森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

憂国のひまじん・・・

  きのう日曜日の朝、山小屋のウッドデッキでヤマガラに餌をやっていると、すぐ近くの梢でウグイスが鳴いていた。今年初めて聞く鳴き声だ。去年もちょうど同じ2月27日に初鳴きを聞いている。ウグイスがカレンダーを見ながら鳴く訳はないが、それにしても野鳥の体内時計の正確さに驚かされる。

 明けて今日の朝は、昨夜から降り出した雨が降り続いている。山小屋は霧の中に沈んでおり、今日は終日雨だろう。ウッドデッキの床の上で飛び跳ねる雨粒を眺めていると、いささか気分が重くなる。

 朝寝坊の女房よりひと足先に朝食を摂るのが日課である。朝食と言っても、トースターで食パンを1枚焼くだけである。バターを塗り、牛乳で胃袋に流し込む。一人で食べる朝食は、いつものことだから侘びしくはない。女房が嫌がる煙草もプカプカ、オナラだって遠慮することはない。朝のこのひと時、気楽でいいものだ。

 食後は、外を見ながらぼーっとしていることが多い。NHKの連続ドラマは面白くないし、テレビのキャスターや評論家のつまらない時事解説にも興味がない。この朝は、久し振りに加古隆のCDをかけてみた。音楽好きという訳ではないが、どこか憂いのある加古のピアノはいいなあと思う。

 CDの4曲目は「パリは燃えているか」である。以前ブログでも書いたことがあるが、この曲はNHK特集「映像の世紀」のテーマ音楽だ。これが流れると、敗戦国日本の生々しいシーンを思い出す。それがどこの場所だったか忘れたが、道端にいた10人余りの人たちが、通りかかったアメリカの進駐軍の車列にくるりと背を向ける映像だ。丸坊主に半ズボンの子供も背を向けた。

 その映像を見たとき、胸が熱くなった。大名行列にひれ伏すような卑屈さは微塵もなく、日本人が見せた不服従の姿に感動したのだ。進駐軍に背を向けたあの人たちが特別だったのだろうか。いやそうではあるまい。敗戦は事実とし受け入れるが、屈辱だけは受け入れないという多くの日本人の心意気を示したのだと思う。

 あれから65年が経った。はっきり言って、占領時代から今日に至るまで、アメリカにはいいようにされているという思いが強い。アメリカは脱脂粉乳を配り、核の傘を提供し、民主主義を最大の価値観だと喧伝し、グローバルスタンダードを押し付けた。この圧倒的な影響力のもと、いつの間にか日本人らしさを失ったように思う。

 日本とは、日本人とは何か--。棺桶に半分足を突っ込んでいるわが身だが、人生に残された宿題のように、最近そんなことを考えることが多い。はい、柄にもなく・・・。
スポンサーサイト
   11:09 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
戦後、アメリカによって日本は完全に骨抜きにされてしまいましたね。
世界でも、現在の日本人ほど愛国心の弱い国民はいないでしょうね。
中国やロシアの日本に対する振る舞い、他国の国民ならこぶしを振り上げて怒り狂うでしょう。

話は変わって、南港のフィッシングショーは2月5、6日に開催されて今年は終わったようです。
私は行った事ありませんが、なかなか楽しいみたいですね。
また来年、ぜひ行ってみてください。
 2011.02.28 (月) 14:00 [Edit]
 お早う御座います。鶯の初鳴きですか。矢張り、早いですね。昨日は、久し振りにジョービタキが姿を見せに来てくれて、安心した処です。

 何時に無く、透明感漂う文章ですね。人を造るのは、教育と実践経験だと思って居るのですが、家庭教育も学校教育も、日本の社会から崩壊してしまったのでしょうね。
 成長の節々での関門が、公平さを忘れ去った悪平等の低質な主張ばかりが蔓延して、ただただトコロテン式の社会放出で、過保護スパイラルが進展して行っている様に見受けられます。腹立たしい限りの日本の精神の衰退振りです。
 
 大学進学率が50%を超す一方、義務教育の学力低下の一途を辿る社会は、如何考えても、制度異常の沙汰であります。

 平等と公平・公正さを使い分ける質に就いて、現代日本社会は、厳格で真摯な態度を取るべきだと感じて居ります。
 巷では、訳の分からない横文字ばかりが氾濫しています。言葉が表す概念も、源流を辿れば、其々の言語圏に於ける民族・国家の精神・伝統が込められて居る筈で、そう簡単には、使いこなす事など出来ない筈なんですが、・・・これなんかの風潮も、移民国家米国の悪しき風潮なんでしょうね。
 
 大衆消費、消費の創造、競争経済が、実業の世界から虚業の銭転がしの経済へ。虚業経済がグローバル化して、詐欺紛いのマネーゲームへ一直線。

 スイマセン。またまた、あらぬ方向に飛んで行きそうなので、此の辺で止めます。
 2011.03.01 (火) 10:36 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   亀丸 さんへ

 湾岸戦争の時は、アメリカに言われて1兆円もの大金をプレゼントしたのに、感謝もされない。よくもまあ、国民は黙っていたものだと不思議でなりません。今話題になっているPPTもアメリカの思惑に振り回されているように見えます。
 えっ、フィッシングショーはもう終わりましたか。うーん、残念です。来年は一緒に行きましょう。
 
 2011.03.02 (水) 11:25 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   アガタ・リョウ さんへ

 怒涛のコメント、ありがとうございました。拝読して得心することばかりです。「虚業の銭転がし」はまことにその通り。今の世の中をおかしくしているのは、まさしくこれでしょうね。
 私はしつこいのですが、原爆を落としたアメリカに恨みを持っています。日本も本気になって軍事力を強化しなければなりません。まずは、空母でしょうか・・・。
 2011.03.02 (水) 11:34 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/565-6b0a338a
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR