森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

紅葉の大台ケ原を歩いた

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183013.jpg

  近畿の屋根とも言われる奈良県の「大台ケ原」を歩いた。その前夜のテレビで、「明日は絶好の秋日和」と伝えていたので、急に思い立って出かけることにした。私は10年ほど前、大台ケ原から三重県側の大杉谷を下る1泊の山歩きをしたことがあるが、女房は初めてだ。

 第二の人生を歩む私たち夫婦は「毎日が日曜日」だから、天候を選んで出かけられる。うれしい特権である。朝6時、生石山を下って奈良に向かったが、明け始めた空は晴れ渡り、天気予報通りの好天になりそうだ。途中でお弁当の奈良特産「柿の葉寿司」を買ってリュックに詰めた。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183117.jpg

 かつて有料だった大台ケ原への山道は無料になっているから有難い。高度を上げるごとに紅葉の度合いが深まっていく。9時半ごろ、現地に到着した。標高が1600mほどあるので、結構寒い。

vcm_s_kf_repr_351x468_20101019183211.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183255.jpg

 ビジターセンターで調べると、大台を回るには四つのコースがあった。その中で最も長いコースを歩く「東大台ケ原・完全クリアコース」に踏み入った。全長8・4キロ、所要時間は4時間。

 まずは日出ケ岳(標高1694m)をめざす。山頂に立つと、前方に熊野灘、後方には大峰の山並みが見えた。整備された道を歩きながら正木ケ原へ。トウヒの立ち枯れが林立する大台ケ原特有の風景だ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183403.jpg

 手つかずの原生林がこのように無残な姿になったのは、50年前に大台を直撃した伊勢湾台風が原因だそうだ。台風で多くの木が倒れ、苔むしていた山は乾燥してミヤコザサが生い茂るようになった。すると、ササが好物の鹿が増え始め、木の葉や樹皮を食い荒らし、また木が立ち枯れるという繰り返しになっている。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183636.jpg

 険しい山道を登り降りし、絶景ポイントの「大蛇」に着いた。断崖に向かって滑り台のように岩が張り出しており、この上に立って谷底を眺めるのだ。鎖で囲っているので落ちる事はないが、女房は足がすくんで岩の上に立つことが出来ない。私はトカゲのように這いつくばって匍匐前進、やっとの思いで写真を撮った。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183808.jpg

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019183906.jpg

 後半のコースは、シャクナゲに囲まれた道を下るのだが、かなりきつかった。吊り橋の上から美しい渓流を見ながらひと息ついたものの、ここからの上り坂は息が切れ、心臓が破裂しそうになった。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101019184117.jpg


 快晴の下で存分に大自然の紅葉を楽しみ、帰路についた。途中のダム湖のほとりに「入之波(しおのは)温泉」があり、大台帰りに立ち寄るのが定番である。私たちも湯につかり、汗を流した。湯は黄色で、いかにも効能がありそうだ。

 効能書きの一つに「婦人病(ヒステリー)によく効く」とあり、思わず笑ってしまった。他意はなかったが、女房に「この湯はヒステリーにいいらしいねえ」と教えてやると、「それがどうしたの?」と横を向いていた・・・。
スポンサーサイト
   07:14 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 都筑の風@横浜 [URL] #-
森のひまじん さん

やはり奥さんは、日々畑仕事をされておられるので
足腰が丈夫なんですね!
その努力(?)の賜が、こうして大台ケ原の大自然を
目のあたりに出来るプレゼントが頂ける。
自然に親しむことで自然からの贈り物が手に入る。
都会暮らしでは絶対に味わえない贈り物ですよね。
入之波温泉、私も京都にいた時には十津川を始め
R168号線近辺の温泉に行くときには、ほとんど
行きか帰りに立ち寄った温泉です。如何にも身体に
効きそうな茶褐色の温泉。そうですか、ヒステリーに
効くのでしたか、「それがどうしたの?」ですんだだけ、
ちゃんと効能があったようですね。


   都筑の風@横浜


 2010.10.20 (水) 16:29 [Edit]
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
大台ケ原の雄大な景観。あの何とも言えない立ち木の景観が素晴らしいですね。
さすがに近畿の屋根と言われることだけあります。
僕も、過去に何回か大台ケ原に挑戦したのですが、何時も雨と霧に阻まれて雨男の面目躍如です。^^
あのような雄大な所で食べるお弁当に+αの味があっていいですね。
柿の葉寿司も格別だったと思います。
温泉の効能に「ヒステリー」などと、そんな事を言えば夫婦不和になりそうなところなのに、さすが奥様、軽く受け流してサラリと交わす所が凄いです。出来てます。
 2010.10.20 (水) 16:48 [Edit]
大台ケ原の大自然が家に居ながらにして味わえる良い写真ばかりですね。
最近、ブログの縁で山登りが好きな方々とブログを行き来したりコメントのやり取りをしているんですが、山も海に負けない魅力がありますね。

奥様はヒステリーとは全く縁の無い方だと思うので、ひまじんさんにイエローカードを出しておきます!!
素晴らしい写真ばかり!! 2010.10.20 (水) 21:25 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
  都筑の風@横浜 さんへ
 十津川あたりにはたくさん温泉がありますね。
山小屋から2時間ほどで行けますが、それほどたくさん行った訳ではありません。
 都筑さんは温泉博士ですから、機会があればベスト10を紹介して下さい。
 これを参考に温泉行脚をしたいと思います。
 2010.10.22 (金) 07:43 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
  たかたん さんへ

 山は霧がかかると、台無しですね。
そうですか、大台の美しい景観を見ることが出来ませんでしたか。
 再チャレンジ・・・と言っても、奥様の体調が思わしくないとのこと、なかなか遠出は難しいのでしょうね。
 確かに、柿の葉寿司はプラスαで美味しかったです。
大台での弁当はこれに限ります。
 2010.10.22 (金) 07:49 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
  亀丸 さんへ

 ご忠告申し上げます。
亀丸さんの場合は、ボートより、山歩きです。
メタボ腹を何とかしなければなりませんね。
 奥様と一緒に歩くようお勧めします。
釣りは控え目に。アオリイカがいなくなりますからね。
 2010.10.22 (金) 07:53 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/520-273fb6e8
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR