森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

さすが!美人の湯・龍神温泉

vcm_s_kf_repr_468x351_20101202083347.jpg

  「紅葉でも見に行こう」と、私たち夫婦の意見が珍しく一致し、護摩壇山方面へドライブすることにした。ドライブと言っても軽トラックだから、車内は狭いしクッションも悪いので、快適とは言い難い。しかし、狭い林道を走るには、小回りのきくこれがいいのだ。

 秋篠宮の紀子さんの曽祖父が住んでいたという和歌山県清水町から林道に入り、高野龍神スカイラインへ出るコースである。林道の中腹までは、いまがコナラやモミジの紅葉真っ盛り。1時間ほどでスカイラインに出た。標高1000mを超えているので、ブナなどの広葉樹はほとんど葉が散っていて初冬の景色だった。

 護摩壇タワーの駐車場に車を止め、護摩壇山か龍神岳のどちらかに登ることにした。護摩壇山は、昔から和歌山県の最高峰とされてきたが、1、2年前、国土地理院の調査で隣にある龍神岳の方が1mほど高いことが分かった。測量技術の発達した現代で、今ごろ分かったというのがどうも腑に落ちない。

 女房は以前友達と龍神岳に登っているので、護摩壇山に向かった。遊歩道を500mほど歩けば頂上だ。道は、ふかふかの落ち葉の絨毯である。女房は落ち葉を集めて畑の堆肥を作るのが趣味で、どこへ行っても落ち葉があると目の色を変え、手にとって喜んでいるのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20101202083431.jpg

 そのまま帰るのはもったいないので、護摩壇山から近い龍神温泉に立ち寄ることにした。「日本三美人の湯」として良く知られる。これまで何回も知り合いのご婦人や女房と一緒に行ったが、風呂上がりの女性たちはそれほど変わり映えせず、にわかに美人になった訳でない。いや、失礼!

 なぜ美人の湯と呼ばれるようになったか不思議でならなかったが、今回やっとその理由が分かった。湯に浸かると、肌にヌメリがまとわりついて来るのだ。これまでは、それほどヌメリを感じなかったので、驚きだった。

 二度目の驚きは翌日。顔をなでてみると、まだツルツル、スベスベなのだ。女房も大喜びである。この温泉は自然噴出の掛け流しだが、どうやら日によって湯の状態が異なるようだ。わが山小屋の近くにある清水温泉や二川温泉でもヌメリ感の強い日とそうでない時があるので、美人の湯も同じなのだろう。

 しかし、やはり龍神温泉は特別の湯だと思う。同じ重曹泉でもその濃度や性質が違うのだと思う。すっかり見直した・・・。
スポンサーサイト
   09:00 | Comment:10 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 都筑の風@横浜 [URL] #-
森に暮らすひまじん さん


軽トラでドライブですか。
さすが田舎暮らしですね。
ドライブの後は、荷台に落ち葉が一杯積まれていたりして。
龍神温泉、何回か入りましたが美人になる度合いが違うのですね。
日帰り入浴施設も綺麗になりましたが、
以前の鄙びた感じも良かったですね。

時々は龍神温泉に入り大喜びされる奥さんの笑顔を
見るのもいいですね。

  都筑の風@横浜



 2010.12.02 (木) 09:29 [Edit]
 アガタ・リョウ [URL] #-
 此方も、好天気の温かなお日和です。今年も完成しましたので、送りました。明日の正午から2時の間に届くそうです。今年の味は、如何為ります事やら・・・へへへ。
 2010.12.02 (木) 15:04 [Edit]
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
軽トラを運転されての林道のドライブですから足の怪我は順調に回復されているようですね。
よかったです。
そちらの方の山はすでに木々から葉は落ち初冬ですね。
落ち葉のフカフカの道はクッションが効いてていいですね。
龍神の湯が美人の湯と言われる由縁はは、重曹泉だからなんですね。
僕も、重曹泉は好きです。
肌がスベスベになりますし、何時までも身体が暖かいです。
機会あがあれば龍神温泉に、入ってみたいです。
清水温泉は一度、立ち寄った事がありますが、肌がスベスベになったような記憶はないんですが、どうやら日によって濃度が変わるのであればハズレの日に入ったのかもです。
ひまじんさんのブログを僕のブログにリンクさせて下さい。よろしくお願いします。
 2010.12.02 (木) 16:52 [Edit]
温泉の泉質が日々変わるなんて、まったく知りませんでした。

奥様と紅葉を見に行ったり、温泉に入ったり、釣りに行ったり・・・。
本当に仲が良いご夫婦ですね。
私も妻と将来、そんな風になれたらいいなぁと何時も思います。
 2010.12.05 (日) 10:26 [Edit]
 つとりん [URL] #-
「落ち葉堆肥」よくわかります(笑)
うちの奥さんは「桜の葉っぱ」にこだわってます。
乾燥するとバラバラになって土と混ざりやすいからだそうです。

和歌山にはよく行きますが、
龍神温泉には行ったことがありません。
機会があれば是非行ってみたいです。


おはようございます 2010.12.09 (木) 07:41 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   都筑の風@横浜 さんへ

 伯父の葬儀を済ませ、山小屋へは1週間ぶりに帰ってきました。コメントの返信が遅れて申し訳ありません。
 さすが「温泉の達人」さん! 龍神温泉のひなびた頃をご存じなのですね。日によって泉質の濃度が異なるという私たちの感想は間違っていませんか?
 2010.12.09 (木) 08:03 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 しかと受け取りました。封を切って写真を撮りました。女房はいきなり2個ペロリ。ああ、もったいない。私は1個をちびりちびり味わいました。絶品の味でした。
 2010.12.09 (木) 08:06 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   たかたん さんへ

 リンクの件、よろしくお願いします。私の方は、勝手にリンクしてしまいましたが・・・。
 足の怪我は良くなってきました。心配をおかけして申し訳ありません。
 龍神温泉はいい温泉です。日高川沿いの道を遡り、景色もいいです。昔は秘湯だったのですが、今は道路が整備され、いいドライブになりますよ。ぜひ・・・。
 2010.12.09 (木) 08:13 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸さんへ

 いい夫婦だなんて・・・。少し恥ずかしいです。子供が巣立ち、夫婦だけになると、こうして行動を共にしながら仲良くするのが知恵なのだと思いますよ。働いていた頃は、亭主関白でした。
 亀丸さんは穏やか性格ですから、きっといい夫婦だと思いますよ。
 2010.12.09 (木) 08:17 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   つとりん さんへ

 女房は護摩壇の落ち葉を持って帰りたいと言っていました。もう、これは病気ですね。
 桜の葉が良質とのこと。すぐに腐って細かくなるのでしょうね。こちら生石山は色々な葉っぱが落ちるので、桜だけとはいきません。残念です・・・。
 龍神温泉は高速の有田インターから1時間余りかかりますが、川沿いの道はよく整備され、走りやすいですよ。ぜひ、行ってみて下さい。
 2010.12.09 (木) 08:41 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/538-67035a69
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR