森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

薪ストーブ選びは迷路に・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_20100801131048.jpg

  薪ストーブのメンテナンスをしていて、煙突の取り付け部分に大きな亀裂が見つかり、もはや修理不能のようである。このストーブを設置してもらった大阪の業者に連絡したところ、「16年も使っているのだから寿命ですな」と言われ、この際、買い替えするよう奨められた。

 薪ストーブのない山小屋生活は考えられない。10月に入ると、薪を燃やし続けなければ寒くて仕方がないし、厳冬期は日中も氷点下になる。薪ストーブは24時間運転できるので、寝ている間も暖かい。鋳鉄の塊が放つ熱は遠赤外線の効果か、体の芯まで温まる。

 だから今は、買い替えを真剣に考えている。毎日、毎日、パソコンの前に座り、ネットで調べまくっているのだが、なかなか結論が出ない。専門メーカーは世界に7社も8社もあり、代理店のホームページには製品のいいことばかりが書かれていて、迷路に入り込んでしまった。

 薪ストーブは家具のようなものだから、姿、形も重要な選択の要素だ。炎の美しさが楽しめる機種も見逃せない。もう一つは燃焼効率だ。つまり、薪からどのくらいの熱を引き出す機能が備えられているかである。  

 燃焼方式は大きく二つに分かれている。薪を燃やした1次燃焼の熱を触媒を通して2次燃焼させる方法。もう一つは、触媒を使わずに効率的な燃焼をめざすクリーン・バーンという方式がある。近年は後者が主流になっているが、どちらも一長一短があって難しい。

 まずクリーン・バーンは薪がたくさんいるし、油断していると高熱になり過ぎる。しかし、ガラス越しに見える炎がまるでオーロラのように美しい。触媒方式は構造が複雑でメンテナンスが面倒なうえ、触媒を4、5年ごとに取り換えなければならない。半面、薪の消費量が少なくて済むし、長時間運転に向いている。

 さて、どちらにするか。結局は、生活スタイルに合うストーブを選ばなければならないだろう。週末だけストーブを焚くのと、年間を通じて主暖房器具として使う場合とは大きな違いがある。つまり、燃費である。よく車を利用する人がハイブリッド車を買うのと同じように、薪が少なくて済むのは大きな魅力なのだ。

 寒いわが山小屋では、年間、直径10センチほどの薪を3000本近く使っている。クリーン・バーンは触媒方式より3割ほど多く薪が必要と言われているので、1年で7、800本ほど薪を余分に燃やす計算になる。将来、よぼよぼになれば薪をたくさん作るのは苦痛になるだろう。

 それを考えると、下の写真のダッチウエスト社(アメリカ)のFA265・ラージコンベクションヒーター(38万8500円)に心が傾く。

vcm_s_kf_repr_160x200_20100801131140.jpg

 しかし、下のヨツール社(ノルウエー)のF400(45万1500円)という機種も捨て難い。クリーン・バーン方式で、薪はたくさんいるが、姿が美しいのだ。海、波、海図をイメージした窓のデザインにうっとりする。薪は食うが、頑張って作ればいいと思ってしまう。

vcm_s_kf_repr_160x200.jpg

 もちろん、これ以外にも素晴らしいストーブがたくさんあるが、迷っていてもキリがない。ストーブを焚く季節はすぐそこまで迫っているのだ。ああ、どうしよう・・・。あっ、その前に、お金の算段も・・・。
スポンサーサイト
   13:12 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
薪ストーブ選びも、いよいよ大詰めになってる様子ですね。
山小屋=薪ストーブって、本当に似合うと思います。でも、値段が、凄いです。
冬には日中でも零下世界なんですね。。寒いを通り過ぎそうな感じがします。
ひまじんさんの御眼鏡にかなった、いいのが見つかるといいですね。^^
 2010.08.01 (日) 16:43 [Edit]
実用性重視か、ロマン重視か悩みますね。
どちらも値段が値段だけに素晴らしいものですね。
ただ、実際にあの薪のストックの量を目の当たりにした私としては、燃費効率で選ばれたほうがと思ってしまいます。
いずれにしても楽しみな悩みで結構ですね。
また拝見に伺いたいです。
う~ん・・・。 2010.08.01 (日) 18:06 [Edit]
 エコ [URL] #99DFA69w
お久しぶりです。
我が家は、週末だけなので中国製のクリーンバン方式の2次燃焼です。
後ろからゆらゆら燃える炎がたまりません。
冬にになればお酒のつまみになります。
あれこれ悩んでいろいろ調べている時が一番楽しいですね。
2棟目のログ建築始めました。又見に来てください。
奥様にもよろしく。
 2010.08.02 (月) 07:51 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 ストーブ選びは大詰めですが、なかなか決まりません。確かに値段は高いですが、安いものだと厳しい冬を過ごすことが出来ないのです。
 石油ストーブでは雰囲気はありませんし、灯油代も馬鹿になりませんからねえ。
たかたん さんへ 2010.08.03 (火) 20:24 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 実用、ロマン、どちらも追い求めています。でも、最後は厳しい冬を乗り切るために、暖かさを優先しなければなりません。
 思わぬ出費で頭を抱えていますが、ま、楽しみもあります。ストーブが入れば、一度見に来て下さい。
亀丸さんへ 2010.08.03 (火) 20:28 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 週末だけなら中国製で十分でしょう。私たちは11月に入れば4月まで24時間運転ですから、それなりの機種を選ばなければなりません。
 ゲストハウスの建築は進んでいますか?馬力がありますねえ。一度見学に伺おうと思っています。
エコ夫婦さんへ 2010.08.03 (火) 20:31 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/487-c55ce79a
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR