森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

イノシシに敗北する人々・・・

  Mという団塊世代の男性は、生石山の森に暮らす私たちの仲間である。働いている奥さんを大阪に残し、一人で気ままに暮らしている。畑を耕すのが生き甲斐のようで、山小屋の前に100坪の土地を借り、さまざまな野菜を栽培している。仲間とバーベキューをしたり鍋を囲んだりする時は、彼が野菜を持って来てくれるので、有難い。

 その彼が肩を落としているのだ。一昨日、ゴミ置き場に行く途中立ち寄ると、開口一番、「イノシシにやられた!」と大きな声を上げた。あとひと月ほどで収穫する予定だったサツマイモを食い荒らされたのだ。「全滅や」・・・。そう語る鬼瓦のような顔に悔しさが滲んでいた。

 イノシシに畑を荒らされたのは、今年で2度目である。最初の時は自然薯を掘り返され、ササユリの球根も狙われ、穴ぼこだらけにされた。畑は網で囲っているが、1か所だけ弱点があり、そこから入られたらしい。網を修理し、大きな石を置いて網を押さえておいた。これでイノシシ対策は万全だと信じていたのだ。

 ところが今回、その重い石を動かし、網をこじ開けて侵入していたという。この怪力ぶりから想像すると、イノシシはかなり大型と見られる。そうだ、あのイノシシの仕業に違いない。

    ↓ Mが野菜を栽培する農園
vcm_s_kf_repr_468x351_20100821111952.jpg

    ↓ ここにサツマイモを植えていた
vcm_s_kf_repr_351x468_20100821112031.jpg

 実は彼の畑を荒らされる2日前、私たちの山小屋に立ち寄ったご夫婦が、「今すぐそこで、大きなイノシシが道路を横切り、車に当たりそうになった」と言っていた。腹が大きかったというから、妊娠しているのだろうか。相当食い意地の張った大きなイノシシがこの森を徘徊しているのだろう。

 生石山の中腹で、畑をしている二組の夫婦がいる。畑を厳重に網で囲っていたが、7月中旬、相次いでイノシシに入られ、作物を荒らされた。手塩にかけて育てた野菜が無残な姿に変わり果て、どちらの夫婦も「気力がなくなった。もう畑はやめようと思う」と打ちひしがれていた。

 女房も山小屋の敷地と、少し離れた場所の2か所で畑をしているが、今のところ幸い被害はない。サツマイモを栽培している畝はゴルフ練習場からもらったフェンスで囲い、杉の丸太で押さえ付けている。しかし、敵は怪力なので、安心はしていられない。戦々恐々の日々である。

 ただ、イノシシにしてみれば、自分たちの方が先住民だと思っているだろう。私たちも、Mも、畑の放棄を決めた二組の夫婦も、後からこの山にやって来たのだ。イノシシだって必死に生きており、生き抜くためには渾身の力で網を破る。畑の作物を食べることに躊躇するはずがない。

 人間とイノシシとの攻防は厳しいものだ。自然との共生、野生動物との共存・・・。そんな美しい言葉がもてはやされているが、山や森に暮らせばきれいごとだけでは済まない。そこのところが、なかなか難しいのだ・・・。

    ↓ フェンスで囲った女房の畑(手前はサツマイモ)
vcm_s_kf_repr_468x351_20100821112250.jpg

 
スポンサーサイト
   07:47 | Comment:7 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 kumoki [URL] #-
道路側にもフェンスを置くのですか? ゴルフの網は金属より弱そうですが、大丈夫でしょうか? 心配になってきました… e-447
 2010.08.22 (日) 10:00 [Edit]
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
今年は、イノシシに鹿などの被害が甚大だそうです。長雨と酷暑が山の生態系に影響を与えたようです。
広島の山間部で農業をしてる人もイノシシの被害で悩んでいました。
確かに、畑を荒される方達にとっては人と自然との共存などの綺麗ごとじゃない問題だと思います。
「どうか気を落とさずに頑張って下さい」としか言えないですが。
★全く知らなかったとは言え、ひまじんさん一家が、僕の縄張りの有馬に書写山に行かれて僕たちが、ひまじんさんの縄張りに行ってたって、奇遇です。まさにブログが取り持つ不思議な縁です。^^
次はススキの頃の生石山を訪ねようと思ってます。
 2010.08.22 (日) 17:48 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 写真左側の道路と畑の高さは2メートル近くありますので、いくらなんでもイノシシは入れません。ですからこちらはフェンスが不要です。
 ゴルフのネットはとても強いのです。ライオンでも破れません。しかし、その下に穴を掘って入って来るかもしれず、女房は毎日見回りしているのですよ。
kumoki さんへ 2010.08.23 (月) 18:50 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 わが山小屋の裏手にロッククライミングの練習をしているほどの大きな岩があり、この上に立つと高野山、護摩壇山、スカイラインが一望できます。ご夫婦でここを通られたのですね。
 生石高原のススキはきれいですよ。10月、11月に来られれば、良い写真が撮れると思います。その時期はアマチュアカメラマンがたくさん来て、赤い夕日をバックに盛んにシャッターを切っています。お越しの節はご一報を。
たかたん さんへ 2010.08.23 (月) 18:57 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
今年もイノシシ野郎が跋扈する季節になりましたか。
昨年のジャガイモを思い出しました。
しかし悩ましい問題ですね。
イノシシは確かに先住民だし、何かを食べて生きねばなりません。
かといって畑の作物を食べられてはたまりませんからね。
当番制で餌付けしたら悪さをしなくなるなんて事ありませんかね。
どこかから出荷出来ずに廃棄するしかない野菜か何か貰ってきて・・・。
イノシシにやられてがっかりする奥様の姿は見たくないですからね。
 2010.08.23 (月) 20:38 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 幸いイノシシはわが山小屋には来ていません。場所を一度覚えられると、何回も来るそうです。覚えられないようにする方法はないものでしょうか。
 私は夕方毎日散歩していますが、イノシシが飛び出してくれば大変です。歌を歌うなどイノシシに人間がいることを知らせているのです。
亀丸さんへ 2010.08.25 (水) 18:24 [Edit]
 名無し [URL] #-
猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を! http://japan-wolf.org/content/faq/
 2013.01.15 (火) 23:08 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/495-7a10009d
 
 
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR