旅の二日目・・・黒部峡谷の祖母谷温泉

  立山連峰の山岳パノラマを楽しみ、その感動の余韻に浸りながら宇奈月温泉に向かった。温泉で山歩きの疲れを取った後、温泉街の割烹料理店で地酒をチビチビやった。ここの女将は山好きで、話がはずむうちにかなり酔いが回った。

 さて、旅行2日目。有難いことに今日も晴天だ。トロッコ列車に乗り込み、終点の「欅平」に向かう。小学生の遠足のような気分になり、「ヤッホー」などと馬鹿をしてみたくなった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002074250.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002074402.jpg

 黒部峡谷に沿って走るトロッコ列車は、高所恐怖症の私にとって逃げ出したくなる断崖の連続だ。足元から垂直に切り立っており、50mほど下を流れる薄緑色の黒部川をじっくり眺める勇気はない。このような深い峡谷を見るのは初めてだ。目もくらむような峡谷だが、目の前に迫る山の高さが凄い。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002074509.jpg

 1時間20分トロッコに揺られ、やっと黒部の中心「檜平」に到着した。さあどこへ行くか・・・。「S字峡」という絶景を見たいが、往復半日ほどかかりそうな距離である。1時間ほどで行ける「祖母谷(ばばだに)温泉」に向かうことにした。

      ↓ 「檜平」から見る峡谷
vcm_s_kf_repr_468x351_20101002074607.jpg

 左手に峡谷を見ながら歩くのだが、落石の危険があるので道中にヘルメットが置いてある。物騒な道を進み、長いトンネルを出ると、前方に祖母谷温泉が見えた。まさに秘湯のたたずまいだ。その背後に白馬、杓子に連なる峰が突き立っていた。

     ↓ このような渓谷を見ながら祖母谷温泉を目指す
vcm_s_kf_repr_468x351_20101002074709.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002082742.jpg

 さっそく露天風呂に入った。トロッコから多くの人が降りたのに、客は私たち夫婦だけだ。他人の目をはばかることもなく、秘湯を独占できる贅沢を存分に味わった。お湯は透明でほのかに硫黄の香りがする。露天風呂は谷底にあるので、四方から山々が迫っており、これぞ秘湯と呼ぶにふさわしい。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002074904.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002084410.jpg

      ↓ 露天風呂から秘境の雰囲気が・・・汚い足で失礼!
vcm_s_kf_repr_468x351_20101002075140.jpg

 泉源にも行ってみた。河原のあちこちに湯煙が上がっており、火傷するほどの湯がこんこんと湧き出ていた。檜平から歩いて10分ほどの所に「名剣温泉」があるが、ここから温泉を引いているのだそうだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002075303.jpg

 檜平に引き返し、まだ少し時間があったので、特別天然記念物になっている「猿飛峡」に足を伸ばした。渓流はなるほど見事だが、釣り好きの私は岩魚の姿が見られるかもしれないと、しきりに川底に目を凝らし続けた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002090126.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20101002075352.jpg

 この日も好天に恵まれ、秘湯を独占するなどいい旅になった。明日は白山スーパー林道を走る・・・。

 
スポンサーサイト

コメント

黒部渓谷、白山周辺にいかれてたんですね。僕も一度は訪れたい所です。写真からも、その絶景が伝わります。ひまじんさんの所は、アワビ尽くしの時に和から増したが、奥様が旅のプランを綿密に立てられるんですね。素晴らしいです。
大いに旅を満喫されている様子に、なぜか僕も笑みが出ます。
★親切なコメントをいただき、感激しております。このFC2に引っ越してブログを通じて人生のよき先輩方やお手本になるべき人達と知り合うことができて、本当に喜んでいます。

絶景かな

良いところですね。
生石高原も素晴らしい自然に囲まれていますが、また違う雄大さが写真から伝わってきます。
美しい渓流を見て、釣りの虫が騒いだんじゃないですか??

たかたん  さんへ

 北陸から入るアルプスは本当にいいところでした。たかたんさんの被写体としては最高だと思いますよ。奥様の体調を十分整えられ、出かけてみて下さい。
 わが家の旅行プランはすべて女房がやってくれます。私は緻密ではないので、この方がいいのです。すべてを任せますから、文句は言わないことにしています。それにしても、ネットは便利ですね。

亀丸さんへ

 黒部峡谷では、いつも川の中をみつめていました。しかし、一度も魚影を見かけることはありませんでした。きっと、尺を超える岩魚がいるはずなんですが・・・。
 今日の昼過ぎ、アオリイカ釣りから帰って来ました。ボートを係留して1日半の釣りです。結果をブログに書こうかどうか迷っています。
 釣果はそこそこでしたよ。
非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR