ササユリ泥棒・・・パトカーが殺到

  滅多にパトカーが通ることのないここ生石山に、サイレンをうならせながら5台ものパトカーが次々やって来た。警官6、7人が道端にいた年配の男2人を取り囲み、乗用車のトランクを開けさせた。

 もしこの騒ぎをテレビが放映すると、レポーターが「トランクからとんでもないもの出てきました!」とか言って長いCMが流れる。リモコンを投げつけたくなるようなテレビの手法に腹を立てていたので、思わず皮肉の一つも言いたくなった。

 さて、トランクの中から何が・・・。球根もろとも掘り起こしたササユリが50株ほど隠されていたのだ。2人組は和歌山市内から盗みに来ていたという。山野草のマニアか、それとも売る目的なのか。どちらにしても、生石山の中腹より上は県立自然公園に指定されており、草花を盗んではいけない。

 挙動不審のこの男たちを目撃したのは、知人の女性だ。朝の7時半ごろ車で通りかかると、鍬のようなものを持って山の斜面にはり付いていていた。車の中には掘られたササユリがあり、知り合いを通じて警察に通報してもらったという。

 2人組は警察に連れて行かれ、調書をとられた。生石山にはササユリなど希少植物が多く自生しており、こうした不届き者は後を絶たない。大きな声では言えないが、身近にも意外とそんな人が多くいて、苦々しく思っている。

 「手に取るな やはり野におけ レンゲ草」--。そんな句を引くまでもなく、野に咲く花は、野にあってこそ美しい。山野草を掘り起こし、自宅の庭に植えたがるのは、山野草の本当の美しさを知らない単なるマニアと呼ぶべきだろう。

 私たち夫婦が暮らす山小屋の敷地では、今、ササユリが咲き競っている。40株ほどあるが、1本たりとも盗んできたものはない。種が地面に落ち、6年、7年の長い年月を経て美しい花を咲かせているのだ。下草を刈り、巻きついた蔓を外し、日当たりを良くしてきたので、年々株が増え続けている。

 当ブログでは毎度お馴染のササユリだが、恥ずかしながら下手な写真をアップしてみた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100701115258.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20100701113709.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20100701113752.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20100701113841.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20100701115159.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100701113949.jpg

   ↓ これは毎年10輪ほどの花を咲かせ、いつも道行く人が立ち止まって見てくれる
vcm_s_kf_repr_468x351_20100701114126.jpg

   ↓ 薪を積んだこんな薄暗い場所にも花を付けた
vcm_s_kf_repr_468x351_20100701114221.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

本当に、ふとどき者が後をたたないですね。(-_-メ)
山野草って、字の通りに山野にあるから綺麗でその価値があるのに。。。
自生してる所に行って見るだけでは満足出来ない人達が多い見たいですね。マニアって怖いです。
それにしても、朝早くからちょっとした刺激的な事件でしたね。捕まってよかったです。ついでに、実名入りで大きく報道されたらいいのに。^^トランクから出て来たユリはどうなんるんでしょうか?山に戻されたらいいのに。^^
警察に通報された勇気あるご近所の女性の方に拍手パチパチです。
自生してる所の下草を狩って世話をすると、ユリがのびのびと成長するんですね。これからが楽しみですね^^

 兄貴、読みましたよ。へへ、兄貴のこのササユリの写真、ぼんやりの時間に相応しい写真ですね。有難う御座いました。
 兄貴の御尊顔を想像しながら、ニヤニヤして読んじゃいました。

たかたん さんへ

 多分、ササユリはマニアに売るのだと思います。罰則を厳しくして対応するしかありません。
 生石高原は、以前、いたるところに咲いていましたが、今ではちらほらです。観光客が花を折って持ち帰るので、球根が腐って絶えてしまいます。NPOが見回りを始めようと相談しているそうです。

アガタ・リョウ さんへ

 「ぼんやりの時間」、もう読んだのですか。速いですね。
 私は本をまとめ買いしてきましたので、「ぼんやり」を読むのはまだまだ先になりそうです。今は、長編小説を読んでは居眠り、少し読んで居眠りを繰り返しています。
 ま、ぼんやりは長生きの秘訣・・・。互いに毎日ぼんやりしましょう。

驚きました

泥棒が捕まって胸がスカッとする反面、後味が悪いですね…。
共同の庭から桜やバラをちぎってくる砂漠人も、やめさせないと e-350
バランスの問題だとも思いますけど。貴重なササユリを根こそぎとるのは×ですね。

自生するササユリに囲まれて、本当にうらやましい環境ですね。
でも、こんな輩がひまじんさんの敷地内にもやって来ないとも限りません。
用心してください。
この泥棒は確信犯ですが、訪れる観光客の中には悪気なく、ただ綺麗だからといってササユリを摘んで持って帰る人も少なくないでしょう。
困ったものですね。

kumoki  さんへ

 桜やバラをちょっと失敬するのと、今回のササユリ泥棒とは全然違います。球根ごと盗むので、その土地からササユリが消えてしまいます。そのよな人間があちこちに出没すると、いずれ大変なことになります。
 あのー、砂漠人さんが手にするバラは、kumoki さんへのプレゼント?

亀丸さんへ

 確かに美しいので、観光客がつい持って帰ることも多いそうですよ。
でも、球根ごと盗むのは単なるマニアではなく、売るのが目的でしょうね。
 2時間前、鮎釣りから帰って来たばかりです。水が高く、釣りにくかったです。たった8匹です。しょぼく、これで酒を飲みます。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR