女房の新しい恋人・・・草刈り機!

  私たちが暮らす標高800メートル余りの生石高原は、里山より少し遅れて今が新緑の真っ盛りだ。若葉はむせ返るような匂いを発散させ、森には命の鼓動が満ち溢れている。野鳥のさえずりもにぎやかになり、ウグイスの鳴き声で目覚めることもある。

vcm_s_kf_repr_351x468_20100526204504.jpg

 女房の畑も活気づいてきた。エンドウの白い花が咲き始め、ジャガイモ、玉ネギは大きく育っている。ホウレンソウ、セロリ、ラディシュなどはすでに食卓に乗っている。昨日はキュウリとトマトの苗を植えた。これから様々な野菜が育ち、食事を豊かにしてくれるだろう。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100526204549.jpg


 畑は、山小屋の敷地と、約200メートル離れた知人の別荘地の一角にある。別荘地の畑は知人の好意で借りているので、せめてものお礼として年に何回か敷地の草刈りをさせてもらっている。

 敷地の草はかなり伸び始めており、そろそろ草刈りをしなければならない。作業は草刈り機を使うので私の仕事になっているのだ。以前は刃の付いた円盤を回していたが、今はナイロンか何かのロープを回してなぎ倒す方式にしているので、作業がはかどるようになった。

 女性でも簡単に扱えるので、女房に「やってみるか?」と言ってみたが、「女に危ない作業をやらせるなんて、どういう神経しているの?」と取り合わない。「まあ、そう言わずにちょっとだけ」と草刈り機を首にかけてやると、おっかなびっくり、草を刈り始めた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100526204636.jpg

 次第に要領が分かって来たのか、「結構面白いねえ」と夢中になっている。「もう代わろう」と言っても聞かず、カラオケでマイクを独占するのに似ているではないか。

vcm_s_kf_repr_351x468_20100526204723.jpg
       ↑ 刈った草が飛び散り、こうなった

 午前9時ごろから正午まで刈り続け、一応作業は終わった。女房は、お昼を挟んで2時ごろから再び草刈り機を持って出て行った。様子を見に行くと、広場のそばにあるお大師さんの祠やゴミ捨て場の周辺を刈っている。

 これで終わりかと思っていたら、今度は山小屋に引返し、前の道路、さらには敷地へと作業を広げるのだ。正直言って、私より作業は丁寧だし、なかなか機械の扱いも上手だ。夕闇が迫る6時半、やっと山小屋に帰って来た。午前、午後合わせて7時間余りもエンジンを回していたことになる。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100526204819.jpg
      ↑ 夕闇が迫る中、ウッドデッキの下を刈っている。暗いのでフラッシュをたいた

 いやはや、女房はすっかり草刈り機に取りつかれてしまった。そんな姿を見ていて少し背筋が寒くなった。それほど面白いものなのか、性格が一途なのか・・・。これ、女の怖い一面かもしれない。

 まあ、私にしてみれば草刈りは面倒な作業だから、これからは女房が喜んでやってくれるだろう。万々歳なのだ。しかし、不意に悪魔がささやいた。「草刈り機がよその男でなくて良かったね」。 な、なんてことを・・・。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは~~。

おはようございます。

山暮らしには避けられない仕事の一つですね、この草刈り機はヒモですから安全で女性でも出来ますね、木や石があってもドンドン進んで刈ってしまいます。私も田舎に帰った時は良くやります。厚めで長めの前掛け(エプロン)をするといいですよ。ヒモはあまり出さないほうが(20センチ位)いいかも。お節介な事行ってすみません、もう分かってますよね。

処で、アユ釣りはもう解禁ですが行かれましたか?楽しみですね~、私も今年は行きますよ~肱川へ。こちらは6月1日が解禁日ですが~今年は雨が多くて解禁日にはとてもじゃないが川入りできる状態じゃないです。アユの太りもまだまだですから本格的には7月からですね。
楽しみが又増えました~~(*^。^*)

これからの季節、野菜の成長が楽しみですね。ここ播磨地方では、キヌサヤは終わり、ナスビ、トマト、キュウリを妻の実家の畑で植えました。女性って、専業主婦から解放されると、今まで知らなかった一面が出ますよね。^^私の妻も、長い間喘息で苦しんでいたのですが、ある時、何らかのきっかけでアロマの世界を知り、今では数々の資格を取り小さなお店を開き、先生の片腕として家事をほったらかしで、講師の仕事やボランティア活動に専念してます。女房とは言え、今まで全く知らなかった一面を見せてくれ、今では気楽な独身生活の再現となりました。

 兄貴、お早う御座います。読みながら、姉貴のお人柄を大いに誉め讃え様と、コメントがウキウキして居たのでありまするが・・・最後の一行で、吹き出してしまいまして・・・

 はい、何を打とうとしていたか、完全に不意打ちを喰らって、失念の爆笑で御座いました。参りました。好いですねぇ~。とほほ。

な、7時間もですか・・・。
釣りをされる様子を書いた記事を見ても、奥様はかなりのめり込む性質なんですね。
ホント、よその男でなくて良かったですねぇ~。
草刈りしてもらった分、美味しい鮎を鱈腹食べさせて奥様孝行してくださ~い。e-348

ぼっちゃん様へ

 初の鮎釣りに行ってきました。29日のブログで書きました。
 こちら有田川の本流は水位も高く、濁っています。あと4、5日すると川も落ち着いてくると思います。
 遡上の時期に雨が多く、肱川も今年は鮎が多いのではないでしょうか。楽しみですね。ブログを楽しみにしていますよ。
 

たかたん さんへ

 へー、奥様がアロマのお店を開いておられるのですね。行動的で、相当なやり手のようですね。女性の方が決断力、勇気があるかもしれません。
 確かに奥さんがお店にかかりっきりになると、亭主は気楽ですね。大いに羽を伸ばして下さい。

アガタ・リョウさんへ

 なんですか?この寒さ。朝は7度ですよ。信州はもっと寒いでしょうね。
 昨日は鮎釣りに行きましたが、震え上がりました。風邪をひくのではないかと心配しましたが、今現在、元気です。
 セーターを着込み、ストーブの前に座る日々でございます。

亀丸さんへ

 オンナは怖いですよ。釣りばかりに行っていると、奥様がひょっとして・・・。ご用心あそばせ。
 天候の急変でボートを引き返した記事を読みました。サラリーマンは休日に合わせて釣りをしますが、ひまじんは天候に合わせて釣りが出来ます。
 早くイカ釣りに行きたいのですが、海は荒れていますねえ。来週後半にチャレンジです。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR