ハエに翻弄されて・・・

  昨日は、山が滑り落ちそうな大雨だった。今日もしつくこ雨が降り続いている。ずっと山小屋の中で陰鬱な時間を過ごしているのだが、気持ちを一層苛立たせているのは室内に入り込んだ1匹のハエである。

 雨の日は、山小屋の居間に置いている回転式の座椅子に座り、足を投げ出しながら他愛もない小説を読む。普段は20分ほど読んで眠り、また読んでまどろむという繰り返しなのだ。しかし今日は、身辺をハエが飛び回り、厚かましくも顔や手足に止まったりするので、本を読むどころではない。

 新聞紙を片手に、これではたき落してやろうと、むきになっている。ハエが止まると新聞紙を構えるが、気配を察知して飛び去ってしまうのだ。しかし、またやって来る。今度は新聞紙を低く構えてビシッとはたくのだが、あざ笑うように身をかわす。

 女房も殺気立っている。「そっちに行った!」 「あほ、お前の頭に止まっているがな!」・・・。二人で追い回し、バシッ、バシッを繰り返している。笑い事ではない。たった1匹のハエに、大の大人が何時間も翻弄されているのだ。「プゥーン」という羽音が何と憎たらしいことか!

 そうだ、このハエのことをブログに書こうと、パソコンに向かった。すると今度は開いた液晶パネルの上をチョロチョロと這っている。遊ばれていると思うと、ますます腹が立って来る。

 妙案はないものか・・・。思いを巡らせるていると、いい方法を考えついた。鮎釣りの網があるので、これを上からかぶせれば生け捕りに出来るではないか。網に入ったハエは、ゆっくり、ゆっくりいたぶり、恨みを晴らせばよい。

 しかし、昆虫採取のように網を振り回すのだが、これもうまくいかない。湯呑茶碗などの上に止まるので、勢いよくかぶせることが出来ないのだ。平らな床に止まればいいが、敵もさる者、そうはうまくいかない。かぶせてもわずかな隙間から逃げてしまう。もはや、万策尽きた。

 ああ、昔は良かったとつくづく思った。「ハエ獲り紙」と言ったかどうか忘れたが、ロール状の粘着紙を引っ張り出し、食卓の上に吊るしておくと、これにくっ付いてもだえ死ぬ。1日で何十匹も獲れ、威力抜群だった。後は焚き火で燃やし、火葬にしてやるのだ。

 ハエ叩きという絶妙の道具もあった。4、50センチの柄の先に、葉書ほどの大きさの網が付いていて、バシッと叩く。スナップを利かせると、ハエが逃げるスピードより速く、イチコロだった。今ではスプレー式など新兵器が売られているが、粘着紙、ハエ叩きを凌ぐような優れ物はなかろう。

 たった1匹のハエだが、気になると余計気になり、気が立ってくる。座禅を組み、無我の境地を求める高僧だって、思わず手で払うだろう。飛ぶハエを箸でつまむという剣豪の話を読んだこともあるが、あれは絶対ウソだと思う。

 ハエを追い払いながら書き連ねた馬鹿げたブログも最後の1行だが、今もわがもの顔で飛び回っている。おのれ! ええ加減にせぃ! 胃が破れそうになるほど腹を立てている・・・。
スポンサーサイト

コメント

 いやはや、嫌蠅ですね。兄貴は不本意で有りましょうが、如何やら、私どもは兄弟の様でありまする。昨日の母の一言が、大傑作でした。
 テレビを見ながら、小さな蚊にムキに為って、手でパチンパチンと遣って追い掛けるんですが、空振りの連続です。老眼故に、テレビと憎き小蚊との遠近の切り替えが鈍く、間合いが好く取れないのです。スピードが蚊を制すとばかりに、馬鹿の力任せの拝み打ちですから、空振りすると掌がジンジンして痛いのであります。おのれ!!と熱く為るのですが、小さな蚊は、一瞬にして背景に雲隠れで有ります。

「お前、頭を剃って毛が無いから、頭を刺されないのかい?」云われて見ると、何故か刺されないのに、気付いて大笑いで、母の部屋を辞した次第でありました。蚊っ蚊すると、刺されなくても痛く為る物ですね。イッヒッヒ!!

ちょっと待って!!!

ダメですよ、安易に殺しちゃ!
ひょっとするとそのハエは、釣りじいさんが姿を変えて会いにきたのかもしれません e-203

昨日は、これを読み笑いました。
笑いながら、うんうんとのコメントも失礼と思いましたが、やはり今日
も、笑ってしまいました。
あの沈着冷静な ひまじんさんを想像してこのユーモアタップリの日記を楽しみました。
本当に、こんなことあります。「おのれ、このハエめ」などと思うことあります。
それで、そのハエとの結果がどうなったか?やはり退治できたんでしょうか?それが気になります。^^
蝿取り紙も、懐かしいですね。子供の頃は台所や縁側にぶら下げてて、よく僕が捕まりました。^^

ひまじんさん、鮎釣りの網を持ってハエを・・・。
想像しただけで笑えてきます。
鮎名人がそんなものに網使っちゃだめですよ。(笑)
ハエたたきはその点、理にかなった一品でしたよね。
ハエを捕らえるに丁度良く、またゲーム性もある優れものでした。
今は見かけませんねぇ。

かつらぎ町に来てもうじき3カ月になります
印南も思いもかけず気に入ってくださった人がいて引越しを2回すると本当に大変でした

ハエは印南でもこちらに来てからも悩みの種です
早速買ったのが電気でビリビリとやっつける卓球のラケット形の物
次はハエとり紙 あまりハエは捕れずに人間が引っ付いて却下
最後にはえたたきに落ち着きました
 
ハエの退治については年老いた両親も必死で取り組みます
あのあざ笑うようにギリギリまで逃げず 余裕の様子に腹を立てながら
追い回し はえたたきを持ち ハエを退治せんとする姿は剣士のようでもあります

車の運転 毎日頑張っています
青い車は満身創痍で恥ずかしいボロ車になってしまいました

いまもはえたたきはありますよ。
我が家には5本もあります。

夫がすぐに手が届くようにあちこちに置いているのです。見苦しいったらありゃしない。

ゴキブリをたたくのにもすぐれものだけど・・・・

こんどプレゼントしましょうか??

アガタ・リョウ さんへ

 ハエより、蚊の方が嫌ですね。山小屋にも時々入り込んできて、美味しくもない私の血を吸っています。
 スキンヘッドに蚊は止まりませんか?ビビっているのかもしれませんね。それとも、頭が堅くて針が刺さらない?

kumok さんへ

 そうですね、釣りじいさんが会いに来てくれたのかもしれません。
 じいさんが亡くなって間もなく初盆ですね。今も思うのですが、どうしてあんなことになったのか。ブログの笑顔の写真が思い出されます。

たかたん さんへ

 沈着冷静なんかではありませんよ。まるで子供のようにカッカしております。必死の形相を他人が見たら、抱腹絶倒でしょうね。
 実はブログを書いた翌日、鮎の網でついに捕まえました。この達成感といったら・・・。

亀丸 さんへ

 うーん、鮎をキャッチするよりはるかに難しいですね。でも、翌日、捕まえましたよ。バンザーイです。
 鮎釣りに行きたいのですが、水位が高く、石の苔も飛んでしまい、待機中です。今秋半ばには何とか出撃できそうですが、釣果は期待できません。海も波が高いし・・・。

フォンのママ  さんへ

 お久しぶりです。お元気で何よりです。印南の家が売れて良かったですね。大阪と印南の2回の引っ越しは大変だったでしょう。まだお若いから出来ることだと思いますよ。
 かつらぎの新しい生活はいかがですか?また、生石山に来て、近況を教えて下さい。鮎を釣ってお待ちしていますよ。
 

まるまるさんへ

 ハエ叩き、1本、ほしーい!やっぱ、ハエはこれに限りますね。ホームセンターで売っているのでしょうか?
 先日、大津に帰りました。クールにも少し顔を見せ、先生の元気な顔を見て安心しました。
 会報の件で、甲賀にも行きました。やる気はなかったのですが、プロが回ろうとしつこいので、ワンラウンド。はい、89点でした。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR