森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

秘境へ・・・立山連峰-黒部峡谷-白山

  半月ほど前、夫婦で酒を飲みながらテレビを見ていた。やがて旅の番組が始まり、立山連峰の絶景を映し出していた。「行ってみたいなあ」 「おー、行こう、行こう」・・・。二人ともほどよく酔っており、酒の勢いであれよあれよと立山旅行が決まった。

 次の日から女房はパソコンの前に座り続け、計画を練り始めた。立山-黒部峡谷-白山の秘境を巡る2泊3日の旅程だ。なるべく安い宿に泊まり、その代わりに夜はその土地のグルメを楽しもうという旅である。振り返ってみると、女房の計画は緻密かつ完璧で、存分に旅を楽しむことが出来た。

 26日早朝、大津の自宅を車で出発した。日曜日だから高速料金はどこまで走っても1000円だ。渋滞もなく快調に走り、4時間後には立山ケーブルに乗った。終点の美女平でバスに乗り換え、いよいよ室堂ターミナルへ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100930190642.jpg

 バスの車窓から立山連峰の絶景が迫って来る。弥陀ヶ原台地から流れ落ちる落差350mという日本一の「称名滝」が見えた。しばらくすると、長く人を寄せ付けなかった「剣岳」が見え始め、その威容が晴天の空にそびえていた。右手からは「薬師岳」の大きな山塊が飛び込んでくる。

     ↓ 中央が剣岳 
vcm_s_kf_repr_468x351_20100930190753.jpg

 それにしても何という幸運だろう。標高2、450mの室堂は見事に晴れ渡り、360度の山岳パノラマは息を飲むほど美しい。女房は、はるか前方に見える「一の越」(2,700m)の小屋まで行こうと言う。室堂を散策するだけの予定だったが、計画変更だ。女房はすたこら歩いて行く。私も健脚だと思っていたが、空気が薄いので時々立ち止まり、呼吸を整えなければならない。

     ↓ はるか向こうのU字の底が「一の越」
vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191009.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191121.jpg

 富山名産の鱒ずしで腹ごしらえし、さらに歩き続ける。一時間半ほどでやっと「一の越」に到着した。東の方向に天を突く「槍ヶ岳」がくっきり見えた。左手には「雄山」(3,003m)が間近に迫り、右手には浄土山(2,831m)だ。またまた女房の大胆な提案である。浄土山に登ろうという。

     ↓ 槍はいつ見ても美しい。その右に穂高の峰が連なるが見えない。 
vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191317.jpg

     ↓ この雄山に登りたかったが、時間的に無理・・・
vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191530.jpg

     ↓ 立山カルデラ。その下は高所恐怖症のため身を乗り出すことが出来ない。
vcm_s_kf_repr_468x351_20100930201554.jpg

 ここまで登ったのだから、もうヤケクソである。岩をつかみながら登り、女房のお尻が鼻先に触れそうになる。左手には立山カルデラ落ち込んでおり、高所恐怖症の私には恐ろしげな景色だ。

     ↓ 3羽のライチョウが遊んでいる。逃げようとしない。
vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191714.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191752.jpg

 きっと、私たちの日ごろの行いがいいのだろう。好天に続くもう一つの幸運が待っていた。ライチョウと出会ったのだ。それも5羽。2mほどに近寄っても逃げず、つぶらな瞳でじっと見つめている。母親と子供たちのご一行だろう。

 浄土山の南峰から北峰へと歩き、室堂へ下る。これがまたガレ場の連続だ。足を踏み外せば怪我では済まない。何とか室堂に着き、登ってきた浄土山を見上げると何とも言えない達成感が込み上げてきた。ああ、来て良かった・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20100930191905.jpg


 (次回は黒部峡谷です)

 
スポンサーサイト
   20:40 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 都筑の風@横浜 [URL] #-
森に暮らすひまじん さん


こんな晴天、すごいラッキーですね。
私も富山県人なので、何度か立山に登りましたが(男子は登らねばならないものでした)、
こんな晴天には一度も恵まれたことがありませんでした。
しかも、雷鳥の歓迎。
森で暮らすひまじんさん、日頃から自然に同化しておられるので、
雷鳥も安心できるのでしょうね。



  都筑の風@横浜
 2010.10.01 (金) 18:39 [Edit]
 ハカマ [URL] #-
剣岳や室堂から一ノ越への写真を見ていると、私もまた行きたくなってしまいました。
立山には三度登りましたが、日頃の行いが良いのか?、いつも好天に恵まれます。
雄山の頂上から槍ヶ岳の奥に富士山が見えた時は感動しました。
それにしても、お二人とも健脚ですね。
黒部峡谷~白山、期待しています。
立山は良いですね。 2010.10.02 (土) 04:03 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 こんにちわ。へー、富山県人でしたか。北陸の人たちは穏やかでいいですね。そういう私も、北陸のはしくれですが・・・。
 北陸方面から北アルプスに入るのは初めてなんです。谷の深さが凄いので驚きました。
 室堂はもう一度来たいと思うほどいいところでした。雷鳥を見られたのも本当にラッキーでした。きっと来年もと女房と話し合っています。
都筑の風@横浜 さんへ 2010.10.03 (日) 06:24 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 おはようございます。きょうの煙樹ケ浜はいかがでしょう。強風注意報が出ていましたから、釣りは無理でしょうね。ルーキーを卒業して2年目の釣り。いっぱいお土産を釣って下さい。
 白山に3度も登られたとのこと。凄いですね。何回も登りたくなる魅力があるのでしょうね。私たちも登りたかったのですが、時間的に無理でした。きっと来年は挑戦したいと思っています。
 私は毎日1時間歩いていますので、それなりに自信が持てる山歩きになりました。
ハカマ さんへ 2010.10.03 (日) 06:42 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2010.12.17 (金) 14:33 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 コメントを見るのを怠っていて、御社からのコメント見過ごしていました。
当ブログの立山-黒部-白山の旅行記を使わせてほしいとのこと、もちろん異存はありません。
どうぞ、お使い下さい。
拙い文章ですが・・・。
 お返事が遅れ、申し訳ありません。
                         森に暮らすひまじん
Re: ブログをご紹介させてください。 2010.12.20 (月) 10:14 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/511-716297ca
 
 
カレンダー
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR