森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

アカデミー賞「ザ・コーヴ」は真実か

  はっきり言って、この手の話に乗ってはいけないと思う。乗れば相手の思う壺である。しかし、話の舞台が私たちの住む和歌山なので、軽くジャブを出しておこう。

 米アカデミー賞のドキュメンタリー部門で賞をもらった「ザ・コーヴ」(入り江)のことだ。伝統的なクジラ漁で知られる和歌山県太地町を舞台に、イルカ漁の「実態なるもの」を撮影した作品だ。町当局の制止を無視し、湾内に隠しカメラを設置していたという。

 日本の調査捕鯨を執拗に妨害している環境保護団体?シー・シェパードと根っこは同じに見える。同団体の妨害は、明らかにテロである。しかし、この映画がドキュメンタリーに名を借りた映像によるテロまがいの行為だとしたら、権威ある賞にキズを付けることになるが、さてどうだろう。

 映画監督が自らの思想信条を表現するため、映画を作ることに何ら問題はない。真実を明らかにするため、隠し撮りも場合によっては許されてしかるべきだろう。イルカが血を流す場面もそれが現実のものであれば、映像化すればよい。

 しかし、ドキュメンタリーという分野は、そこに作為や悪意が入り込んではいけない。よくテレビで問題になる「やらせ」は、ある意図や作為があるから非難されるのだ。まして、意図を押し通すために事実を曲げることがあっては許されない。

 まだ日本では上映されていないので作品を見た訳ではないが、監督は受賞会見で「イルカの保護運動に弾みがつく。イルカを食肉用として虐殺してはいけない。水銀が多く含まれるイルカをクジラの肉として売っている」と述べている。

 イルカに関心を寄せるのはまことに結構なことで、保護運動に異論を差し挟むこともしない。ただ、アメリカ人だって偉そうなことは言えない。アメリカバト、旅行鳩とも言うが、北米に50億羽もいたのに、美味しいからと言って食べ尽くし、絶滅させてしまった。まだ100年ほど前のことである。

 そもそもわが国は、第5代将軍徳川綱吉様が「生類憐みの令」を出したほどだから、「殺生を慎む」ことに関して言えば先進国?なのだ。日本人はリンリンと鳴く鈴虫を殺したりしないし、その音色に「もののあわれ」を感じる感性豊かな国民性がある。「無用の殺生」もしない。

 この映画を支持する人たちに、食文化がどうのこうの言っても始まらないし、言えば疲れるだけだ。風俗や文化に貴賎はないし、それぞれの国や地域が長い年月を経て築き、根づかせてきた文化を分け隔てなく尊重するというのは、当たり前のことだろう。

 すぐれた作品は、人間の機微を照らし出し、場合によっては科学的根拠を示し、問題の背景を掘り下げ、公平な映像で表現しているものである。

 この作品では、なぜイルカを保護しなければならないか、なぜ食用として食べてはいけないか、イルカの肉をクジラと偽って売られていた事実があるのか、本当にイルカの体内に水銀が多く蓄積されているのか・・・など、きちんと納得できる説明がされているかがポイントだろう。

 伝統漁を続けている太地町の反発は大きいと聞く。その批判は、「イルカ保護」というストーリーがまずありきなのだとしている。日本の伝統や食文化について問答無用で切り込み、「イルカ殺すな」というだけの狭量な内容だったとしたら、ドキュメンタリーという名を辱しめるものだ。  

 映像や写真、ノンフィクションと銘打つ書籍の中には、これまで眉唾ものや虚偽のものまでかなりあったと思う。プロパガンダに利用されたものも多いだろう。

 問題は、この作品を権威あるアカデミー賞になぜ選んだかだ。新聞記事によると、選考委員は6000千人近い映画関係者で構成され、その投票によって決まるのだそうだ。真実に迫る映像が秀逸だったのだろうか。環境保護の新しい境地を開いているというのだろうか。

 まさか、クジラを捕獲する日本人を「野蛮」と決めつけ、イルカ漁と重ね合わせた訳ではあるまい。もしそれが、投票の動機につながっているとしたら、審査員の知性なんて大したことない。改めて、「寛容の精神」を重んじる日本人と欧米人の違いを思う・・・。
スポンサーサイト
   14:22 | Comment:5 | Trackback:1 | Top
 
 
Comment
 
 アガタ・リョウ [URL] #-
 お早う御座います。慣れぬ早起きで、これから寝ようと思っていたのですが、眠気が一気に飛んで行ってしまいました。
 
 仰る通りですね。他国の人達は、真に傍若無人の論調を張る物です。論を張ろうとすれば、論理の構築上、如何しても無理が生じます。有るがままの感情・伝統と云った物に人工物の論理のナイフを突き通し、都合の好い様に切り刻み続けます。
 兄貴の沢庵切り、イカ切りの筋・繊維・食感などお構い無しの自己論理で、バッサバッサの荒行を遣って退けてしまいます。何かあれば、統一ルールを声高に叫び、相手の主張には、ダブルスタンダードとか、論理の未熟などと、聞く耳持たぬの唯我独尊のゴリ押しを力で押し通す。

 そんな実態の中には他国に、教科書問題なんかを口実に、平気の平左で他国に、自国の論理を押し付けて来ます。それを戯け連中が、シタリ顔で『日本の常識は世界の非常識』などと、戯けた事をほざいて自虐の論理を吹聴してしまうのですから、全く以って、出鱈目・好い加減の沙汰であります。
 所・国変われば、そこには伝統の文化が根付いているのは、<当然の状態>であります。中国・韓国・朝鮮には、その国の国民的歴史観があって当然であります。それと同様に日本にも日本の国民的歴史観があるのも当然の話です。文化・歴史とは、そこで営々として長い時の揺り籠の中で培われて来た人間達の感情・感性・伝統と云った人生観をも内包されて居る物と考えられます。違って当たり前の事です。そして、主張するのも当たり前の事です。
 
 然し、此処で問題なのは、感情・伝統と云った非論理的な要素を払拭して、論理と云う人工物に拘泥し過ぎると、テロに発展してしまう危険性があると云う事です。

『寛容の精神』は、利害の論理の対立を調整するだけの人為的安全弁と云った底の薄さでは無いのであります。排他的一神教・多神教以上の自然崇拝的なヤオヨロズの神々への感謝の自然観・人生観に根差したものとの根本的違いだと感じている次第であります。

 人は、利害・論理・感情だけの隔絶された世界では生きられないのであります。感性と理性の調和を持って生きるべきであります。そして、論理の人工性の有限性を、確りと心に刻んで、行動と責任を取るべきでありまする。無用の唯我独尊的論理の振り翳し・振り回し程、反吐の出るものは有りませぬ。

 アッジャ~、これまた、長々と悪い癖が出てしまいました。兄貴御免!! 愚弟だから、何卒、賢兄の『寛容の精神』で、お納め下さい。へへへでありました。
 2010.03.11 (木) 10:24 [Edit]
 ぼっちゃん [URL] #-
ひまじんさんこんにちは~。ご無沙汰ですみません。

そちらは寒いでしょうね、もう少しですよ~。春は!
一生分の薪にありつけて良かったですね。今度は薪小屋を造らないといけないんじゃないですか、楽しみですね。(●^o^●)
もうそろそろ海にも行かれるのかな?こちらの南の方では、2k以上のアオリガ釣れてるようです。
私ももうちょっと暖かくなったら遠出して見ようと思っています。やりますよ~今年は・・(@_@。
もうそろそろですね、アオリイカ! 2010.03.11 (木) 17:03 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 長文の、長文のコメント、ありがとうございます。物の見方にこだわる熱意が伝わってきます。
 まあ、私の文章は減らず口であります。毀誉褒貶というほど大袈裟なものではありませんが、賛否は分かれるでしょうね。それを分かりながら、つい書いてしまう軽薄さは、御覧の通りです。
 しばらく、おとなしくしようかと・・・。
アガタ・リョウさんへ 2010.03.12 (金) 07:44 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 やはり、南国の四国はアオリの出現が早いですね。こちらは、4月下旬から大型の季節を迎えます。でも、なかなか釣れません。昨年春は0でした。さあこれからです。大型をゲットして下さい。
ぼっちゃんさんへ 2010.03.12 (金) 07:48 [Edit]
 アガタ・リョウ [URL] #-
 兄貴・・・へへへ。トラックバックに導かれて、読みました読みました。大量な投稿数で、しかと堪能しました。オオ~、猛烈~。イッヒッヒ~。お疲れざんした~。
 2010.03.12 (金) 22:10 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/415-51f30f5c
すしに鯨肉、米で起訴 ザ・コーヴのスタッフが情報提供 ‎1 時間前‎ 日本のイルカ漁を告発し、米アカデミー賞を受賞した映画「ザ・コーヴ」の制作スタッフが、店で出された肉を持ち出して鑑定に出したのがきっかけになった。 米メディアによると...
2010.03.11 14:00
 
 
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR