生石高原に春を呼ぶ山焼き

vcm_s_kf_repr_468x351_20100328113737.jpg


  今日は生石高原の山焼きの日である。予定では先週の日曜日に行われることになっていたが、強風と雨で順延されていた。ススキの芽吹きを促し、害虫を駆除する山焼きは、本格的な春の訪れ実感させてくれる恒例の行事だ。

 点火式の前、地元の青年らによる太鼓の連打があり、気分を盛り上げる。午前10時、ススキの草原に火が放たれると、みるみるオレンジ色の炎が地を這うように広がった。次第に火が強まり、炎がちぎれて天を舞う。「ゴーッ」「バチバチ」と響く音はなかなかの迫力があり、見物に訪れた人たちから歓声が上がった。

 昼前、NPO「大草原保存会」がぜんざいを観光客に無料で振舞ってくれる。女房は食べたいと言って聞かなかったが、余りにも寒いので早々に引き揚げた。それに、昼は山の空き地で仲間らとバーベキューをすることになっている。

 冬の間、寒さの厳しい生石山は静まり返っているが、山焼きの頃から別荘を持つ人たちが山を上がって来る。バーベキューはこうした人たちとの再会の場でもある。いよいよ春の幕開けだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100328113826.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100328113914.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100328114003.jpg

スポンサーサイト

コメント

いよいよ山焼きのシーズンですね。
ひまじんさんのブログに初めて出会ったのも昨年の山焼きの記事でした。
今日なんかはまだまだ寒かったですが、釣りもそろそろシーズンインですね。
4月中はボート免許を取ったり、父の法事で田舎へ帰ったりと忙しいので、私の本格的な釣りはゴールデンウィーク頃からです。
プレジャーでの釣りがメインになりそうですが・・・。
釣りネタが増えそうなので、私もひまじんさんにならってブログを始めてみようかなと考えています。

はじめまして!
今日は同じ空間を共有したみたいですね。
私は、3枚目の一番右端のカメラを見ているヤツです。
この山焼き、私は初めて見たのですが、午前午後ともクライマックスにとても感動を覚えました。
こんなに苦労して山焼きを行ってくれた皆さんに感謝しつつ、来年の新芽から穂に期待したいと思います。

 おお、モーレツの感ですね。炎の火勢と色が好いですね。
 遼原の火計を想像しながら、些か興奮して居る次第であります。幾ら、高見の見物でも、熱いでしょうね。眉毛がチリチリして、頬がピリピリしないんですかね。
 生石高原にナウマンゾウも追い立てられて、火を付けられたら膨大なチャーシュー保存食と為るんでしょうね。若しかしたら、原始の時代には、何人もの諸葛亮公明さんがいらしゃったのでしょうね。イッヒッヒ!!

亀丸さんへ

 プレジャーボートとは言ってくれますね。クーッ、悔しい。さぞや、タイなどの大物が釣れるでしょうね。また、乗せて。
 ブログはぜひ始めて下さい。楽しみです。まあ、私は2馬力ボートでその辺をウロチョロするだけの釣りですが。

yukiyaさんへ

 訪問していただきありがとうございます。
 ブログを拝見しました。なんという素晴らしい写真の数々でしょう。もう息を飲みました。同じ山焼きでも、私の写真と比べると、月とスッポンですね。見事な炎に拍手、拍手・・・。
 腕の差はどうしようもありませんが、山の生活を書いていますので、お暇な時にのぞいて下さい。

アガタ・リョウさんへ

 おはようございます。雪を見ながらブログを書いて、いまアップしたところです。
 山焼きの火を見て、原始から受け継ぐ血が騒ぎました。薪ストーブの炎に執着するのもそのDNAのせいでしょうね。

昨日はお会いできてうれしかったです。ぜんざいの続報ですが、十一時過ぎには配り始めたそうです。私も食べたかったのですが・・・・・奥様によろしくお伝えくださいませ。

エコの奥さんへ

 お会いできてよかったです。月曜日から雪が降り、今も積もったままです。ただ、今日あたりから暖かくなりそうですので、すぐに消えるでしょう。2週間もすれば色々と山菜が採れるので、来て下さいよ。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR