。

アガタ・リョウさんへ

 今日、丸太を伐りに行く予定でしたが、朝から雪です。今も降り続いています。信州同様、こちらも寒いです。現在、氷点下2度。
 大金持ちになった気分ですが、問題はどこに積み上げるかです。もう、あちこち満杯なんです。と言いながら、含み笑いをしている「ひまじん」の顔が浮かんでくるでしょう?

マダム半世紀さんへ

 ありがとうございます。わが世の春です。笑って下さい。つまらないことで、一喜一憂しているのです。いい年をして・・・。
 慶事を祝って、マダムのようにピンクのブログに衣替えしようか。ついに、あいつも狂ったかと言われますね。

ちゃみさんへ

 お久しぶりです。コメントありがとうございます。
 そうなんです。年間2000本では足りません。10月から翌年5月までフル運転ですから。
 捨てる神あれば拾う神あり--とはうまいこと言いますね。まさにその通りです。

亀丸さんへ

 ヒェー、ヒェー、です。クルーザーとは何と羨ましい。しかし、ボート仲間が、富豪のボートに乗るのは少し寂しいです。クスン・・・。
 それにしても、社長の信頼は篤いのですね。出来の悪い社員に大切なボートを使わせたりしません。となれば、仕事の失敗も許されませんぞ!痛し痒しと言っては失礼かも。

おめでとうございます

これで生石高原の冬もハワイのように過ごせますね。
人と人のつながりは大切にということなんでしょう。それも、ひまじんさんの人徳というものなのでしょう。

あんこさんへ

 いえ、私には人徳なんてありませんよ。でも、丸太の山が手に入り、私たち山で暮らす仲間は大喜びです。ハワイのような暖かさは無理としても、思いっきりストーブに薪を入れられます。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR