森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

コメンテーターは何だ! 鳩山総理の演説で・・・

  今日は、わが山小屋に一挙7人ものお客が来る。ご一行は、私たち夫婦の山暮らしを見てみたいという人たちだ。鮎の塩焼きやバーベキューでもてなそうと、山小屋裏で焚き火をしたり、炭を熾したりしていた。

 すると、家の中でテレビを見ていた女房が叫んでいる。「鳩山さんが辞職したよ~」。当然だろうなあと思った。また女房が呼んでいる。「これから辞任の演説があるわよ~」としつこい。渋々テレビの前に座って拝聴したが、予想通りの内容だった。

 民放テレビの女性司会者は「いい演説でした。これを聞いて鳩山さんのおっしゃって来たことが良く分かりました」と感極まっていた。彼女はジャーナリストでも評論家でもないので、目くじらを立てるのは大人げないかもしれない。

 しかし、次に発言したコメンテーターの一言で血が逆流した。彼は鳥越某というジャーナリストである。何と言ったか。「名演説だと思います」。ジャーナリストたるもの、演説直後の生々しい感情を口にしていいのだろうか。一度その言葉を飲み込み、演説の本質、鳩山さんの真意を語るべきだと思う。

 余りにも思慮が浅いではないか。鳩山さんの演説が「名演説」に値するかどうかは、その背景や中身を吟味しなければならないし、評価に長い時間がかかるかもしれない。彼が民主党支持者なら別だが、視聴者はジャーナリストとしてのコメントを期待しているのだ。こんなコメントなら、太鼓持ち、はたまたテレビ芸者ではないか。

 私は名演説などとは思わないが、しかし鳥越某に対するような怒りも覚えない。風呂の中でオナラをするような音にしか聞こえないのだ。鳩山さんは辞任の理由を二つ挙げた。社民党を政権離脱に追い込んだ普天間基地の移設問題、二つ目は政治とカネの問題だ。はい、ごもっともとしか言いようがない。

 普天間移設は自ら5月末の期限を設け、解決するために「職を賭す」と明言した。沖縄や徳之島の人たちに反対の火を付け、油を注いだ。米国との合意はまるで見通しがない。社民党の離脱は政権発足当時から分かり切っていたこと。まさに失政であり、辞職は当然だろう。

 これはまことに正しい判断である。しかし、政治とカネを辞任理由の一つにしたのは詭弁だ。彼はかねてから秘書の法律違反は議員の責任で、その場合「バッジを外す」とまで言っていたのだ。国民の多くは「今更なんだ。遅すぎる」と思っているに違いない。

 小沢幹事長に頭が上がらなかったので、この際、一撃を加えようとしたのか。参院選への配慮なのか。どちらにしても、自分だけが辞職するのは口惜しいという思いが、心のどこかにあったのだと思う。

 鳩山さんは辞職したので、これ以上つべこべ言わない。傷口に塩を塗ったり、水に落ちた犬をたたいたりするようなことは性に合わない。いろいろあったけれで、ご苦労様でした。細川元首相のように、心穏やかに土でも捻ったらどうか。

 ただし、ジャーナリストぶったり、評論家ぶったりする怪しげな文化人がテレビで軽率なことを言ってもらいたくない。何百万、何千万の人たちが見ているし、彼らのコメントに左右される人もいるのだ。視聴者によって淘汰されるかもしれないが、彼らは政治家のように自分の言動に責任を問われることはないのだ・・・。 

 
スポンサーサイト
   20:24 | Comment:10 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
昨日の、ひまじんさんのブログの後に、森にくらすとしながらも、するどく時勢を見透かしてる眼力に驚きました。長くはない政権とは思ってましたが的確でした。私も含め、あまり事態が飲みこめてない国民を あおり立てるような報道姿勢のマスコミの責任も大きいと僕は感じてます。このように短期で国の代表がコロコロと変わること自体が、国際的な信用失墜にもなりけねないのでは?などと感じたりします。また、この程度の人物しか我が国の代表あるいは議員として選べない国民自身の恥でもあると感じます。
★山小屋に来られたお客様と、楽しい時間を過ごして下さい。^^
 2010.06.02 (水) 23:07 [Edit]
 リリィ [URL] #GCA3nAmE
マスコミも情報を集めるのに必死だし 何かの伝手をいつも探してます。
警察出身や元政治家でマスコミに登場するのは、現役の時から賄賂をもらってたのが多く それがわかり辞めさせられテレビの警察ドラマの演技指導やってテレビに名前が出てるのもいます。
自民党政権のときは、基地問題や少子化については、一言もでなく民主党に任せるような事態にしてるし 私の方の田舎でも 戦後のアメリカからの進駐軍でまわりは、相当な迷惑でいなくなってよかったと 大正生まれや昭和一桁生まれの人の名文句でした。
敗戦国だからという言葉がマスコミは、ほとんど言わないし言ってるのも一部のジャーナリストだけで 鹿児島の奄美群島の人は、戦後しばらくアメリカ領土の時は、アメリカが病院も作ってくれなく 病気したときに内地まで来るのに大変だったそうです。
アメリカ軍の基地が出来るのは、日本人は、ほとんど歓迎しないでしょう。
基地が出来ると基地に土地を貸してる人は、基地で雇用されたり特権がありますけど 他の人には、ありません。
 2010.06.03 (木) 08:36 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 いつも好意に満ちたコメントをいただき、有難いことです。感謝しています。
 本当に首相がコロコロ交代する日本の政治はおかしいですね。要するに、本物の政治家がいないのでしょうね。それに、有権者の問題も大きいと思います。ひょっとしたら、日本に小選挙区制はなじまないのではないでしょうか。
たかたん さんへ 2010.06.03 (木) 19:02 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 連日のコメント、有難うございます。
 米軍基地問題は難しくて、私の手に負えません。安全保障も同じです。日本が米軍に頼らなくて済むならいいですが、すると膨大なお金が必要になり、憲法解釈も変えなければなりません。うーん、難しい。
リリィ さんへ 2010.06.03 (木) 19:12 [Edit]
 リリィ [URL] #GCA3nAmE
日本に駐留してるアメリカ軍の給料を聞いたら 一桁多いのではという給料で アメリカでは、軍に入ると日本を希望する軍人が多いそうで何年か職務につくと大学に行けるとか色々な特典があります。
アメリカ軍の駐留費も 日本の負担だし自衛隊を大きくしたらいいのにと思います。
防衛庁から防衛省にしたら予算面や領海領空侵犯にもすぐに対応出来るし自衛隊の火力練習が毎年 富士でありますけど 期限間近の爆薬を使うんですけど 昨年は、過去最大だったそうです。
私は、普通の主婦ですけど色々な人に会うことが多く 裏話も色々聞きます。
 2010.06.03 (木) 20:06 [Edit]
 ジジィ [URL] #-
しかし、日本国中、文句ばかりですね。誰がやっても不可能が気がして来ました。中国共産党なみの権力でないと無理ですね。日本が敗戦国であるという視点が抜けてますわ。
 2010.06.04 (金) 11:49 [Edit]
 リリィ [URL] #GCA3nAmE
戦後 駐留軍が オンリーや強姦で生まれた子供や親を戦災で亡くしたが赤ちゃんポストの病院の前進の子供ホームには、400人以上いたそうで 施設に携わってた人は、365日徹夜で子供の面倒を見てたそうでお手洗いの世話も大変だったそうです。
施設で携わってた人も今は、老齢化で残り少なく 関係の修道院に小冊子で残ってるくらいです。
マスコミが敗戦国のことは、言わないし 敗戦国のときの条約の公開もいまだにありません。
4年間で4回も総理が変わり 国家権力も無いものと同然です。
 2010.06.05 (土) 09:51 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 敗戦国・・・。確かにこの視点はあらゆる事に通じると思います。沖縄の米軍基地も、原点は敗戦でしょうね。逆に、敗戦をバネに豊かにもなりました。あれから65年。まだまだ乗り越えなければならないことが多いと思います。
ジジィ さんへ 2010.06.06 (日) 07:30 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 重ね重ねのコメント、有難うございます。
 私たちの世代は、敗戦直後のことをほとんど知りません。多くの人が荒廃した社会を建て直すため頑張ったのでしょうね。
リリィ さんへ 2010.06.06 (日) 07:37 [Edit]
 ジジィ [URL] #-
鳩山さんの一番いけないのは、ユートピアみたいな話で、甘過ぎますわ。日本や中国の間で熾烈な情報戦が戦いがありますのに。上海で日本の大使館の人間がハニートラップにはまって自殺してますのに。
 2010.06.06 (日) 12:00 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/458-9147d63e
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR