鮎釣り・・・突然の豪雨で逃げ帰る

  このところ、はっきりしない天気が続いている。晴れ間がのぞいたと思ったら、ざーっと雨が降って来る。どっちつかずのこういう天気には閉口する。

 きのうの朝、南の空が明るかったので雨は降るまいと思い、鮎釣りに行った。すでに午前10時を回っており、遅い出発だ。有田川は連日の雨で水位が高い。本流はあきらめ、支流の五村川に向かった。

 好きなポイントが空いていたので、ここの川岸に下りた。川底の石はキツネ色に光っていた。鮎が石に付いた珪藻を削ぎ落とすように繰り返し食べるので、石が磨かれて光っているのだ。鮎がたくさんいるに違いない。

 オトリ鮎を大きな石の周りに誘導して泳がせる。しかし、期待に反して鮎は掛って来ない。天気も期待を裏切り、半時間ほどすると、雨が降り出した。次第に雨足が強まり、釣りどころではない。橋の下に雨宿りし、恨めしげに黒い空を見上げる。

 1時間近くするとやっと小降りになったので、100メートルほど上流に場所変わりした。対岸に樹木が覆いかぶさり、糸が絡まりそうになる厄介なポイントだ。それだけに、釣り人は竿を出したがらない。穴場になっている可能性がある。

 案の定、オトリを泳がせると、一発で掛ってきた。顔は小さく、肩が力士のように盛り上がっている。魚体は黄色く、黒い背びれは手からこぼれるほど長い。河口から遡上してきた海産鮎だ。20センチ近くある。

 これをオトリにして送り出すと、対岸でギラッと光り、掛り鮎とオトリの2匹がもつれるように下流へ走った。この鮎もよく肥え、姿が美しい。夢中で6匹釣った。再び降りだした激しい雨が背中をしたたり落ちる。もうやっておれない。

 いったん川から上がり、車の中でパンをかじりながら雨が止むのを待った。しかし雨の勢いは増すばかりだ。バケツをひっくり返すとはこのことだろう。待つのは辛いもので、再び雨に打たれながら川に立った。荒瀬で2匹掛けたところで、次第に水かさが上がって来た。

 流されでもしたら命が危ない。渋々、竿を収めることにした。釣果は8匹だったが、いい鮎なので納得した。今晩のおかずにも、これで十分だ。数年前までは、20匹、30匹釣らないと不満だった。それにしても、随分満足度のハードルが下がったものだと思う。年のせいか、分別が身についてきたのか・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100707191401.jpg
スポンサーサイト

コメント

短時間で9匹って、すごいですね。
でも、ここの所の雨の影響で川の水嵩が増えてますから、気をつけて釣りを楽しんで下さいね。と、僕に言われるまでもないですか。^^
天気予報では、今週末辺りから雨が続きそうです。超ベテランだとは思いますが、気をつけてください。
生石高原アップ始めました。^^
今日は、晴れていたので滋賀県の烏丸半島の蓮を目当てに行きましたが、まだ早かったようです。また出直します。水の植物園では睡蓮の花が咲き誇ってました。
ふと思ったのですが、イワナ、ヤマメ類のフライ、毛鉤は、なさらないのでしょうか??僕はできませんが、なぜか鱒系の魚が大好きです。などと個人的好みですが。^^
琵琶湖博物館で、ビワマスにうっとりしてきました。^^

 へへへ、釣の臨場感と云いましょうか、兄貴の心情を写した雨の臨場感が、そこはかとなく漂う文章空間ですね。釣を描いて、雨を写す。流石に、プロの文章ですね。
 此方は、暑かった日中も、夜の涼風運ぶ小部屋と為りました。さて、妄想散歩に行って参ります。

ゲリラ豪雨が各地で頻発してるみたいですのでお気をつけて。
私も昨日は播磨灘へ蛸釣りに出かけましたが、昼過ぎに納竿してベタ凪の海にボートを走らせて帰ってたら、途中明石海峡大橋を越えたあたりから天候が急変して大荒れになりました。
視界が悪く、波はフロントガラスを洗い、横波を船首に受けてまっすぐに走らない・・・。
33フィートのボートが木の葉のようでホント怖かった・・・。
今の時期、こんな天候の急変が海でもしばしばあります。
釈迦に説法でしょうが、お互い気をつけましょう。
ひまじんさん一人の体じゃないですからね。

たかたん さんへ

 滋賀県の烏丸半島の蓮を見に行かれたのですね。私の自宅からそう遠くはなく、よく行きましたよ。湖岸の道路は景色が良く、気持ちがいいと思います。
 私は毛バリ、フライはやりません。でも鱒系は好きです。特に琵琶マスは姿が美しく、味もいいですね。先日、養殖が出来るようになったと報じていました。

アガタ・リョウ さんへ

 想像してみて下さい。大粒の雨に打たれながら、釣れもしない鮎をしつこく追う姿。薄くなった頭に水がしたたり、全身ずぶ濡れ・・・。情けない年寄りです。
 でも、まだやる気があるので、気丈ですかな?

亀丸 さんへ

 天候が急変して大変でしたね。私はまだ経験がありません。天気予報をチェックしても、そういうことがあるのでしょうね。
 はい、川では気を付けます。もしものことがあれば、友人のヤマガラが悲しみますからね。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR