森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

連休の山小屋はにぎわう

  ゴールデンウィークは今日で終わり。期間を通じて日和は良く、暖かだった。ここ生石高原にもたくさんの人が来て、山菜採り、キャンプ、散策などを楽しんでいた。別荘からは子供や孫たちのはしゃぐ声が聞こえ、にぎやかだった。連休が終わると潮が引くように人影が消え、生石山は静かな森に戻る。

 私たちが暮らす山小屋にも訪問者が相次いだ。まずは、女房の兄たちが泊りがけでゴルフにやって来た。私も久し振りに2日連続のゴルフを付き合った。泥縄で練習した割にはまずまずのスコアだった。

 夜は今が旬の山菜料理を食べてもらった。ヤマブキの佃煮、スカンポのキンピラ風煮付け、ワラビの卵とじ、山ウドやタラの芽の天麩羅とフルコースである。お世辞も半分あるだろうが、好評だった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090029.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090127.jpg

 その翌日には息子夫婦と孫が遊びに来てくれた。このような山奥までご苦労なことだ。私たち夫婦に孫を見せる「義務」を心得ているのだろう。男の初孫は生後1年3か月。まだ危なげだが、歩くことが出来るようになっている。表情も豊かになり、仕草がかわいい。

 翌日は、生石高原のなだらかな斜面でソリを滑らせ、孫にスリルを味あわせた。息子に抱かれて生石ケ峰(870メートル)の頂上にも連れて行った。もう少し大きくなったらしばらく山小屋で預かり、自然を体験させてやりたい。きっと、心の成長にプラスになるだろう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090225.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090301.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090548.jpg

 息子夫婦が1泊して帰ると、今度は大阪の亀丸さんから釣りのお誘いだ。朝5時、由良湾の漁港で合流し、それぞれがボートを出した。連休中とあって、あちこちに釣りのボートが浮かんでいた。しかし、釣果ははかばかしくないようだ。まだ水温が安定せず、魚の活性が低い。

 波が静かだったのでかなり沖合までボートを走らせたが、ガシラ、小鯛など10数匹の貧果だった。亀丸さんに「今夜は山小屋に泊まって行かないか?」と水を向けると、魚より食いつきが良く、一緒に酒を飲むことにした。亀丸さんは当方のブログを熱心に読んでくれていて、ブログに書いている私たちの暮らしぶりを見てみたかったらしい。

 冷凍保存しておいた鮎やアオリイカ、山菜、焼き肉などを食べながら痛飲した。私は途中で床についたが、亀丸さんは女房と話しながら夜遅くまで飲み続けた。朝起きると、「途中から記憶がありませんわ」と頭をかいていた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090351.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100505090431.jpg

 彼が帰ると、昼は山の仲間と天麩羅パーティーだ。仲間の一人に山菜名人がいて、いつも中国の人民帽のような帽子をかむっている。毛沢東率いる農民兵士のようないでたちだ。山ウド、ワラビなど山菜の秘密の場所を知っていて、どっさり採って来た。これを天麩羅にして熱々を食べるのだ。

 今朝も天麩羅の油が口の中にまとわりついている。連休中、少々食べ過ぎたし、酒量も上がり気味だった。これからはどちらも控えよう。生石山の緑は日に日に緑を増している。野鳥のさえずりを聞きながら、静かにゆっくりとした時間を過ごしたい。
スポンサーサイト
   09:06 | Comment:3 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
先日はすっかりご馳走になり、ありがとうございました。
囲炉裏で焼く鮎、ガシラ、お肉など、どれも美味しくてつい調子に乗って飲み過ぎてしまいました。失礼しました。
気ままで自由に暮らせる一方、日頃は寂しいのではと思っていましたが、山小屋の前を通るトラックや車がことごとくクラクションをならして手を振って通り過ぎて行く様を見ると、都会よりもよっぽど地域の人々が深く繋がっているんだなぁと実感しました。
私も将来はこのような暮らしができるように頑張らねば・・・。
カラッとした森の過ごしやすさに比べ、うだるような暑さのここ大阪からコメントを書いています。
本当に有り難うございました。
森の暮らしは思ったとおりの素晴らしさでした。 2010.05.05 (水) 18:11 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 由良湾の釣り、お疲れ様でした。まだ水温が低く、あと半月ほどすれば良くなるのではないでしょうか。その頃、お出かけ下さい。
 私たちの山小屋暮らしはいかがでしたか。たいしたおもてなし出来なかったのが、少し残念です。山の幸、海、川の幸ばかりですが、今回に懲りずにまた泊に来て下さい。女房も「お待ちしています」・・・と。
亀丸さんへ 2010.05.06 (木) 08:02 [Edit]
 こうた丸 [URL] #-
おじいちゃん!おばあちゃん!
とっても楽しい休日をありがとう。
大きくなったら釣りに連れて行ってね。こうた丸に乗って♪

 2010.05.07 (金) 19:14 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/444-56974e1b
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR