森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

フキノトウに春の足音を聞く・・・

vcm_s_kf_repr_468x351_20110224184942.jpg

  2月中旬までの寒さが嘘のように、このところ暖かい日が続いている。気温が10度を超える日も珍しくない。日蔭ではまだ雪が残っているが、これも数日のうちには消えるだろう。いよいよ三寒四温の季節。春の足音が遠くから聞こえ、気持ちが浮き立ってくる。 

 地中の虫が動き出す「啓蟄」は3月6日ごろだが、人間の方は、虫よりひと足先に動き出している。ここ生石山の別荘地にはチラホラだが、人影が見えるようになった。静まり返っていた生石高原の駐車場にも車が増え、草原を歩く人を見かける。

 天気が良いので、山に暮らす仲間から「バーベキューをやろう」という声が上がった。森の広場に集まったのは全部で9人。皆が食材を持ち寄り、ビール片手に大いに食べた。これだけ多くの人が集まるのは久し振りで、まさに虫が這い出してきたような観がある。

 仲間の中に、奈良から通って来る夫婦がいる。昨年秋、自分たちの山小屋に隣接する100坪の区画を買った。奥さんの鶴の一声で土地購入を決めたというかかあ天下の一家である。「わたし、ベネシアさんになるの」という奥さんの話を聞きながら、肉をほうばった。

 その奥さんは、京都・大原に暮らすイギリス人のベニシアさんの大ファンである。日本の暮らしを愛するベニシアさんは、NHKの番組がよく取り上げる有名人だ。庭にハーブを植え、暮らしに工夫をこらす生活スタイルに憧れる人が多いのだそうだ。新しく買った土地にハーブ園を作るという奥さんは、大張り切りである。人の夢を聞くのは楽しいものだ。

 バーベキューが終わりかけた時、女房が「明日はカレーをするので、みんな来てね」と言った。仲間からいつもご馳走になっているので、お返しをしたかったのだろう。

 この日も天気がよく、暖かい。女房が作るメニューはカレー、牡蠣フライ、豚カツだ。誰かが「フキノトウを天麩羅にしよう」と言い、付近の草むらを歩いてフキノトウを探した。落ち葉を払いのけると、美しい黄緑色の芽が出ており、20個ほど摘んできた。

 熱々のフキノトウの天麩羅を口に入れる。たちまち、ほんのりした苦味が広がった。春を凝縮したような味わいである。仲間のドイツ人ピーターは「どうして日本人はこんな物を食べるの?」というような表情をしている。日本に四季折々の「食の風流」を楽しむ文化が根付いていて、うれしい。

 思わぬメニューに加わったフキノトウ。ああ、もうすぐ春だなあ・・・。

vcm_s_kf_repr_468x351_20110224185056.jpg
vcm_s_kf_repr_468x351_20110224185158.jpg
スポンサーサイト
   08:12 | Comment:7 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 たかたん [URL] #NM1EMLgs
生石高原も、雪が解けてきていよいよ春が近づいてきた来た様子ですね。^^
ふきのとうの天麩羅、まさに春の味ですね。
それが、そこらの草むらを掻き分けすぐに手に入る暮らしの豊かさに感動です。
その春の恵みの恩恵を受ける為の厳しい寒さがあるのですが。^^
もう少し、暖かくなって来たら生石高原の沢かな春の風を感じに行きたいです。^^
おはようがざいます。 2011.02.26 (土) 09:31 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
ああ、ピーターさんにはふきのとうの天麩羅の良さが分かりませんか・・・。
確かにそういったものを好んで食べるのは日本人だけかもしれませんね。
四季折々の「食の風流」を楽しむ文化を持つ日本人に生まれてきて、私も嬉しいです。

ところで、虫だけではなく魚やイカも動き出していますよ!!
 2011.02.26 (土) 14:36 [Edit]
 kumoki [URL] #-
日本の春の様子があちこちでレポートされて、
こちらとしてはだんだん辛い季節になってきます。
それにしてもふきのとうのおいしさは、世界的に認められるものだと思っていましたが…。

この記事を読んで、ちょっといいことを思いつきました。
(母にフキ味噌を作って送ってもらおう!!!)
 2011.02.28 (月) 07:29 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   たかたん さんへ

 春は確実に近付いています。しかし、今週後半は寒の戻りがあるようで、春は一気にとはいかないようです。
 フキノトウはどこにでもありますので、探すのに苦労はしません。たくさんは食べるものではありませんが、やはりこれを味わわなければ、春は来ません。
 3月には生石高原で山焼きがあります。たくさんのアマチュアカメラマンが来ますよ~
 2011.02.28 (月) 11:33 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 魚も動き出していますか。瀬戸内は水温が高いのでしょうか。こちらの海は13度くらいではないでしょうか。早く、竿を出したいですね。
 あっそうそう、釣り具の見本市が南港でありましたね。一度行ってみようと思っていますが、日が分かったら教えて下さい。
 2011.02.28 (月) 11:38 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   kumoki さんへ

 辛い季節・・・ひょっとして花粉症ですか?そちらのお国ではどのような花粉が飛び散るのでしょう。
 フキ味噌・・・いいですね。少し口に入れるだけで、日本の春が感じられるでしょう。お母様はずっと手作りされてきたのですか。どうか、お袋の味を送ってもらって下さい。
 実は、私は毎年フキ味噌を作るのですよ。女房に手出しはさせません。たくさん作って冷凍し、気が向いたら晩酌の肴にしています。
 2011.02.28 (月) 11:45 [Edit]
 kumoki [URL] #-
花粉症じゃないんです。
日本の春の様子(味覚)についての記事をあちこちで見かけて、どうやっても食べられないので余計に食べたくなり、辛いのです。特に、アオリイカのお刺身なんて、、、(あれは春でしたか?)

ひまじんさんがフキ味噌を? 驚きました。ああおいしそう~
 2011.03.01 (火) 04:08 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/564-f16d8eeb
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR