森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

煙突修理・・・これぞドブレの炎

  薪ストーブの煙攻めで、私たち夫婦の仲が険悪になっているとの記事を先日のブログで書いた。これを読んだ馴染みの薪ストーブ専門店「憩暖」(河内長野市)のK社長が驚き、雪道を走って生石山の山小屋に駈けつけてくれた。

 16年使い続けたストーブが破損したため、昨年秋、「憩暖」に「ドブレ760CB」(ベルギー製)という大型の機種を設置してもらった。K社長にすれば、「ストーブを納入した手前、放ってはおけない」という訳である。

 K社長は山小屋に着いて休む暇もなく、拳で煙突を叩き続けた。「うーん、こりゃーいかん。煙突にかなりクレオソートが付着してまっせ」。さっそく室内の煙突を取り外し、屋外に出して煙突の一方に火を付けた。白煙が噴き出し、やがて「ゴーッ」という音を立てて炎が舞い上がった。こびり付いたクレオソートを燃やして除去したのだ。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110122143009.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110122143048.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110122143135.jpg

 屋外の煙突も掃除しなければならないが、長年ズボラしてきたのでトップが外れない。このため下から棒でつついてクレオソートを落とした。山小屋は相当寒いので、屋内も二重煙突にして保温すれば燃焼が良くなると言う。しかし、今は繁忙期なので作業の予定が詰まっており、とりあえずこの冬は応急処置でしのぐことになった。

 それはまるでギブスを付けた怪我人のようだ。煙突にセラミック断熱材を巻き付け、アルミ箔のようなもので覆う。見た目には不格好だが、煙攻めから逃れられるならどうにでもしてくれという心境である。

vcm_s_kf_repr_351x468_20110122143216.jpg
vcm_s_kf_repr_351x468_20110122143248.jpg

 これで一応の処置は終わり、火を入れようとした時、山の仲間たち4人が遊びに来た。みんなが見守る中、ストーブの炉内一杯に炎が燃え広がると、称賛の声が上がった。これを見届けてK社長は帰って行った。ところがしばらくすると、何としたことか、あっという間に火が消えてしまい、炉内に充満した煙が隙間から噴き出したのだ。

 仲間たちは「このストーブ、欠陥品じゃないか?」「薪が悪い」などとからかい、帰ってしまった。女房も「こんなストーブを買うからや!」と悪態をつく。こちらはもう頭に血が上るわ、疑心暗鬼が渦巻くやら。何とか燃やしてやろうと、夕方まであれこれやってみたが、ストーブはへそを曲げたままだった。

 万策尽きてK社長に電話すると、「面目丸つぶれやなあ。明日行きますわ」と言ってくれた。今度はベテラン従業員も同行している。さっそく屋根に上がり、煙突トップにへばりついている分厚いクレオソートをはがす作業を延々と続けた。

 「もう心配いりませんよ」と、K社長は太鼓判を押した。火を燃やすと、今まで見たこともない美しく、強い炎が広がった。煙突掃除をおろそかにしていたことを棚に上げ、ドブレストーブに不信を抱いたこともあった。女房も手のひらを返したように、「さすがこのストーブは優れものね」と言っている。

 それにしても、いいストーブ屋さんと知り合ったものだ。2日連続で遠く大阪から駈けつけてくれたし、料金はいりませんとまで言ってくれる。悪いのは、煙突掃除を怠りがちだった私である。知識としては良く知っていたが、煙突を甘く見ていたのだ。

 ストーブは力強く燃えている。煙も出ない。ガラスも曇らない。そして、われら夫婦仲は「とりあえず穏やか」になった。めでたし、めでたし・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110122143338.jpg
スポンサーサイト
   14:42 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 へへへ、結果論からすると、これは完全なる『不完全燃焼』と云う事で有りましょうか。兄貴は芳しいスモークの香りとの事で有りましたが・・・燻製の乙なチップの燻しは不完全燃焼の賜り物にして、不完全燃焼の用途を誤ると、タヌキの燻り出しと云う事に為ると云う事でしょうか??? 

 いやはや、今回の事は、完全に姉貴の主張に軍配が挙がってしまいましたね。

 こんなレポートを提出したら、通信教育も、完全に留年間違い無しですね。嗚呼、ひまじん教授の採点が怖い限りで有りまする。イッヒッヒ!!
 2011.01.22 (土) 18:48 [Edit]
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
人の縁といいますか、ひまじんさんの周りには、いい人が集まりますね。^^
ストーブ屋さんお男気満点です。^^
それにしても、ストブーも車、機械も日頃のメンテナンスが大切なんですね。
今回のストーブ事件は、全てに通ずるような期がします。
こんにちわ。 2011.01.23 (日) 13:07 [Edit]
底冷えのする日が続いていたので心配していましたが、最後の威勢良く燃え盛る炎を見て安心しました。
信頼できるストーブ屋さんですね。
まだまだ寒い日が続きますが、自慢のドブレの威力を存分に堪能できますね。
よかったよかった!! 2011.01.23 (日) 18:42 [Edit]
 Yumenoren [URL] #N2DzwgiU
こんばんは!
Kデです

電話が無いところ?はドブレ君、機嫌良く頑張って居る様ですね。

東京にてブログチェックしています。

こちらのお客さまは初心者で、どうも、初期焚き付け時の問題
大有りと感じ、再度使い方の講釈から始め、何とか?納得して頂きました。
ヤレヤレです。

明日は葉山の現場経由大阪です。

有難う御座いました。
薪ストーブ 2011.01.23 (日) 20:36 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 またまた寒波だそうですね。もうええ加減にしてほしいですよ。信州ではすぐに除雪車してくれるでしょうが、このような山奥は除雪してくれません。
 ストーブは不完全燃焼が治まり、機嫌良く燃えるようになりました。正月以来、モヤモヤしていた気分が晴れ、燻製人間からもおさらばです。
 2011.01.24 (月) 18:07 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   たかたん さんへ

 いやまったくメンテナンスです。言い訳ではすが、そもそも高所恐怖症のため、屋根に上がることが出来ず、煙突トップの掃除が出来ていなかったのです。私の代わりに女房に登らせるのですが、そこは女性。きちんと掃除が出来ません。まあ、今回は親切な社長に助けられました。メンテナンスを心がけます。
 2011.01.24 (月) 18:12 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 余りにも寒いので、ストーブが不調だと、気が滅入ってしまいます。女房からは、寒い、煙たいとも言われ、爆発寸前です。でも、その寸前で復旧し、やれやれです。今も猛烈に燃え、氷点下の寒気を吹き飛ばしています。ご安心あれ・・・。
 2011.01.24 (月) 18:17 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   K社長 さんへ

 お蔭さんで助かりました。
今も勢いよく燃え続け、パソコンの場所まで暖気が流れ、気持ちいいですよ。
 今頃驚いていたのでは遅いのですが、ガラスがほとんど曇りません。エアカーテンは、本物ですね。
 「ドブレ君、欠陥などと疑ってごめん」とつぶやいています。
 煙突の取り替えもよろしくお願いします。有難うございました。
 2011.01.24 (月) 18:22 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/554-ff60fae0
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR