森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

満身創痍の薪ストーブ・・・別れが近い

  下界は暑いらしい・・・。こういう言い方は、いかにも意地の悪いセリフである。まして、熱中症で何人も死んでいるというのに不謹慎かもしれない。しかし申し訳ないが、こちら生石高原は暑さが苦にならないし、朝夕はセーターが恋しくなるほど涼しい。夜は窓を閉め切り、布団をかぶって眠っている。

 このように自慢めいたことが書けるのは今のうちだ。秋は足早にやって来て、10月に入れば薪ストーブに火を入れなければならない。12月ともなると雪がちらつき、何か月も冷凍庫の中にいるような生活が続くのだ。

 昨日、寒くなる秋に備えて薪ストーブの煙突掃除をした。高所恐怖症なので屋根に上るのはまっぴらだ。以前、女房に上がらせて掃除をしているところを仲間のピーターに見つかり、「危ない作業は奥さんにやらせている」という話を言いふらされた。面目丸つぶれだった。

 以来、女房を屋根には上らせず、ストーブのダンパーという排煙口からブラシを突っ込み、下から上に掃除をするようになった。半年分の煤の塊がバラバラと大量に落ちてくる。バケツに半分くらいの量になった。

 このストーブは16年も使い続けているので、あちこち傷みが出ている。鋳鉄製の本体と煙突のつなぎ目に隙間が出来、毎年耐火セメントで塞いでいる。この部分のセメントを剥がすと、何としたことか、煙突に沿って1センチ近い隙間がぐるりと広がっているのだ。

 ショックは大きかった。機嫌よく薪を燃やしてくれるし、使い込んだいい味が出ている。出来ることなら修理して使い続けたいが、こんなに大きな穴を溶接で埋めたとしても、長く使い続けることが出来るか疑問だ。

 この薪ストーブを設置してもらった大阪の専門店に電話すると、「もう寿命かもしれません。この際、買い換えましょうよ」と、あっさり言ってくれるではないか。ストーブは、アメリカのダッチウエストにしても、ノルウエーのヨツールにしても30万円前後はする。取り付け費を加えると、かなりの値段になる。

 新品に買い替えるとすると、まずは財布を握る女房との折衝が大変である。車のガソリン代までケチケチする女房が、そうやすやすと首を縦に振る訳がない。しかも、そんな大金があるとは思えない。買い替えを説得するためにはまず、ストーブの痛ましい姿を見せることだ。

 「えーっ、ひどいねえ」と女房もびっくりしている。「あのー、新しくするしかないよねえ」と恐る恐る切りだすと、「そうねえ、薪ストーブがなければ、山小屋で暮らせないしね。お金の事はゆっくり考えましょう」。おおー、太っ腹! 実際の腹回りよりも、うんと太いぞ!

 ストーブの購入計画は、追々報告しようと思う。まずは途中経過・・・。最後に、ブログを訪ねて下さる皆さんに、暑中お見舞い申し上げます。日中は外出をお控えされますように。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100724164043.jpg

vcm_s_kf_repr_351x468_20100724164125.jpg


 
スポンサーサイト
   16:48 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
薪ストーブと聞くと、なんとなくロマンチックな感じがして憧れます。標高のある高原では、やはり今から冬に備えての準備が必要なのが大変そうです。ストーブの買い替え奥様が、納得されよかったです。
なぜか僕も、わくわくします。
余談ですが、やはり我が家の妻も腹回りが成長しまして。。。。。。。 かなり見事になってきました。^^
そお言いながら、自分もですが。

 2010.07.25 (日) 10:03 [Edit]
 あんこ [URL] #YY3ad/52
なんとか補修しながら使えないのですかね。
使い込んだいい感じが出ているのですが。
写真だけ見ていると溶接でいけそうに思いますが、臨時収入もあったことですからね。
痛々しい 2010.07.25 (日) 19:22 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
大抵の物は新しい方が良いですが、この薪ストーブに関してはあの年季の入り方が格好良かったんですがね。
山小屋の主のような存在感がありました。
でも奥様が買い替えに賛成されたのも、薪ストーブのあの心地よい暖かさを、もう生活の一部として欠かせないものとして感じていらっしゃるんでしょうね。
 2010.07.26 (月) 20:44 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 昨年は9月にストーブを焚きました。寒さは足早にやって来ます。
 女房が薪ストーブの購入に賛成してくれて、ほっとしています。山小屋では、石油ストーブは似合いませんし、何しろ火力が違いますからね。
たかたん さんへ 2010.07.27 (火) 18:33 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 うーん、どうも修理は難しそうです。もし、修理が不完全で、火が吹きだしたらたいへんです。愛着はありますが・・・。
 はい、臨時収入を足しにして、新しいものにしようと思っています。購入計画の報告に期待して下さい。
あんこ さんへ 2010.07.27 (火) 18:37 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 武骨な形が気に入っているのですがねえ。買い替えのストーブは、やはり同じダッチウエストにしようかと思っています。
 薪ストーブは性能を優先したいのですが、形も大きな要素です。イカ釣りのついでに、見に来て下さい。
亀丸 さんへ 2010.07.27 (火) 18:41 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/485-8dd23fd1
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR